ストレスで肌荒れ・・・。難しいストレスと肌荒れの関係。うまく付き合う方法!

ストレス 肌荒れ 男性ホルモン

 

大人になって仕事を始めるとストレスとは切っても切れない腐れ縁になってしまいますよね・・・。

ストレスが原因で胃が弱り、その結果ニキビがきたり、何となく顔がかさつく・・・。ということもあるんじゃないでしょうか?

肌が荒れたので皮膚科にいっても「ストレスが原因かもしれませんね~」といわれ「そんなことは知ってるよ!」と憤り、それ自体がストレス・・・。という場合もあると思います。

この記事ではストレスとお肌の関係性についてみていきたいと思います!
肌のことだけではなく、女性と社会性のストレスについても私の考えを記載しているので、もし「肌荒れではないけど、ストレスがかかって辛い・・・。」という女性の方がいらっしゃれば是非この記事を読んでいただきたいです。

私自身もストレスに悩まされていましたが、このページでお伝えする考え方をするようになってから楽になったような気がしています。絶対無理はしないでほしいんです。

ストレスがかかると肌荒れはおこるってなぜ?ストレスとお肌と女性の関係性

ストレスと肌荒れの関係

ストレス 肌荒れ 対処

ストレス性の肌荒れと聞きますが実際、どういうメカニズムでストレスが肌荒れと関係してくるのでしょうか?

私はものすごく疑問に感じました。

人間はストレスを感じると、ストレスホルモンが分泌され、体は「攻撃されてるんだ!」と反応し、攻撃に備えるように交感神経を興奮させ戦闘態勢に入ります。そうすると血管が縮まってしまって血行が悪くなり、血管が縮まると新賃代謝が悪くなって、それを伴って肌のターンオーバーが狂いだし肌荒れを起こすのです。

交感神経が興奮すると男性ホルモンの分泌を促進させるので、皮脂多量になって肌荒れを起こしたり、ニキビができたりします。

ストレスと女性

女性 ストレス 肌荒れ

そのほかにもストレスにより、女性ホルモンより男性ホルモンが優勢になり生理が来ない、男性ホルモンが多くなり髭が生える、脱毛する(禿る、円形脱毛症もその一種)等の症状も引き起こします。

若い女性でもストレスがかかると、更年期障害のような症状に悩まされるのです。それらはストレスによって交感神経が刺激された結果男性ホルモンが多く分泌されるからなんです!

近年、女性のオス化などが話題になっていますが、これは女性の社会進出が進み女性にストレスがかかった結果だと私は思っています・・・。
もともと女性は、「外で狩り(仕事)をする」という風に体やココロができておらず、「子を育て、家を守る」という風に体がプログラムされているそうで、社会的ストレスに男性よりも耐性がないのだそうです。

その代わり例えば「赤ちゃんが泣いている!」という状況に対しては男性よりも女性のほうが感じるストレスは少ないんだそうです!

こう見ると男と女は本当に別の生き物でお互いにない部分を補い合う存在なんだな~としみじみ思います。

また、ストレスを強く感じると、免疫力をつかさどるランゲルハンス細胞という細胞が極端に死んでしまい、体の免疫力自体も、肌のバリア機能までも弱くしてしまい、まさに万病のもとです。

まとめ

私自身ストレスにかなり悩まされたので少々熱くなって語っていましたが、少しでもお役に立てれば幸いです。

しかし、いくら女性が社会性ストレスに向いていないと言っても、今の時代に生まれた以上そのストレスに立ち向かわなければいけないのです。

なのでストレスを消すという方向性ではなく、ストレス性の肌荒れや疾患に立ち向かう方向性で考えていきたいところですよね。

ストレスに向き合うって大事!ストレス解消法20選♡

ストレスやホルモンバランスの乱れからくるニキビに有効な化粧水♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。