生理を制するものは美肌を制す?!生理周期それぞれのスキンケア法

生理中 肌荒れ ニキビ

生理前になると肌荒れが・・・。毎月毎月、もう嫌。。

女性って大変ですよね・・・。

そんな女性であるがゆえの肌荒れはその時期時期にあったスキンケアで防ぐことができるのはご存知ですか?

憂鬱な生理も体からいらないものが排出=デトックス!とポジティブに考えて、ホルモンバランスの不安定さを逆手に取って美肌をGETする方法をお伝えしますね!

生理中や生理前はなぜ肌荒れが起きるの?

生理 ニキビ 肌荒れ

生理前中後は2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンのバランスの変化により、肌の水分量、皮脂量が変化し、お肌の調子に差が出てくるのです。

エストロゲン
別名「美肌ホルモン」と呼ばれている物質で、女らしさをつかさどるホルモンです。

美肌効果やバストアップ、若々しさを保つなど素晴らしい物質です。

生理中から徐々に分泌され始めて、生理後に最大量分泌されます。

プロゲステロン
妊娠するための黄体ホルモンで、別名「ブスホルモン」・・・。

この物質は皮脂を分泌したりメラニンの生成を促し、水分をため込む作用などがあります。

排卵から生理前に分泌されるこの物質ですが、皮脂が分泌されることでニキビができてしまったりするのです。

メラニンの生成が活発になることでシミになりやすい、水分をため込む作用があるのでむくみやすいなど、悩ましいものです。

プロゲステロンという物質が肌荒れの原因だったんです。
ではこれから時期ごとに分けたスキンケアの注意点を書いていきますね!

生理前1週間

生理前 肌荒れ ニキビ

プロゲステロンの分泌量が増え、皮脂、メラニンの分泌が活発になる時期です。

 
ニキビやシミ、くすみなどのトラブルが起きやすくなります。

この時期は優しいスキンケアを心がけるのが吉です!

肌が荒れても、ピーリングなどは肌が敏感になっているのでNG。

新しい化粧品を使うのも避けるのがベターです。いつも使っている化粧水を使って保水ケアをしましょう。皮脂は出てるのであまりにクリームなどをたくさん塗るのは避けたほうがいいです。

手をかけるスキンケアはこの時期は刺激になるため控えたほうがいいので、スキンケア以外の方法で予防しましょう!

・油ものや肉は控えて野菜中心の食生活

・美肌ホルモンのエストロゲンと似た役割を担う、イソフラボンを摂取することを心がけましょう。イソフラボンは、豆腐、みそ、豆乳などに含まれます。

・22時~2時の間はしっかり寝る。

 

基本的なことのようですが、これにかぎります。
生理前は肌荒れに立ちむかわず逃げる方向性で考えましょう!

生理中

生理中 スキンケア 肌荒れ

生理中から徐々に美肌ホルモンのエストロゲンの分泌が増えますが、血行も悪くなっていてお肌はまだまだ不安定です。

この時期もまだ積極的にスキンケアを行うのは危険ですし効果的でありません。

でも汚れた血液が外に出ている期間なのでデトックス期と気楽に考えてストレスをためないように過ごしましょう。

生理中だからとシャワーだけですます人が多いと思うんですが、生理中ってできれば湯船につかって体を温めたほうがいいんです。

生理痛なども和らぎますし、浮腫み予防にもなるのでおすすめです。

生理後1週間

生理後 お肌 エストロゲン

美肌ホルモンエストロゲンの分泌量が多い時期に突入します。

肌の水分量が増えて、肌の調子がよくなります。
新しい化粧品を試したり、パックしたり、美顔器を使う、顔の毛の処理やエステなどはこの時期がおすすめです!

積極的なスキンケアで、お肌を「お疲れさま」といたわってあげる時期です!

まとめ

自分の体に合わせてあげることが大事ということですね。

生理前、生理中はスキンケアはほどほどに生活を見直し、生理後から積極的にスキンケアを行って、効率的にスキンケアをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。