ニキビやニキビ跡に効果的♡ピーリングでニキビが治るかも?

ピーリング ニキビ 副作用

ニキビができると早く治したくなって色々と試したくなりますよね!

人気のあるニキビ改善方法の1つがピーリングです。
非常に人気のあるスキンケアですよね。

でもピーリングもいろいろ種類があるみたいだし、悪化する可能性もあるって聞くし・・・。そもそも肌をはがすって怖くない?となかなか試す勇気が出ずピーリングに踏み切れない人もいるのではないでしょうか?

この記事ではピーリングについて詳しく記載していきます。

古い角質をピーリングでオフして、ニキビのないきれいなお肌を目指しましょう♡

ニキビに効果的!ピーリングについて


117144

そもそもニキビの原因って・・・?

ニキビの主な原因は大きく分けて2つあります。(もちろん細かく分類すればもっと多岐にわたります。)

それは「角質が毛穴に詰まること「肌バリアが弱くなり外部からの刺激に耐えられなくなること」 です。

なぜ古い角質が詰まってしまうのか?

それは「ターンオーバーが遅れ、古い角質が剥がれ落ちなくなるから」す。

通常は軽く洗顔するだけで古い角質は剥がれ落ちるはずなのですが、洗顔が不足していたり、脂っぽいメイクばかりしていたり、加齢などによって剥がれ落ちなくなってしまいます。

なぜ肌バリアが弱くなってしまうのか?

「ターンオーバーが早くなりすぎて、まだお肌を守ることができない未熟な細胞が表皮に出てきてしまうから」です。

過度なスキンケアにより、ターンオーバーが早過ぎることも肌荒れの原因になるのです。

ターンオーバーは早ければ早いほうがいいってものでもないんですよね。

ターンオーバーが早いと感じる方はこちら☆

さっきからターンオーバーって言葉多いけど、ターンオーバーとは?

ターンオーバーって美容のことを調べていたらよく見るけど実際なんなの?と疑問に思った人もいるかもしれません。

ターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のことです。

通常肌は14日間で細胞として成長し、そこから14日かけて角質へと変わり表皮に押し出されます。

因みに表皮にある角質というのは「死んだ細胞」です。
生きた細胞は肌に弾力や潤いを与え、死んだ細胞は表皮で肌を守って剥がれ落ちていくんです。

ターンオーバーが適切な間隔で行われていることが美肌のカギです。

ピーリングが有効なお肌の状態

ピーリング 効果 肌荒れ

ピーリングは角質をはがし、ターンオーバーを「早める」ことで肌をきれいにしようというものです。

なのでピーリングはターンオーバーが遅れている肌には有効だけど、ターンオーバーが早い肌には逆効果なんです。

ターンオーバーが遅いか早いかを自分で見分けるのはすこし難しいかもしれません。

自分の肌やご自身の肌への接し方を観察してみましょう。

以下の項目に当てはまるほど、ターンオーバーが遅い部類になります。
チェックしてみてくださいね☆

・洗顔をさぼることが多い

・メイクを落とさずに寝てしまうことが多い

・クリーム、リキッドファンデーションなどでこってりメイクをする。

・水洗顔をしていてニキビが酷い

・肌がざらざら、ごわごわしていて硬い

・肌のくすみがひどい

いかがですか?
ココから下はピーリングについて記載するのでターンオーバーが遅れている人のみどうぞ!

ピーリングの種類

ピーリングの種類は3つあります。

ケミカルピーリング

薬剤を使用して古い角質を溶かして取り除きます。

よく聞くAHAってなに?

ピーリング AHA

専門的なことって面倒だし嫌いなんですが、よく化粧品などに含まれている製品でもあるので知っておいたほうがいいかなと思います。

AHAとはα-ヒドロキシ酸の略称で植物や牛乳などに含まれている成分で、しわ取りや角質除去に効果的だといわれてます。

薬局などに売られているピーリングジェルやピーリング石鹸なんかには下記の成分が含まれています。

AHAの種類

☆リンゴ酸
りんごに含まれていてマイルドなので初めてピーリングをする人におすすめです。

☆クエン酸
レモンなど柑橘類に含まれていて、肌にやさしいのが特徴です。

☆乳酸
牛乳から中執される成分。角質をはがす効果がほかに比べて穏やかであるといわれています。

☆グリコール酸
サトウキビなどに含まれる成分です。皮脂の分泌を抑制してくれる効果があるようです。

 

ここまでは植物性の比較的やさしいピーリング剤のことについて書いています。

薬局等でもよく見かけると思います。
この下からはより強力なピーリング剤についてです。

これらはうまく使えば効果がわかりやすいですが、危険があり、ダウンタイムを伴うので整形外科などの美容クリニックでの治療に使われるのが主です。

BHAってなに?

ピーリング 

先ほど紹介したAHAと比べ、あまり聞きなれないものだと思います。

BHAとは脂溶性の有機化合物です。

酸化防止の目的で化粧品はもちろん食品添加物にも使われる、私たちにはすこし難しい物質なんです。

BHAの種類

★サリチル酸マクロゴール
角質だけでも作用することから、美容外科や皮膚科などで主流に用いられています。

★サリチル酸エタノール
浸透力に優れており、真皮まで作用するため、作用は強め。日本人の肌向けではないので注意です!

 

ピーリングの種類はこんな感じです。

ピーリングのことはわかったけど、いろいろよくわからない物質入ってるし、実際のところ副作用とか大丈夫なの?と心配になると思います。

これからピーリングの副作用について書いていきますね!

結局ピーリングには副作用はあるの?安全にピーリングを使うには

ピーリング やりすぎ 肌荒れ

言ってしまえばピーリングの副作用って「乾燥と肌荒れ」です。

えっ?!それってダメじゃん!

と思った人も少なくないと思いますが、そもそもピーリングって肌を溶かしたり削ったりするもので、一番上の角質だけをうまく取れればいいんですが、実際必要な部分まで除去してしまうんですよね。

そうすると乾燥もするし、肌バリア機能が低下してニキビができてしまったりするんです。

でもこれはやたらめったらにピーリングをやった場合のお話です。

初めの方に私が書いたように、「ピーリングをするべき人」が適切な頻度、方法でしていれば強い味方でいてくれます!

最後におさらいでどんな人がピーリングをすべき人なのかを記載しておきますね!

まとめ

ピーリングをすべき人

★加齢によって角質が溜まりやすくなってしまった人

★消極的スキンケア(水洗顔など)で角質が溜まっている人

★普段の洗顔では余分な皮脂や角質を落としきれない人

ピーリングをする目安になる症状

肌がくすんだり、ゴワゴワする
クマ、シワ、シミが気になる
毛穴が開いてしまっている
化粧ノリが悪い
化粧水が浸透しない

いかがでしたでしょうか?

ピーリングとうまく付き合って、肌荒れ改善できるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。