絶対訪れる!停滞期のメカニズムと乗り越え方

停滞期 乗り越え方 脱出

長期のダイエットをしていると体重が減ってきて「やった!」と思っているうちに訪れる「停滞期」。

数週間ほどどれだけ頑張っても成果が出ない日々が続き「これ以上は痩せられないんだ・・・。」「ダイエットなんてやめたっ!」となってしまったりした経験あるんじゃないでしょうか?

そんな時、「体がこう反応して、こうなってるから今は体重が減らないだけなんだ~」と理解できていれば、乗り越えられるようになると思いませんか?

このページでは停滞期のメカニズムと、早く停滞期を乗り越える方法を見ていきたいと思います!

停滞期のメカニズム

停滞期 原因 なぜ

トレーニングや、食事制限をすると最初は割とあっさり体重が落ちてくれるものです。

停滞期は大体ダイエットを始めて1ヵ月ほどで訪れる場合が多いですが、1ヵ月で体重の5%が落ちると体は「自分の体は飢餓状態にある!」と感じてしまうんです。

そうなると食べたもののカロリーや栄養をより吸収しようと頑張ったり、動いてもエネルギーを温存しようという力が働くんです。

体が体重がこれ以上落ちるのを阻止しているんです。

でもその抵抗も時間の問題で、停滞期から2~5週間ほどで体は諦めて、また体重が減り始めるのです。

停滞期の正体は、体の防衛反応です。その防衛反応に逆らって努力しないといけないのですから、やはりそれなりの根気は必要になります。

停滞期を早く乗り越える方法

同じダイエットを根気よく続ける

停滞期 乗り越え方 脱出

基本ダイエットをそのまま続行することになります。

停滞期中にダイエットをやめるとリバウンドが大きくなってしまう可能性が高いです。

なぜなら停滞期中の今は体が、エネルギーを取り戻そうとしているからです。
ダイエットしている状態で静止状態。ということは普通にしてたら増加するのは当たり前の話ですよね。

ここで停滞期に負けず、ダイエットを続けることが重要です。

食べる量を減らさない

停滞期 食事 乗り越える

停滞期に入って、早く痩せないといけないから!と食べる量を減らすのは絶対にやめましょう。

体が、「やばい!!!」と必死に抵抗してきます。
そうなると停滞期が長引くことに繋がってしまうし、お肌の調子が悪くなったり、生理が止まってしまったりもするのでちゃんと食べましょう。

また脂肪を燃やすには筋肉が必要で、筋肉をつけるには食べることが必要なのでシッカリ食べることがキレイ痩せのカギとも言えます。

運動を見直してみる

運動 停滞期 乗り越え方

食事制限のほかに何かしらの運動をしている人は、もう少し負荷をかけてみたり違った運動をすることで停滞期を早く乗り越えることも期待できます。

同じ運動をしていると、その運動でかかる負荷に対して体が適応し、消費カロリーが少なくなってきます。
エネルギーを節約するコツ体が覚えちゃうわけですね。

なので、ジョギングをしているなら、筋トレやスイミングに変えてみるなど、ちょっとした変化をつけてみてください。

同じことばかりしていると飽きてきてモチベーションが下がることもあると思うので、なるべく楽しんでダイエットを続けましょう!

モチベーションを維持する

停滞期 モチベーション 保つ

停滞期は絶対来ます。

でもそれはあなたの体の機能が正常に働いている証拠なんです!

体の反応っていつまでも続かないので、大丈夫です。

例えば、過激な話、本当に飢餓状態になったとしたら、そう遠くない内に死んでしまいますよね。
体はいつか絶対諦めるんです。

信じてダイエットを続けましょう!

まとめ

いかがでしたか?

早く停滞期を乗り越える方法などと書きましたが、全部普通のことなんですよね・・・(汗)

でも基本が一番大事というので、モチベーション維持に役立てていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。