ヨガって生理不順改善に最適!生理不順を治すヨガポーズ5選

ヨガ

前回の生理不順を改善する方法9選でもヨガは生理不順の改善におすすめだというお話をしましたね!

ヨガは4500年前から指示され続けている健康法です。

効果のないものならとっくの昔にに廃れているはずですが、現代まで受け継がれているのはその効果が確実なものであるからこそです。

ヨガは人間本来の体の機能を呼び覚ますのに適しています。

そして女性の生理、すなわち生殖機能は古代人から私たちまでずっと受け継がれてきている生物の体の機能の基盤です。

今回はなぜヨガが生理不順改善に有効なのか?や生理不順の改善に有効なヨガポーズをご紹介します☆

古代から受け継がれた健康法のヨガで生理不順を改善しよう!

私たちの子宮はずっと伸縮を繰り返しています。

大きなスパンで見ると生理が始まるころには子宮はフワーっとゆるやかに緩んで行き、排卵日の活動が最も活発になる時に向けてぎゅ~っと縮んでで行きます。

この子宮の伸縮性のコントロールが生理を起こすきっかけともなっています。

普段のストレスや姿勢の悪さ、体のゆがみ、運動不足などが原因で子宮が硬くなってしまうと子宮の機能がうまく機能しなくなり、生理不順にいたるケースがあります。

生理不順改善のカギの1つとして”子宮を柔らかくすること”というのがあります。

では子宮を柔らかくするにはどうすればよいのでしょうか?

子宮を柔らかくするにはどうすればいいの?

ハート

子宮を柔らかくする方法は大きく分けて3つあります。

1つずつご紹介しますね!

ストレスをためない、リラックスすること

これが最も重要かもしれません。

ストレスを受け心の余裕がなくなると、生理を引き起こすために必要な多くのホルモン分泌をつかさどる視床下部という脳の1部が疲弊してしまい、子宮に指令を送れなくなってしまいます。

そうなると子宮のコントロールができなくなり子宮は動かないまま固まってしまいます。

自分の呼吸を意識し深い呼吸を心がける

深呼吸

人間は1日に約2万回もの呼吸をします。

現代人はずっとパソコンを見て集中していたり、仕事でストレスを抱えたり、緊張していたりするせいで呼吸が浅くなりがちなんだそうです。

浅い呼吸は血流を悪くし、酸素不足の体はそれだけでストレスを感じます。

それらの影響は子宮にまでも届き、子宮の機能を低下させてしまいます。

適度な運動

交通機関や車など人は歩かずに移動することが増えましたよね。

昔はそんなものなかったはずです。

現代人は皆運動不足です。

激しい運動をする必要はありませんが、ゆったりと心地よく体を動かし、適度な運動を取り入れることが子宮の伸縮性を高めてくれます。

3つの条件を集結させたのがヨガです♡

ヨガ

”子宮を柔らかくするにはどのようにすれば良いか?”というのを見てきましたが、子宮を柔らかくするためのポイントをすべて掛け合わせたのがヨガなんです!

ヨガは自分自身に目を向け瞑想しゆったりと体を動かすことでリラックス効果は抜群だし、ヨガはかなり呼吸を意識する運動で、ヨガスタジオなどに行っても必ず体を曲げることよりも呼吸に目を向けるように指示されます。

誰でも簡単に取り入れることのできる運動の1つで、難しくも無理をする必要もないので、余計なストレスが掛からず気楽に行うことができます。

ヨガをやると血行が促進され体も温まり、骨盤や姿勢の矯正効果、体の柔軟性を高めることも期待できます。

ヨガこそ女性の悩みを解消してくれる習慣なのです♡

生理不順を改善してくれるヨガポーズ

ヨガにはたくさんのポーズがあります。

その中でも生理不順改善に有効な物を集めました。

深い呼吸を意識して行いましょう。

橋のポーズ

橋のポーズ

仰向けに寝転がり、息を吐きながらゆっくりと腰を上へと突き上げる橋のポーズ。

足腰を使い、血流を良くすることができます。

また女性ホルモンの分泌を促す効果もあり、生理不順の改善に効果的なポーズです。

猫のポーズ

猫の柔軟性を表した猫のポーズです。
骨盤を動かすことで子宮の働きを高めます。

四つん這いになり、姿勢を正します。

そこから息を吐いて目線をおへそに向け、背中は天井に近づけます。
このときお尻の穴は床へ向けることを意識します。

猫のポーズ
息を吸って四つん這いに戻り、息を吐きながらお腹を床へと近づけ目線は斜め上を見上げます。

猫のポーズ

 

鳩のポーズ

鳩のポーズ

下半身の血流を促進させてくれる鳩のポーズ。

脚を大きく開き片足を腕にかけて両手を頭の後ろでつなぎます。
腕にかけてる法の足を地面の方に引っ張り全身の伸びを深めます。

骨盤回りを大きく動かすことで骨盤のゆがみを解消させることのできるポーズです。

またホルモンバランスの乱れも整えてくれるポーズで万能なポーズです。

月のポーズ

写真 2015-12-21 9 57 16

人差し指を立て、左右前後に体を心地よく曲げ、リラックス効果が高く、全身の血流をよくして、子宮の血流も良くしてくれる月のポーズです。

腕をあげ、耳に腕がつくように頭の上で人差し指を立てます。
体をはじめは左右にゆっくりと曲げ、視線は指の先に集中します。

呼吸に合わせて曲げるときに吐く、戻すときに吸うのを意識してください。

胸が前の壁と平行になるように画像のように右に体を曲げたときは左の胸が奥に引っ込み気味になるので、意識して左胸を前に押して平行を保ちます。

後ろに体を倒すときは腰骨を前に押し出すことを意識して、前に倒すときは太ももとお腹をくっつけて手は足の横に置いて全身脱力します。

椅子のポーズ

椅子のポーズ

腰回りの筋肉を使い子宮をあるべき位置へともどし、活性化させてくれる椅子のポーズ。

足を腰幅に開き、腰を斜め後ろに下げキープして、手は斜め上へ伸ばし視線はその真ん中に向けます。

本格的にヨガを始めたいなら”ホットヨガスタジオLAVAがおすすめ!!

この記事をみて「ちょっとヨガやってみようかな?」と思ったあなた!

ヨガを本格的に始めたいならホットヨガスタジオLAVAがオススメです♡

ホットヨガなら、体の柔軟性を高めながら呼吸する力も高めてくれるし、ヨガと体を温めるWの効果で生理不順の原因となる体の冷えを和らげてくれます!

因みに、私も実は現在ホットヨガLAVAに通っています♪
(私の体験談はホットヨガLAVA口コミ!実際に半年通った私の体験談を参考にしてね!)

LAVAなら日本の各地に店舗があるし、大型の店舗なので初心者の方も多く入会されるので、ヨガが初めてで上手くできるか心配な人でも十分にヨガを楽しむことができます!

もちろん、本格的なヨガなので、すでにヨガをやったことのある経験者の人でもばっちり楽しめるかと思いますが♪

ちょっと興味がある人は是非1000円の体験レッスンに行ってきてくださいね♡

日本最大級のホットヨガスタジオLAVAの体験レッスン予約はこちら☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヨガが生理不順の改善に役立つ理由と、効果的なヨガポーズについてでした!

簡単にできるポーズばかりですので挑戦してみてくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。