メイク初心者さんのための基本メイク術5ステップ☆

アイメイク
姫子
今日はメイク初心者さん必見の”メイクの基本”についてみていくわよ!
姫花
女の子はメイクで可愛く大変身できるんだけど、やったことないとどうやればいいかホント謎なんだよね~(汗)

でも、基本を抑えていればメイクって結構それなりにできちゃうから、一緒に頑張ろうね♪

目次

メイク初心者さんのための基本メイク術5ステップ☆

「女の子らしくメイクとかしてみたいけどメイクなんて初めてだし、どうやったらいいか全然わかんないなぁ・・・。でもいまさら周りには効けないし・・・。」と初メイクをためらっていませんか?

メイクし始めは勝手がわからず困ってしまいますよね。

でも大丈夫です!”はじめて”は誰にもあることなので、基本を抑えてメイクを楽しむことでだんだん上手にメイクできるようになりますから!!

というわけで、この記事ではメイク初心者さんに向けてメイクの基本について書いていきたいと思います☆

姫子
初めは難しいって思っちゃうかも知れないけど、上手くなるには練習あるのみよ!

さぁ、鏡の前に移動して練習練習!!

初心者さんメイク第1ステップ♡スキンケア

初心者 メイク スキンケア

皆さんは、普段から顔を洗ったあとに化粧水等を使ってお肌のお手入れはしていますか?

メイクというとファンデを塗ったりマスカラを塗ったりなどを思い浮かべがちですが、メイクのファーストステップはスキンケアからです。

綺麗にお化粧を乗せるためには、土台をしっかりと整えておくことが大切なんですよ。

洗顔後のスキンケアをしてないという人はまず基本のスキンケアから覚えましょう!

姫子
いくら優秀なファンデでも土台が荒れてちゃ綺麗にのらないわ。
姫花
メイクするならスキンケアもちゃんとしないとね!

メイク前のスキンケアの基本の3ステップ

スキンケアの基本

  1. 化粧水
  2. (美容液)
  3. 乳液

の3ステップです。

それぞれどんなものなのかを少し書いておきますね!

スキンケア化粧品の基本

・化粧水

化粧水はお肌に水分補給をさせてあげる物です。

手に化粧水を出して手で顔を優しく覆うようにして塗っていきます。こすったりするとお肌のダメージになってしまいますので優しくですよ!

・美容液

美容液はお肌の栄養剤です。

学生さんで肌悩みなどがない場合はお肌の栄養剤はまだいらないという場合もあります。

持っていないのなら無理に使う必要はありません。できる範囲でやっていきましょう。

・乳液

乳液は化粧水でお肌に補給した水分や美容液の栄養素が肌から蒸発するのを防いでくれる化粧品です。

慣れないとべたつきが気になるかもしれませんので、量を調節しながら徐々に慣れていきましょう!

洗顔後スキンケアを終えた際、肌がベタつく感じがあればティッシュで顔を抑えるようにふき取ることも忘れないでくださいね。

余計な化粧品を顔に乗せないようにすることでメイク崩れを防ぐことができます。

初心者さんメイク第2ステップ♡ベースメイク

初心者 メイク 方法

スキンケアを終えたらいよいよメイク道具を使ってベースメイクに取り掛かります!

ベースメイクは

  1. 化粧下地
  2. リキッドファンデーション
  3. (コンシーラー)
  4. フェイスパウダー

この手順で重ねていくのが基本です!

全体的にベースメイクを上手く仕上げるためのポイントは”薄付きを心がける事”です。

自分の肌を近くで集中してみていると粗が目立ってしまいつい厚塗りになってしまいがちですが、ファンデーションは厚く塗ってしまうと肌の透明感が失われてしまうので、控えめくらいが一番肌がキレイに見えます。

姫子
肌は顔の面積で一番大きい部分。

肌を美しく見せる事ができると一気に垢ぬけるわよ!

化粧下地

メイク初心者さんにはこの省く人が多いそうですがベースメイクを綺麗に仕上げるためにも下地は重要な工程です!

化粧下地には

  • 肌の凸凹をフラットにして、ファンデーションとお肌の密着度を上げる
  • 余分な皮脂が出るのを防ぎ、化粧崩れしにくくなる
  • 日焼け止め効果

などの役割があります。

化粧下地を手に取ったらムラができないように注意しながら内から外に向けて塗っていきましょう!

下地を塗り終えて顔に余分な下地が残っている場合は、スポンジパフやティッシュなどを使ってオフすることも忘れずに行ってくださいね。

姫子
オススメの化粧下地を紹介するわ。

これを使ってれば間違いない!!優秀化粧下地まとめ☆

オススメの使いやすい化粧下地をご紹介します!

是非、コスメ選びの参考にしてくださいね☆

RMKの化粧下地は乳液のようなサラサラのテクスチャーでベタつかず、色もあまりつかないので初心者さんでも失敗しにくい化粧下地です。

それでいて乾燥や皮脂崩れなどはしっかりと防いでくれるのでとてもオススメです。

RMKは一応デパートコスメなので少し値は張りますが、化粧下地自体そんなに多くは使うものではないので1本買えば長持ちするかと思います。

セザンヌはプチプラながらに優秀なコスメが多く、コスメにあまりお金がかけられない人にオススメのメーカーです。

1000円以下のお値段でドラッグストアでも購入することができます。

上に載せてるのはテカりが気になる人用のテカり防止下地ですが、ほかにもたくさんの種類の下地があるので自分の肌悩みやなりたい肌に合わせてチョイスできるのも魅力の1つです。

リキッドファンデーション

下地を塗り終えたら、今度はリキッドファンデーションを顔に塗って顔の色ムラや肌悩みをカバーしていきます。

ファンデーションをおでこ・鼻先・両頬・アゴ先の5点に適量付け、内から外に向かってムラなく延ばしてゆきます。

尚、塗りすぎは禁物です。

ニキビやニキビ跡やそばかすなど肌悩みがある場合はリキッドファンデーションで無理に隠そうとせず次に紹介するコンシーラーでポイント隠しするようにします。

リキッドファンデーションはあくまでも顔の色ムラや多少の粗を隠して肌を均一に仕上げるという感じで考えておいてください。

姫子
ほんとうにリキッドファンデーションの塗りすぎには注意よ!

厚化粧になってしまうのももちろん、リキッドは油分が多いからメイク崩れの原因にもなってしまうわ!

姫花
厚化粧のメイク崩れはホントに汚いからね・・・(涙)

さぁ、つぎはオススメのリキッドファンデを紹介するよ!

これを使ってれば間違いない!!優秀リキッドファンデーションまとめ☆

初心者でも綺麗にメイクすることのできる優秀なリキッドファンデーションをご紹介します!!

RMKのベースメイクはとても優秀で、ここでもやはりRMKの商品をオススメしてしまいます。

RMKのリキッドファンデーションはさらりとしたテクスチャーで伸びも良く、薄付きに仕上がる点が初心者さんには扱いやすいのではないかなと思います。

肌悩みがあまりなく、カバー力があまり必要ない方にピッタリなリキッドファンデーションです。

シミなどの肌悩みがありカバー力が欲しいという人にはエスティローダーのリキッドファンデーションがオススメです。

 

それでいてメイク崩れも少なく、質感もセミマットなので自然な艶肌が演出できるのが人気の秘密なようです。

ただし、ボトルがドバっとファンデが出てしまうようなのでご使用の際は慎重に出すようにしてくださいね!!

コンシーラー

リキッドファンデーションを塗り終わっても肌にシやニキビ跡などがある場合はコンシーラーというポイントカバー用のファンデーションで隠していきます。

コンシーラーはカラー力が高いファンデーションで、シミなどの他にもほうれい線や口元や目元のくすみなどあらゆる肌悩みをカバーしてくれる代物です。

コンシーラーでうまく肌トラブルを隠すには肌トラブルに合わせて適切にカバーすることが大切です。

シミなどの肌悩みの場合は、シミより少し大きめにコンシーラーを塗って、その周りを指で叩き込むようになじませカバーするようにします。

一方、ほうれい線やクマなどの場合は悩みのある部分に点々とコンシーラーを乗せスポンジなどでたたき込むようになじませていくと上手くカバーすることができます。

コンシーラーの使用でもう1つ気を付けないといけないことは、肌悩みを隠したいからといってあまり塗りすぎないことです。

コンシーラーはカバー力が高い分たくさん塗ると厚塗り感が出てしまいます。

自分自身はメイクをするとき至近距離で顔を見るためシミなどが目立つかもしれませんが、他人はあなたの顔をそんなに近くで見ません。

鏡から30cm離れたところから見て目立つ肌悩みでなければあまり気にしないことをオススメします。

また、コンシーラーを塗った時、塗った部分を触りすぎると、せっかくつけたコンシーラーが指についてしまい、肌悩みが隠れませんので触りすぎにも注意が必要です。

姫子
コンシーラーの扱いは初心者さんには少し難しいかもしれないけど、慣れればちょっとくらいお肌に難があっても美肌に見せる事ができるわ。

色々研究してみましょ☆

これを使ってれば間違いない!!優秀コンシーラーまとめ☆

カバー力も高く自然になじむ優秀コンシーラーをご紹介します!

クリニークのスムージングコンシーラーはクリームとリキッドの相の子のようなコンシーラーで、シミからほうれい線まであらゆる肌悩みにオールマイティに対応でき1本持っているととても便利なアイテムです。

リキッドタイプは比較的軽めの仕上がりになるため、初心者さんでも扱いやすいかと思います。

また、肌の負担になりやすいコンシーラーの中でも低刺激に作られているので、敏感肌さんやニキビ肌さんにもオススメできます。

デパートコスメですが、お値段は3000円以下。そんなに大量に使うものでもなく長持ちするのでコスパは◎です。

お金をあまりかけられない学生さんにもオススメです!

イブサンローランのコンシーラーはペンシルタイプになっていて使いやすいのが人気の秘密です。

リキッドタイプでさらりとしているのでカバー力は他と比べると少し劣りますが、ハイカバーなコンシーラーを使うとシワになりがちなクマやほうれい線、くすみのカバーなどには向いています。

シミやニキビ跡ではなく、クマやほうれい線・くすみを隠したい方にはオススメです。

姫花
肌悩みによって適切なコンシーラーを使い分けるのがポイントだね!

フェイスパウダー・パウダーファンデーション

ベースメイク最後の工程です!

コンシーラーまで終えた肌は少々べたべたしていると思います。

この状態ではゴミやほこりなどがお肌に付着しやすくなってしまいますので、ベースメイクのお仕上げにパウダーをはたきます。

綺麗に仕上げることはとにかく塗りすぎないコトです。

パウダーは塗りすぎると肌の粗が目立ってしまったり、乾燥して粉を拭いてしまったり、厚塗りに見えてしまいます。

肌のベタツキを抑える程度に軽く付けます。

姫子
オススメのフェイスパウダーを紹介するわ!

これを使ってれば間違いない!!優秀フェイスパウダーまとめ☆

ベタツキを抑えてきめ細かな肌に仕上げてくれるフェイスパウダーをご紹介します。

シュウウエムラのライトバブルフェイスパウダーは粉っぽくなりにくく、お粉を付けすぎてしまう傾向にある初心者さんにオススメのフェイスパウダーです。

オイル配合のフェイスパウダーで艶肌を演出するのに向いています。

マットな質感が好みの場合は

マットな仕上がりになるものもありますので、好みで使い分けると良いですね。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーは1000円以下で購入できプチプラなのに非常に優秀なのがオススメポイント。お金がかけられない学生さんにオススメです。

仕上がりはマットでふんわりとした感じに仕上がります。

ただし塗りすぎるとかなり厚塗り感が出てしまうので、薄く付ける事を意識しながら使用することをオススメします。

 

姫子
長くなったけどベースメイクはこれで完了よ。
姫花
こうしてみるとベースメイクって工程が多くて大変だよね~
姫子
そうねぇ。1分でも惜しい朝に時間のかかるベースメイクは大打撃よね。

でも安心して!ベースメイクってかけようと思えばいくらでも時間をかけれるんだけど、短縮しようと思えば結構短縮できる工程なの!

今からベースメイクの省略術を紹介するわ!

「ベースメイクの工程が多すぎる」と思ったあなたへベースメイク省略術をご紹介!

基本のベースメイク術は今までご紹介してきたように下地⇒リキッド⇒(コンシーラー)⇒パウダーですが、忙しい朝のことですしこんなにたくさんの工程を踏めないという方もいるかもしれませんね。

そもそも若くて肌がきれいな場合はここまで厚く塗ることで逆に肌が汚く見えてしまったり、肌荒れの原因になってしまうこともあるかもしれません。

そこで、ベースメイクを重ねることに抵抗がある方のためにベースメイクの工程を省く方法をご紹介します。

姫子
工程が少なくなるとマスターしやすいから、本当に初めてメイクをする人はこういうところから始めるといいかもしれないわね!

ベースメイク省略術① ミネラルファンデ―ションを使う

ベースメイクの方法は色々ありますがその中でも1番お手軽なのは恐らくミネラルファンデーションのみを使用するベースメイクかと思います。

ミネラルファンデーションとは、鉱物だけの非常にシンプルな材料で作られたパウダーファンデーションのことで、スキンケアをしたお肌に直接塗る事を想定して作られています。

ミネラルファンデーションでのベースメイクは”スキンケア⇒ミネラルファンデーション”という2工程でベースが完了するのでベースメイクがとても簡単になります。

またミネラルファンデーションは油分や化学物質を多く含むその他のファンデーションと比べてかなり低刺激なので、肌が弱い人でも安心して使用することができます。

ミネラルファンデーションは色々なメーカーが出していますが、私が一番おすすめするのはレイチェルワインのミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションは粉なので粉っぽい印象になってしまう場合も多いのですが、レイチェルワインの場合はそういったことはなく艶を出してくれるので扱いやすいミネラルファンデーションだと思います。

付属のブラシも大きくて肌触りも良く初心者向けな印象があります。

ベースメイクの手順をとにかく省きたい人は是非使ってみてくださいね!

レイチェルワインの公式はこちら!

姫花
スキンケア後パウダーを叩くだけでベースメイク完了なんて超時短じゃん!

正直デートでもなきゃこれで十分だよね~

姫子
そうね!特に肌悩みのない人なんかだったら別にデートだろうが仕事だろうがこれで十分だと思うけどね。

ベースメイク省略術② BBクリームを使う

紫外線が気になる場合や、粉だけでは乾燥が気になる場合、短いメイク時間でしっかりカバーしたい場合はBBクリームの使用がオススメです。

BBクリームとは、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションが1つになったオールインワンタイプのコスメの事で、BBクリームを使うことでメイク時間を大幅に短縮できます。

スキンケアを下肌の上に適量のBBクリームをのせ均一に伸ばすのみでベースメイクが完了します。

べたつきが気になる場合やテカってしまう場合、モチを良くしたい場合は上から軽くフェイスパウダーを付けても綺麗に仕上がります。

上記は私のおすすめのBBクリームです。

ラウディのBBクリームは美容成分が多く入っていてスキンケアもしながらカバー力もあり、厚塗り感があまりないのが使いやすいBBクリームです。

京のすっぴんさんBBはかなり薄付きでカバー力はあまりありませんが自然な付け心地で、肌に負担のない成分で作られており敏感肌でも安心して使えるのが好印象でした。

姫子
肌が綺麗でカバーすべきところが少ない人はベースメイクはあまりいじらない方が綺麗なことも多いわね。

でも、その後に乗ってくるアイブロウやチークのノリを良くするためにはファンデーションは必要だし、日焼け対策にもなるからースメイクは軽くでもやっておくことをオススメするわ!

そもそも、他がバッチリメイクなのに、肌だけスッピンというのもバランスがとれないしね。

姫花
パウダーだけじゃ乾燥が気になるって人はBBクリームを使えば乾燥も防げていいよね♡

初心者さんメイク第3ステップ♡アイブロウ

目

 

ベースメイクを終えたら今度は眉毛のメイク”アイブロウ”をしていきます。

「眉毛?ちゃんと生えてるからメイクしなくてよくない?」と思うかもしれませんが、毛は顔の印象を決める大切なパーツで、実際アイブロウをすると、していないときに比べてかなり垢ぬけ感を出すことができます。

アイブロウは意外と難しいのですが、慣れてくると眉を上げたり下げたり長くしたり短くしたり、ふんわりさせたりキリッとさせたりと変幻自在に印象を変えることができます。

まずは基本をマスターしましょう!

姫子
アイブロウの基本を紹介するわ!

練習してみてね!

基本のアイブロウの手順

アイブロウの基本の手順は

  1. 眉を整える
  2. ペンシルやパウダーで眉を描く
  3. 眉毛の質感を出す

の3ステップです。

まず第一に眉毛を整えるところから始めます。

眉の下~目の上の間の部分にまばらに毛が生えている場合はきちんと剃って整え、眉が伸びすぎてる場合はコームとハサミを使ってカットします。

上記のような眉を整えるためのシェーバー・コーム・シザー(ハサミ)などは必需品ですのでなければ購入しましょう。

眉毛を整える時は、産毛やはみ出している毛のみを整えるように心がけ、やりすぎないのが失敗しないコツです。

眉毛の形を整えたら、ブラシで毛流れに剃って梳き眉の毛並みも整えます。

眉毛を整え終えたらいよいよ眉毛を描いていきます。

アイブロウのカラーは髪の色に合わせたものを使用。上記のようなアイブロウペンシルを使用して眉毛を1本1本描くようにして眉の輪郭を描いていきます。

このとき眉頭~眉山のてっぺんまでは下から上に、眉山のてっぺん~眉尻までは上から下に、眉毛の生えている方向に沿って描いていくと自然に仕上がります。

輪郭が決まったら、上記のようなアイブロウパウダーを使用して眉頭は薄く眉尻に行くほど濃くなるように眉毛に濃淡をつけます。

最後に眉毛がフサフサと生えている質感を眉マスカラを使って演出して行きます。

眉マスカラは色のついているものや

透明のものもあります。

眉の色が髪の色と違いすぎる場合やしっかりメイクに魅せたい場合は色付きの物を、眉の色が髪の色に近い場合やナチュラルに見せたい場合は透明のものをオススメします。

正直この眉マスカラは合ってもなくても良いとは思いますが、髪色が明るい場合は眉と色を合わせる意味で使用するのがオススメです。

眉マスカラは眉尻~眉頭に向かって毛流れに逆らって塗り、最後に毛流れに沿うように整えるのが基本の使い方です。

姫花
アイブロウって工程が多い・・・。
姫子
でもアイブロウってやるだけでかなり垢ぬけるし、メイクしてる感でるからここは抑えておきたいわね・・・!

大丈夫。慣れたらササッとできるようになるわよ♪

迷ったらこれを参考にして!眉の形・太さの黄金比

眉

アイブロウはアイテムの使い方も大事ですが、形や太さも同じくらい重要です。

アイブロウを描くときの目安になるのは

  1. 眉頭(眉毛の始まりの部分)
  2. 眉山(眉毛の一番高い部分)
  3. 眉尻(眉毛の終わりの部分)

の3つのポイントです。

上の図のように

  1. 眉頭は小鼻のキワから目頭の間の位置で始まるように描く
  2. 眉山は黒目の外輪から目の際にかけて山のようになだらかに描く
  3. 目尻は小鼻と目尻を結んだ直線上に来るように描く

これらの3つのポイントを意識しながら描いていくと自然な仕上がりになります。

また、眉毛の太さは目の縦幅の半分~2/3程度に抑えるのが基本です。上記の図ですと眉の太さは目の約2/3になっていて少し太めの眉です。

今ご説明したアイブロウの書き方はあくまでも基本で、眉の形や太さなどはトレンドで変化します。

少し前までは太くて眉山のない平行眉が流行っていましたが、最近は少し細めでなだらかなカーブを描く基本のラインに近いナチュラルな眉が流行してきています。

トレンドを追いかけるのももちろんいいですが、自分の顔に合った眉というのがあると思いますので、どんな眉が自分に似合うのかを研究してみてくださいね!

姫花
こういうの意外と知らなかったかも・・・!

黄金比を意識して美眉を目指したいよね☆

初心者さんメイク第4ステップ♡アイメイク

アイメイク

 

お次は一番の盛りどころのアイメイクです!ここを重視している女の子は多いですよね☆

アイメイクの方法は人により様々ですが基本は

  1. アイシャドウ
  2. アイライン
  3. マスカラ

の順に行っていきます。

目は人の顔の印象を決める重要なパーツなので、バッチリメイクして可愛くなっちゃいましょう!

姫子
アイメイクはいくらでも盛れるし、もともとの目が小さくてもいくらでも大きく見せる事が出来るわ。
姫花
”整形メイク”とかって言葉もあるくらいだからね~

基本のアイメイクを抑えたら自分なりにどんどん研究していけば、今より断然可愛くなれるよね♡

姫子
さぁ、そんなアイメイクの第一ステップはアイシャドウよ。

早速見ていきましょう!

アイシャドウ

アイメイクの第一ステップはアイシャドウです。

アイシャドウは

  • 瞼に陰影を付ける事で顔を立体的に見せる
  • 目を大きく見せる
  • まぶたのくすみを隠す
  • カラーのアイシャドウを使うことでその日のファッションや雰囲気に合ったメイクにする

など役割が多い工程です。

アイシャドウの基本の塗り方は薄い色から濃い色へのグラデーションです。

セットになっているアイシャドウパレットを購入すると大抵相性の良いカラーが3~5色ほど入っており、そのカラーを使って瞼にグラデーションを作っていきます。

  1. アイホール全体にハイライトカラーを塗りまぶたのくすみを取る
  2. 瞼の際に濃い目の色味のメインカラー(締め色)を入れる
  3. 二重幅(一重の方はアイホールの半分くらい)まで中間色(メインカラーよりも薄い色)を入れグラデーションを作る

上記のような手順で瞼にグラデーションを作っていきます。

ムるときは指でハイライトカラー・中間色あたりなら指で塗れますが、メインカラーはアイシャドウチップで入れる事をオススメします。

ハイライトカラーは大体ホワイト・アイボリ・ベージュ・パール・ペールピンクなどの無難なカラーが多いですが、中間色とメインカラーはその日の気分や服装に合わせる事で統一感のあるメイクをすることができます。

姫花
アイシャドウっていろんな色が出てるからついつい買っちゃうんだよね~♡

アイシャドウのカラー選びってワクワクしちゃう♪

姫子
初心者さんはブラウンやベージュ、ゴールドとかベーシックなカラーが使いやすいと思うわ。

まずはそういったカラーから挑戦してみて。

慣れてきたら青やピンク、オレンジなどの色味を使うのも楽しいわよ♪

アイプチやアイテープはアイシャドウの後がベスト!

アジア人は一重の割合が多い人種です。

大きな目がもてはやされる現代では一重の人はアイプチやアイテープを使って二重メイクをする女性が多いです。

しかし、アイプチやアイテープをする場合順番を間違えるとアイプチやアイテープが汚く見えてしまったり取れやすくなってしまいます。

よくアイプチやアイテープの接着を良くするためにアイシャドウの前に二重にする人がいますが、実は逆です。

アイシャドウをしてからアイテープやアイプチをするのが正しい手順です。

アイプチ・アイテープを綺麗にするポイントはやったあと触りすぎないことです。

アイシャドウはどうしてもまぶたを触ってしまうので、アイプチ・アイテープの前にやるのがオススメです。

姫子
アイプチをするタイミングもだけど、自然に綺麗な二重メイクをするなら、二重幅を欲張らないことも大事よね。

あんまり幅広い二重にしようとするとノリが取れちゃうから注意してね。

アイライン

アイシャドウを終えたらアイラインを引いていきます。

アイラインは目を大きく見せることができるので、興味のある人も多いと思います。

アイラインの基本の引き方のポイントは

  • まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引く
  • 目のキワに引く
  • 目尻から約5mm~7mmほどはみ出すように引く
  • 引き終わりに綿棒やアイシャドウチップでぼかす

の4点です。

アイラインを引くときは目の大きさを大きく見せるのももちろんですが目を強調するためにまつ毛とまつ毛の間をアイライナーで塗りつぶします。

そうすることで目がくっきりとして目立つようになります。

続いて目の際に沿ってアイライナーでラインを引いて綿棒やアイシャドウチップでぼかしていき目の縦幅・横幅共に大きく見せます。

下まぶたのアイラインは目尻1/3を目安に際に引いて、上まぶた同様綿棒やアイシャドウチップでぼかします。

アイラインをぼかす際、アイシャドウのメインカラーを使ってぼかすと自然なグラデーションができるし、メイク崩れも防止できるのでオススメです。

姫子
アイラインを跳ね上げるとキャットアイでクールな感じに、逆に下げるとたれ目で愛らしい感じに仕上がるわよ。

そういった違いもアイラインの醍醐味ね♪

なりたいイメージ別アイライナーの種類

アイライナーには主に

  • リキッド(筆ペンのようなもの)
  • ペンシル(鉛筆の様な物)
  • ジェル(ジェル状のもの(※別途ブラシが必要になります)

の3タイプがあります。

私が初心者さんにオススメしたいのはペンシルタイプかリキッドタイプになります。ジェルタイプは別途ブラシが必要になるし扱いにくいと思うので今回は詳しくはご紹介しません。

ペンシルタイプは上記のような鉛筆みたいなアイライナーですが、この中では一番初心者向けかなと思います。チョンっと筆先がついただけでは着色しないので迷い迷いでもなんとか綺麗なラインを描くことができるのがおすすめポイントです。

その代わり筆先は太いので細いラインは引きにくいと思いますが、それが逆にふんわりとした風合いが出て誤魔化しが効きますし、失敗しても擦れば消えるものが多いので安心です。

一方リキッドアイライナーは筆ペンのような柔らかい筆のタイプで、ペンシルに比べると扱いは少し難しいかもしれません。

筆先が細いので細い線がかけますが、その分まっすぐラインを引くのが難しく、慣れていないと線がガタガタになってしまうかもしれません。

その代わりに色が濃く、上手く扱うことができればより目をクッキリと見せる事が出来ます。

姫子
アイラインって最初はまっすぐ引けなかったりキワに引けなかったりで難しいと思うけどすぐに慣れるわ。

頑張ってね!

なりたいイメージ別アイライナーのカラー

アイライナーは黒かブラウンが一般的で、黒であればクッキリと目を強調する感じで、ブラウンであれば黒に比べて少し優しい印象になります。

どちらを選ぶかは好みですが、初心者さんであれば肌なじみの良いブラウンの方が失敗は少ないかなと思います。

黒やブラウン以外にも青や赤のアイライナーもあり、トレンドや季節・イベントに合わせて変わった色のアイライナーを使ってみるのも楽しいですね!

 

マスカラ

アイメイク最後の工程は、まつ毛を長く濃く見せて目をぱっちりさせてくれるマスカラです。

マスカラは基本的に

  1. ビューラーでまつ毛をカールさせる
  2. マスカラを塗る
  3. ダマができた場合はコームで梳かす

の3ステップで行います。

まずマスカラを塗る前に上記のようなビューラーでまつ毛をカールさせます。

ビューラーを使用するときは瞼を挟まないように注意しながら、まつ毛の根元・中間・毛先の3箇所を挟みまつ毛をカールさせます。

あまり力強くやりすぎるとまつ毛が真上に折れてしまったり、まつ毛が傷む原因にもなりますので力加減がわかるまで少しづつ様子を見ながら使うのをオススメします。

ビューラーでまつ毛をカールさせたらいよいよマスカラを塗っていきます。

マスカラのブラシをボトルから引き抜いたらティッシュで余分な腋やダマを落とし、ブラシを目と平行にしてまつ毛の根元からコームの毛先とまつ毛を絡ませるようにして塗っていきます。

塗るときにブラシを左右に小刻みに揺らしながら付けるとマスカラの繊維がまつ毛に付き長いまつ毛を演出できますよ!

まぶたにマスカラがついてしまう場合は、顎を少し前に出し顔を少し上にあげて目線は斜め下、左手でまぶたを上に引き上げながら塗るとまぶたにマスカラが付きにくいです。

片目を塗ったら、次は逆の目にマスカラを塗り、薄いと思ったら2~3度重ねて塗るとまつ毛がボリュームアップしますが、重ね塗りするとだまになったり束になりやすいので最初は欲張らずに1度塗りの方が失敗は少ないかもしれません。

マスカラを塗り終えて束になってしまったりダマができていたらコームで梳かして整えます。

下まつ毛にマスカラを塗る場合は、マスカラのブラシを縦にもってちょんちょんと丁寧に塗っていきます。

下まぶたに付きやすいので注意してください。

慣れるまではまぶたについてしまったりするかもしれませんが、こちらも慣れです!慣れないうちは時間をかけて丁寧に塗りましょう!

姫子
マスカラの手順を省きたい場合は、まつ毛エクステもオススメよ!

1月に1度くらい手入れは必要だけど、マスカラが省かれるとかなり時短になるわ。

不器用さんはマツエクに頼っちゃうのもイイかも知れないわね。

初心者さんメイク第5ステップ ポイントメイク(チーク・リップ)

チーク

アイメイクが終わったらいよいよ仕上げです!

チークやリップなど女らしさを上げるポイントメイクを行います。

チーク

ほんのりピンクのほっぺは女の子らしくて可愛いですよね!

チークは血色がよい健康的な肌に見せるために重要なポイントですが、あまりコツいらずでできるので「アイメイクやアイブロウは難しくてできないな・・・」という人も是非チャレンジしてみてくださいね☆

チークを塗る部分はなりたいイメージにより変わりますが、一番ベーシックなのは笑った時に一番高くなる頬の部分に入れていきます。

丸く入れれば可愛らしい印象に、頬骨のあたりからこめかみにかけて引き上げて塗ると大人っぽい印象になります。

最近では目のすぐ下にチークを入れる事で泣いた後のような色っぽいメイクに仕上げることもあり、チークの塗り方にもトレンドがあります。

そんなチークには大きく分けてパウダータイプとクリームタイプに分かれます。

パウダータイプはふんわりと優しい仕上がりになり、クリームタイプはパウダータイプに比べて発色がよく艶っぽく仕上げることができます。

姫子
パウダーチークとクリームチーク、どちらを使うかは完全に好みね。

それぞれの使い方について少し紹介するわ!

パウダーチークの上手な使い方

パウダーチークはベースメイクの一番最後に塗ります。

付属の小さなブラシではなく大きめのブラシでふんわりと頬に乗せたほうが綺麗に塗ることができます。

ブラシにチークを取り余分な粉を落としたら、円を描くようにブラシを動かしてチークを入れます。

塗りすぎるとおてもやんのようになってしまうので加減しながら塗っていきましょう。

クリームチークの上手な使い方

クリームチークの場合はリキッドファンデーションを塗ったすぐ後、パウダーファンデーションを塗る前に塗ります。

クリームチークは指にチークを少量とり、ポンポンと叩くようにして頬に塗り広げていきましょう。

あとからパウダーファンデーションを塗る場合は少し濃いめに塗るのがポイントですが、パウダーに比べて発色が良いので塗りすぎには注意しましょう。

リップ

リップは本格的にやろうとするとリップライナーで輪郭を取り口紅を塗ってグロスで仕上げ・・・というような手順になりますが、正直そこまでやっている女性は少ないんじゃないかなと思います。

自分の肌の色に合った口紅を差さっと塗る程度で十分でしょう。

日本人の肌にはコーラルピンクやペールピンクなどの色味が合うと言われていますが、日本人でも肌の色は様々ですのでコスメカウンターに行ってお気に入りの口紅の色を探してみるのも良いかもしれませんね。

口紅をきれいに乗せるには唇の状態がモノを言います。

ガサガサの唇では鈍内優秀な口紅もきれいに乗りませんので、常日頃から唇の手入れをしておくことが大切です。

リップクリームやリップパックなどを使って唇が乾燥しないように気を付けましょう。

姫子
リップメイクは簡単に顔の印象を替えられるの。

同じメイクでもヌーディな色のリップを使うのと、鮮やかな赤リップを使うのでは印象が全然違うわ!

姫花
口紅1つでイメチェンできるなんて女の子ならではの楽しみだよね♪

まとめ

いかがでしたか?

かなり長くなってしまいましたが、最後まで見ていただいてありがとうございました!

これで基本はマスターできたと思いますので、あとは練習あるのみ!

女性は一生メイクをすることになると思うので、今は下手でもすぐになれるし、数か月後にはすごく上手になっていると思います♪

上手になってきたら、色々な流行りのメイクなんかにもチャレンジして女の子を楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。