結局どっちがいいの?髪の毛を自然乾燥させるメリットとデメリット☆

自然乾燥 どっちがいい メリット

よく「美髪のためには絶対に髪を乾かして寝ることが重要」だといいますが、具体的になぜ髪の毛を乾かさないといけないのかってご存知ですか?

今まで「髪にはよくないっていうけど、まぁいっか!」と髪を乾かさずに寝ていた人も、理由を知ることで考え方が変えられるかもしれません。

この記事では、髪の毛を乾かさないことでのデメリットについて見ていきたいと思います!

髪がボサボサバサバサに!?髪の毛を自然乾燥させるデメリット

髪が傷む

髪の毛 自然乾燥とドライヤー

これはもう、当たり前の域ではないでしょうか?
髪の毛が傷むから、乾かすので言うまでもないですね!笑

しかし、なぜ髪の毛が傷むといわれているのかご存知ですか?

洗いたての髪は、キューティクルが開いており弱い状態です。
髪を乾かすことできちんとキューティクルを閉じておいてあげないと、摩擦によりキューティクルが剥がれ傷つき、縮れたような髪や艶のない髪になってしまいます。

頭皮トラブルに発展する

髪の毛 自然乾燥 臭い

健やかな髪をはぐくむには、健康な頭皮から!

髪や頭皮周りが濡れた状態で放置したり、寝てしまったりすると、水分と体温で頭皮はジメジメ状態に。
そんな環境が大好きな雑菌は頭皮で増殖してしまいます。

その結果、頭皮からイヤな匂いがしたり、炎症を起こしたりする原因になります。

また濡れたままで眠りにつくと、髪の成長時間(夜中の2時~朝8時くらいまで)での髪の成長を邪魔してしまうそうです。

薄毛になる原因に

髪の毛 自然乾燥 はげる 

髪が濡れたままだと、やはり冷えます。

汗をかいた後、汗を拭わないと冷えるというのと同じです。

冷えると、頭皮の血行が悪くなります。

発毛には頭皮の血行が良いことが必要であることは、発毛を歌っている商品のコンセプトを見ると明らかです。
頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージなどもするわけですよね。

頭皮の血行が悪くなると薄毛に悩まされる可能性があります。

寝癖がつきやすくなる

髪の毛 自然乾燥 寝癖

髪の毛はほぼタンパク質にて作られています。

タンパク質の「水素結合」という反応で寝癖はつくことになります。

水にぬれると離れ(まっすぐになる)、乾くと結合するという特徴があります。
枕と頭に髪が押されてぐちゃぐちゃになったまま乾くとそのまま結合し、寝癖となります。

朝は誰しも長く寝てたいですし、朝の時間は忙しいはずです!
でも寝癖のまま外出するわけにもいかないと思うので、寝癖を予防することから始めてみませんか?

自然乾燥のメリット

今まで髪の毛を乾かさないことのデメリットを見てきましたね!

でも髪を乾かすのもメリットばかりではなく、確かにデメリットも存在します。

ドライヤーの熱で髪が傷む

髪の毛 自然乾燥 メリット

これは確かにいえます。

ドライヤーを当てすぎると、熱で髪が傷む原因になります。

熱によりカラーやパーマの持ちが悪くなることもあります。

とにかく面倒!

自然乾燥 髪の毛 メリット

これが一番のデメリットですかね(笑)

髪が短い人はともかくとして、髪が長い人がきちんと髪を乾かそうとすると結構時間がかかりますよね!
夜の時間も、自分の好きなことができる余暇の時間で貴重ですよね!

そんな時間が数分でも奪われるのが嫌なのはすごくわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

髪を乾かすことのメリットとデメリットを見てもやはり、髪の毛を乾かしたほうが髪は傷まないでしょう。

熱により髪が傷むというお話ですが、これはタオルドライをしっかりしたり、余分に乾かさないことを守れば軽減できるものとなりますので髪を傷めない髪の乾かし方を意識すれば大丈夫です。

ヘアケアをしっかりしてきれいな髪を目指しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。