ダメ!絶対!過剰な洗顔が肌に与える4つのデメリット

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

スキンケアといえば”洗顔”が思いつきますよね!

洗顔は女性であっても男性であっても若くても年配でも、だれでもしていることではないでしょうか?

ニキビや肌荒れを起こしたときでも、洗顔の方法や洗顔料にフォーカスする人が多いのではないでしょうか?

肌荒れやニキビを治すうえで正しい洗顔をすることは重要です。
しかし”清潔にしないといけない”と思いすぎて洗顔をしすぎてしまっている人が多いように思います。

過剰な洗顔は肌本来の機能を奪ってしまいます。

今回はそんな過剰な洗顔が肌にあたえるデメリットをご紹介したいと思います。

つかってみんしゃいよか石鹸

過剰な洗顔が肌にあたえる4つのデメリット

肌の乾燥を招く

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

私たちのお肌の表面には私たちの皮脂や汗などで作られた皮脂膜という弱酸性の膜が張っています。

皮脂や汗というと肌荒れやニキビの原因になるのではないかと根こそぎ取ってしまいたくなるのはわかりますが、それはちょっと違うんです。

皮脂膜は嫌われがちですが、実は別名”天然の保湿クリーム”と呼ばれるほど保湿力に優れた優秀な物だったんです。
皮脂膜を過剰に洗い流すことでお肌のうるおいはどんどん失われていき、肌荒れが進行してしまうのです。

逆に皮脂が過剰分泌される

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

先ほど”洗顔をしすぎると肌が乾燥する”とお伝えしましたが、その乾燥が進むと人によっては、体が乾燥から肌を守ろうとして皮脂をどんどん出してきます。

皮脂が過剰に分泌されれば、ニキビの原因にもなり肌も荒れがちになりますよね。

そうなると皆さんは皮脂が出てくるのでさらに洗顔をするようになり、さらに肌が乾燥、さらに皮脂を分泌し肌荒れが進行する・・・。
負のスパイラルに陥ることになります。

肌のダメージにつながる

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

私たちのお肌は私たちが思う以上にデリケートです。

特に女性の顔の皮膚はとても薄く傷つきやすいのです。

洗顔をするとどんなに気を付けていても多少は肌をこすることになりますよね。
それが1日に何度もとなると肌へのダメージは大きなものに・・・。

ニキビを潰したり、角質を過剰にはぎ取ったりすることで肌はさらに薄く敏感になり、ニキビを潰すとニキビ跡の原因にもなりなかなかきれいな肌をGETできなくなります。

皮膚バリア機能が弱くなる

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

私たちの肌の上の皮脂膜には”皮膚常在菌”という菌が住んでいます。

菌というと悪いイメージですが、皮膚常在菌は悪さをするわけではなく(増殖すると悪さをすることがあります)皮脂膜の油分を餌として、肌を理想的な弱酸性に保ち外部の細菌が肌に入らないように守ってくれています。

洗いすぎにより皮脂膜が剥がれ落ちることで常在菌も一緒に流されてしまい、外部の細菌が肌に入ってきてしまって肌荒れの原因になります。

尚、皮膚常在菌は1度の洗顔で約90%程は洗い流されてしまうといわれていますが、元の状態に戻るには若い健康な人で12時間はかかるといわれています。

したがって、1日に何度も洗顔をして清潔にしすぎていると常に常在菌が肌の上にいない状態になり、お肌は弱くなり敏感肌や乾燥肌、さらにはアトピー性皮膚炎等を引き起こす原因ともなります。

正しい洗顔をしましょう!

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

肌荒れやニキビには”過剰な洗顔”ではなく”正しい洗顔”をすることが重要です。

簡潔にいえば(細かいこと抜きで!)洗顔時に気を付けて頂きたいのは以下の通りです!

・洗顔は1日2回まで

・擦らないで優しく

・洗顔は短時間で行うこと(洗顔料が顔に載っているのは30秒まで!)

・熱いお湯では洗わないこと

・洗顔後はすぐに保湿ケアを行うこと

この5つを守って洗顔を行うようにしましょう!

さらに詳しい美肌のための正しい洗顔法を知りたい人はこちら☆

まとめ

洗顔しすぎ デメリット ニキビ 肌荒れ 

いかがでしたでしょうか?

洗顔しすぎが招く肌へのデメリットをまとめてみました!

肌をきれいにしたくてやっていることだと思うので、それが原因で肌荒れを起こしてしまうというのはかなり悲しいものですよね!
そうならないためにも正しい知識を持ち美肌を目指しましょう☆

皆さまの肌が美しくなることを祈っております♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。