清潔感のある瞳に♪充血や黄疸など白目の変化の種類と原因

白目 充血 出血

青白いくらいに真っ白な白目は清潔なイメージを与えますよね!

先日お話した黒目を大きく見せる方法についての記事でも”白目を白くする”ということを黒目がちな瞳に見せるコツだとお伝えしました。

では具体的に白目が白くなくなるとはどのような状況でしょうか?

”目の充血”だったり”目の黄ばみ”が挙げられるかと思います。

審美性だけではなく病気のサインだったりもする白目の変化。
今回はそれらの種類や原因について見ていきたいと思います。

白目の変化にはどのようなものがあるの?

白目の変化といっても充血や黄疸など他にも様々です。

いくらメイクやファッションがばっちりでも目は口ほどに物をいうといいます。

白目に異常があると「疲れてるのかな?」とか「体調悪い?」「あんまり寝てないのかな・・・?」「なんか清潔感ないなぁ」などと思われてしまいます。

そんなの嫌ですよね・・・。

まずは白目の異常の種類についてみていきたいと思います。

目の充血・出血

白目 充血 出血

白目の異常の中でも一般的な物ではないでしょうか?

私も目の充血は経験があります。

ここで区別しておかないといけないのは充血と出血の違いです。

充血は疲れ目などにより、白目の毛細血管が膨張して起こります。
これは多くの人が経験するかと思います。

白目から出血!?

そして、あまり聞かないかもしれませんが白目から出血することもあります。

くしゃみやせき、目への加圧、女性の場合は月経などによって、毛細血管が破れて白目がのっぺりと赤く染まります。(目の外に出てきたり目の内部に侵入することはないようです。)

出血した時は驚くかもしれませんが、基本的には2~3週間で血液は吸収されてなくなるようです。
ひどい場合は吸収に2~3か月掛かることもあります。

長期化した場合は眼科にかかることをおすすめします。

目の黄疸・濁り

白目 黄色 濁り

私たちの眼球の外側には”強膜”という膜が張っています。

若いころは強膜が薄く、眼球の真っ白な色が透けて見えているので眼球が真っ白なのですが、年を取ると強膜が分厚くなっていき白目が濁ったり黄味がかったりしてきます。

そのほかにも白目の黄疸は肝臓の疾患である可能性も考えられます。

肝臓は神経が通っていないため損傷を受けても気づきにくいのが特徴で”沈黙の臓器”とも呼ばれています。
肝臓疾患でわかりやすい症状が白目の黄疸です。

加齢による白目の黄ばみは黄ばみというよりも濁りという感じですが、肝臓疾患の場合は白目が鮮やかな黄色になるようです。

この見分けは素人でも付きやすいものであると言われていますので、目の黄ばみが鮮やかな黄味であった場合は内科に掛かるのがおすすめです。

白目にほくろができた!

白目 黄色 濁り

結膜母斑という症状であることが多いようです。

結膜母斑は紫外線や目の疲れ、目への刺激の影響でメラニン色素が集まってしまいできるもののようです。

基本的には視力などを落とすものでもなく、放っておいても大丈夫ですが、色素沈着が強すぎるものは緑内障という病気を併発させる恐れもあると言われています。

白目のほくろが大きくなってきてる気がするんだけど・・・。

基本的にそこまで心配する必要のないといわれている白目のほくろですが、大きくなるなどの変化が現れた場合は要注意です。

メラノーマという悪性黒色腫である可能性が出てきます。

視力低下や、視野のなかで見えない部分が出てきたり、飛蚊症等を併発して一緒に発見されることが多いようです。

悪性腫瘍ということであれば、ガンになりますので早めの眼科受診をおすすめします。

黄色いシミみたいなのができたんだけど?

今までは茶色いシミやほくろの様な物を見てきましたが、黄色のシミのようなものが出る場合もあります。

瞼裂斑(けんれつはん)という病気でコンタクトレンズを使用している人に多いようです。

白目への刺激により、角膜が部分的に分厚くなることで黄色く厚みのあるシミのようなものができます。

酷くなると、ゴミが入っている時のようなゴロゴロとした感覚が自覚症状としてあるので早めに眼科にかかることをおすすめします。

白目がぶよぶよになった!

白目 ぶよぶよ 水ぶくれ

これ私もすごく経験があります!
気持ち悪いですよね!

白目がゼリー状とか水ぶくれっぽく白目がぶよぶよしてくるんですよね!
これは結膜浮腫と呼ばれるもので、主にアレルギー性結膜炎を持ってる人が訴える症状です。

目を擦ったりすることで発症します。

初めてだとびっくりするかもしれませんが、少し目を冷やしてればすぐに治るので大丈夫です。

でも自分が何に対してアレルギー反応を起こしているのかわからないという場合には一度眼科にかかるのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり白目の変化は目の病気にかかわることが多く、悪化すると完治に時間がかかってしまうことが多いので、異常を感じたら眼科に掛かることをおすすめします。

審美性だけの問題ではなく、視力等にかかわりますので要チェックですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。