1日、1ヵ月、1年を通してのスキンケア法!朝と夜、季節別の肌荒れ対策

スキンケア 春夏秋冬 肌荒れ

美肌を目指すためには、年間を通して毎日まったく同じスキンケアをするよりも、その時々にお肌が必要としているスキンケアを行うことが重要です。

お肌が今何を必要としているのかは、本当は自分で感じることなんです。

でもいきなりそんなこと言われてもわからないな・・・って困ってしまうと思うんですね。

なので基準になるように書いていきたいと思うので少し読んでみてください。
あなたの肌がどんなスキンケアを必要としているのかを感じられる基盤となればいいなと思います。

1日スパンでのスキンケア

1日のスキンケアタイムといえば、朝と夜の2回ですよね!
朝と夜だけでも必要なスキンケアが違うのです。

朝のスキンケア

朝 スキンケア

朝起きたら、まずは洗顔ですよね。

よく冷水がいいとか温水がいいとかいろいろありますが、冷水だと毛穴は閉まるけど寝ている間についた汚れが毛穴に詰まるのでNG。温水では皮脂を取りすぎてしまうのでNG。

ぬるま湯が正解です。できれば洗顔は使わずぬるま湯でしっかり汚れを落とします。

次はいよいよスキンケアですね。目覚めは血流量が低いので、洗顔後、化粧水や乳液を塗る際に優しくマッサージして肌も起こしてあげると化粧ノリなどがよくなります。

このとき、化粧水と美容液、美容液と乳液、乳液と化粧下地などなど、それぞれを塗布する間に3分間のインターバルを設けてみてください。
化粧崩れ防止につながります。

夜のスキンケア

夜 スキンケア

夜のスキンケアといえばまずはメイクオフですよね。

メイクを落とさず寝ることはもう一番してはいけないことです。1日メイクを落とさずに寝ると肌のキメを戻すのに200日かかるといわれています。

メイクしたまま寝ちゃった!という人は後悔先に立たず!メイクしたまま寝た翌朝のスキンケアを参考にきちんとスキンケアをしましょう!

どんなに疲れていても、絶対メイクは落としましょう。座ったり寝転んだりするとそのまま動くのが嫌になることってよくあるので、帰ってきて着替えたその足でメイクを落とすのがいいですね。

夜は肌もお疲れですよね。でも血流量も多くなっているため、スキンケア効果が高まる時間でもあるので、パックでもしながらリラックス目的でスキンケアをしましょう。

お風呂上りがおすすめです。ただしお風呂は毛穴が開いて老廃物を排出するタイミングになるのでお風呂の中でパックはNGです。

スキンケアはマッサージなどではなく、ハンドプッシュでゆったりスキンケアをしましょう。

 

1ヵ月スパンでのスキンケア

1ヵ月に1回といえば・・・そう生理ですね!

生理前後のスキンケアについて以前記事を書きましたのでもしよろしければ、見てください!

生理を制するものは美肌を制す?!生理周期それぞれのスキンケア法

1年スパンでのスキンケア

季節を通してのスキンケアです。日本は四季があるので、季節によって、気温や湿度、紫外線の量など色々違いますよね!

春夏秋冬で見ていきたいと思います!

春のスキンケア

春 肌荒れ スキンケア

花粉が舞う季節ですよね。アレルギーやかぶれなどが出やすい季節です。また新しいことが始まる時期でもあるのでストレスで肌荒れ・・・。なんてこともありますよね。

お肌の状態が悪い時、あれこれと試したくなるのはわかりますが、あまり刺激しないのが吉です。

もし新しい化粧品を試したいとか、積極的にスキンケアしたいときは肌の状態を見ながらにはなりますが、生理後がおすすめです。

アレルギーなどの場合は皮膚科などに行くのもおすすめです。自分が何に対して反応するのかを前もって知っておくといいかもしれませんね。
また紫外線も増えてくるので、UVケアも忘れずに。

夏のスキンケア

夏 スキンケア

夏といえばUV対策ですよね!日中は日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしましょう!

あと、汗をかくと思うのですが、汗を自然乾燥するまで放置しておくと肌バリア機能を低下させてしまった結果、肌カビなどの皮膚病や炎症を起こしてしまうこともありますので、汗をかいたらそのたびにタオルで軽くふいて汗の自然乾燥は避けるべきです。

あまりにもドロドロに化粧崩れした場合は乳液などでベースメイクを拭きとって、ベースメイクだけやり直すのも手です。

夏は朝はUV対策メインで、夜はしっかりスキンケアとたっぷりの睡眠でお肌と体を休めましょう。

秋のスキンケア

秋 スキンケア

夏の間に紫外線により厚くなった角質が剥がれてくる季節です。秋のスキンケアは夏の紫外線ダメージを受けているし、これから乾燥する冬に突入するので重要です。

しかし「秋」という季節だけを見ると肌は比較的安定しやすい季節であるともいえるので積極的にスキンケアをしましょう。

新しい化粧品を探してみたりエステに通ったりして冬に備えましょう。

冬のスキンケア

冬 乾燥 スキンケア

肌にとって冬は過酷な季節です。

外気やエアコンなどでも乾燥しますし、寒さのせいで血行が悪くなってカサカサしてきたりもするので、乾燥との戦いですね・・・。

化粧水もしっとりなものをチョイスしたり、美容液や乳液、クリームなどで油分も適度にプラスした、しっかり保護のスキンケアがおすすめです。

冬のベースメイクで下地にヴァセリンを使うのが本当におすすめです。そもそも乾燥を防いでくれるし、パウダーファンデのちょっとカサカサした感じを艶感のある肌にしてくれます。

是非試してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか、矛盾している部分などもあるんですが

「化粧水の量は足りてるかな?」「肌が疲れてる感じがするから美容液で栄養補給してあげよう」「ちょっとかさついてるから油分をプラスしようかな」などなどお肌の様子を見ながらのスキンケアってすごく大切だと思うんですよね。

この記事を読んで少しでも、お肌に目を向けられるようになればいいな・・・と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。