美肌になりたくない人は見なくてOK!本当に正しい洗顔方法♡

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

スキンケアの基本といえば”洗顔”。
誰もがお化粧したり、化粧水なんかを使うずーっと前から”洗顔”という行為はしてきたのではないでしょうか?

物事は基本であるがゆえに奥が深いものです。

あなたは”正しい洗顔”をできている自信はありますか?

もしかすると、間違った洗顔を行っていることであなたのお肌は悲鳴を上げているかもしれません・・・。

今回は美肌になるには必須の正しい洗顔の仕方を見ていきたいと思います!

生せっけん

美肌になりたいなら正しい洗顔を!あなたの洗顔は間違ってない?

なぜ洗顔をするのか?

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

あなたはなぜ洗顔をするのでしょうか?

そもそも洗顔の目的はご存知ですか?

洗顔は”酸化した皮脂や汗”や”メイク汚れやほこり”などを洗い流すためにします。

洗顔に”保湿力”や”美容成分”などを期待せず、肌に余計な刺激を与えず、ちょうどいい具合に上記のものをオフすることだけ考えましょう。

やってしまいがちなNG洗顔

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

洗顔の目的を知ったら、まずはNG洗顔から見ていきましょう!

もしやっちゃってたら、要注意ですよ!

清潔にするために擦る

洗顔で”擦る”は超NG行動です!

肌を気づ付ける原因となりますので、とにかく擦らない!

擦るのはダメ!絶対!!

丁寧に時間をかけて洗う

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

雑な洗顔はダメだからと時間をかけていつまでも顔に泡を付けて洗顔する。

肌のことを想っているからこそやってしまいますよね。

でも時間をかけての洗顔は必要な皮脂まで奪います。
洗顔は短い時間でやるのが鉄則です。

とにかく皮脂を落としたいからお湯ですすぐ

お湯で洗顔しちゃう気持ちはよくわかります!

ニキビに悩んでいる方だと皮脂を落としたいというのもわかるし、特に冬場なんかはお湯で洗ったほうが気持ちいいんですよね。(私だけ?笑)

しかし熱いお湯で洗顔してしまうと肌の乾燥を招きますのでお湯洗顔はNGです。

乾燥を気にしてしっとり系の洗顔料を使う

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

洗い上がりがしっとりする洗顔料ってあるんですが、あまりお勧めできません。

洗顔は保湿するためにするのではなく、汚れを落とすためにするのですから。

しっとり系の洗顔料で洗い上がりがしっとりするのは洗顔料に油分が含まれており洗顔のあと油膜が残っているからです。

油は水をはじきますので、洗顔後の化粧水の浸透が阻害され逆に乾燥を招く恐れがあります。

清潔を保つため1日に何回も(1日3回以上)洗顔する

「ニキビを治したいからとにかく洗顔しなきゃ!」と1日に何度も洗顔をするのは、お気持ちはわかるのですがNGです。

過度な洗顔は肌のターンオーバーを早める結果となりニキビや肌荒れをさらに悪化させる可能性があります。

洗顔は1日に2回までにとどめましょう。

永久保存版♡正しい洗顔法

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

NGなことがわかったら今度はさっそく”正しい洗顔法”を見ていきましょう!

正しい洗顔法をマスターして続ければ、あなたのお肌はもっともっときれいになるはずです!

Step1.洗顔する前に手を洗いましょう!

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

これ飛ばしちゃってる人も多いんじゃないでしょうか?

洗顔料を泡立てる前に必ず手を洗いましょう。

手には雑菌がたくさんついていますし、油分が付着していることが多いので洗顔料の泡立ちが不足してしまう原因になります。

Step2.ぬるま湯で顔を濡らす

ぬるま湯で数回パシャパシャと顔を洗いましょう!

毛穴を開きやすくして毛穴汚れまで落とせるようにします。

またそのまま濡れていない顔に洗顔料を乗せると滑りが悪かったり、刺激になったりするのでそれらを和らげる目的でもまず顔を濡らしましょう☆

Step3.洗顔料を泡立てる

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

洗顔料を濡らした泡立てネットにのせしっかりと泡立てます。

泡立てが弱いと指で直接顔を擦ることになり肌に余計な刺激を与えてしまうことになりますので、しっかりと泡立てましょう。

Step4.いよいよ洗顔!!

下準備(?)を終えたらいよいよ洗顔です!
文章で書くと長いのでポイントで説明しますね!

Point1.泡を乗せる順番はTゾーン→頬やおでこ→目元口元

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

画像のようにほっぺからふわっと泡を乗せたいところですが、ココは我慢!

皮脂の分泌が激しいTゾーンから泡を乗ましょう。
続いて頬やおでこ続いて口元や目元などの乾燥しやすい部分に泡を乗せます。

Point2.とにかく優しく!

”肌に手が触れたら罰ゲーム!”や”ひよこちゃんを撫で撫でする♡”くらいの気持ちで擦らないようにやさし~く洗います。

目安は20gの撫で具合です!

試しにキッチン計り(キッチンスケール)を用意し、その上をいつも自分が洗顔してるくらいの力で撫でてみてください。

だいたい40g超える力で洗顔してますから。
私はそのくらいでしたし、父に限っては200gの力で洗顔してました(笑)

私の家族のことはさておき、とにかく優しくですよ!優しく!

Point3.30秒ルール!

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

3秒ルールならぬ30秒ルールです。

洗顔料を顔に乗せてから、すすぎに入るまであなたはどれくらい時間がかかってますか?
「え?1~2分くらいかかってるけど?」って人は要注意です!

洗顔料が顔に乗ってる時間は大体30秒くらいにしておきましょう。

洗顔料は顔に乗せてる間どんどん皮脂を奪っています。

「皮脂は肌荒れやニキビの原因になる」と嫌われがちですが、皮脂は別名”天然の保湿クリーム”。

私たちのお肌を乾燥から守ってくれてる大切な物なんです!
だからむやみに皮脂を嫌うのはやめて、余分な皮脂だけ落とすよう心がけましょう。

Step5.洗顔料をすすぎます

洗顔量で顔を優しく洗ったら、ちゃっちゃと洗顔料をすすぎます!

Point1.すすぐのはぬるま湯がベスト!

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

先ほどNG洗顔法でもお伝えした様に、お湯でのすすぎはNGです。

すすぐのは手で触って熱いとも冷たいとも思わないくらいの人肌くらいのぬるま湯がベストです!

たまに冷水で流すと毛穴がしまってよいという人もいますが、私は冷水反対派です。

正直、冷たい水で毛穴をしめてもその効果は一時的で30分~1時間後には元通りの毛穴の大きさに戻っているのであまり意味がないと感じています。

さらに洗顔時に毛穴をしめてしまうと化粧水などの浸透が悪くなったり、”冷感”というのは肌が受ける刺激の1つで毛細血管を無駄に開かせて赤ら顔の原因になったりもするのでメリット以上にデメリットが大きいと思います。

Point2.すすぎ残しは禁物

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

すすぎ残しはニキビや肌荒れの原因になりますのでしっかりとすすいでくださいね。

生え際などにニキビができるという人はすすぎ残しが多い可能性があるのでいつもより多めにすすいでみてください。
改善するかもしれません。

すすぎ終わったら、すすぎのこしがないか鏡でチェックするのもいいかと思います。

Step6.清潔なタオルで水分を取りましょう

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

すすぎ終わったら清潔なタオルで擦らずポンポンと水分を拭いましょう。

因みにですが、顔を拭くときタオルよりもティッシュがおすすめです。

美肌で有名な女優の小雪さんをはじめ、美肌マニアの人で顔をタオルで拭かずティッシュで顔を拭く人が増えているのだそうです。

理由は洗いたてのタオルには19万もの雑菌がついているため雑菌の付着を防ぐためと、ティッシュオフのほうがタオルで拭くよりも摩擦が少ないからの2点だそうです。

摩擦が少ないという点は強くこするとティッシュが破けて顔に張り付くので擦らなくなるというのは分かりますが、雑菌に関しては「ティッシュには雑菌が全くついていないのか?」などと思ってしまいます(笑)

しかし、洗顔のために新しいタオルを使って洗濯機に放り込むよりかはティッシュ1~2枚消費するほうが手軽かなという気はしますね。

芸能人や美容マニアの間では既に常識?!ティッシュ美容ってなに?!

Step7.洗顔後はすぐにスキンケアを!

正しい洗顔 方法 正しい洗顔方法

洗顔後はすぐにスキンケアに入りましょう!

洗顔直後は気を付けて洗顔していても、やはり皮脂膜は少なめで乾燥しやすくなります。

美肌をGETするには早い者勝ちですよ!
テレビに見入るのは後にしてせっせとスキンケアで美肌になりましょう♡

スキンケアついでにできる小顔エクササイズ、マッサージはこちら☆

まとめ

いかがでしたか?

正しい洗顔法を実行することで肌への余計な刺激を防いだり、乾燥を防ぐことも可能となります!

洗顔に保湿力などを求める必要は全くありませんが、余計な刺激を与えず余計な物まで奪わず優しい洗顔をこころがけましょうね!

あなたのお肌がピッカピカに輝くことを祈っております♡

 

1 個のコメント

  • 全薬工業株式会社の、アルージェシリーズを使ってます!洗顔料が泡で出てくるので、泡立てる必要なし!もうすぐ39歳ですが、よく、肌がキレイと言われます!添加物が一切入ってないので、敏感肌の方にオススメです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。