生理中のお悩み!生理中の便秘の原因と解消法

生理中 便秘 原因

生理中っていろんな悩みがつきものですよね・・・。

生理痛などもですし、そもそも血が出てるのがいや!蒸れるし!っていうのもあったり人によってほんと色々あると思います!

その中で悩んでいる人が多いのが便秘ですよね!

便秘になると、お肌が荒れたり、体重が増えて嫌な気持ちになったり、お腹が張って痛かったりと大変です!

このページでは生理中の便秘について記載します。

生理中の便秘の原因。一体なぜなの?!

生理中 便秘 原因

生理中の便秘の原因は様々です。

女性ホルモンの影響や、そもそもの生理中という状況が作り出していることもあります。

少し見ていきましょう。

①女性ホルモン「プロゲステロン」による影響

このプロゲステロンという物質は、妊娠に深いつながりを持つ女性ホルモンの一つです。

プロゲステロンは排卵後~生理まで分泌される物質なのですが、生理中もわずかながら分泌されています。

このプロゲステロンには、妊娠した時流産したりしないように子宮をきゅっと閉める作用や、腸内の水分を吸収する作用があるんですが、子宮がしまればお隣の臓器である大腸が影響を受けて働きが弱まり、便秘になったり、大腸内の水分が足りなくなって便秘になったりします。

②血が体外に排出されることで水分不足に陥っている

生理って、排卵後「赤ちゃんが来るかもしれないからベット作っといて!」って指令があってベットを作ったけど赤ちゃんが来なかった場合ベットがいらなくなるから、そのベットを子宮の壁からベリっとはがした時に出る血をベットと一緒に流している。って感じなんですよね。

だから妊娠したらベットに赤ちゃんが来たから生理来なくなるんですよ。

血が流れると体の中で新しい血を作ろうとするんですけど、それに水分が持っていかれて水分不足に陥った結果、腸にまで水が行かなくなって便が固くなり便秘になるといった流れです。

③食欲不振

生理中で気分が悪かったり、生理痛でしんどかったりすると食欲がなくなる人もいるかもしれません。
そういう場合はやはり、入るものが少ないとそれだけ便も出なくなります。

1ヵ月水とたまに塩飴のみで断食生活をしていた俳優の榎木孝明さんですが、食べていないので、1ヵ月に3回しか便が出なかったそうです。
驚きですよね!

食べることと排便することは結びついているんですね。

生理中の便秘の解消法

生理中 便秘 解消

①水分補給する

不足している水分を意識的に補給しましょう!

成人に必要な水分量は一日に2リットルとされています。

実際は食物にも水分は含まれているので、「水」という形で摂取するのはもうちょっと少ないかとは思うんですが、まぁ2リットルです。

生理中は普段より意識して水を飲むようにしましょう。
冷たいものを飲むと冷えるので、常温の水か、白湯を飲むようにしましょう!

②便秘に良い食べ物を摂取する

食物繊維の含まれるイモ類。(サツマイモや里芋など)

水分やオリゴ糖が含まれ水分をため込む作用のある果物(リンゴ、ばなな、プルーン、桃、キウイなど)

乳酸菌が含まれており、腸内の環境を整えてくれる乳製品や発酵食品(ヨーグルト、豆腐、味噌、納豆など)

食べることとと排便することは本当に密接にかかわっているので大切ですね!

③ホルモンバランスを整える

本来であれば便秘の原因になる女性ホルモン「プロゲステロン」は生理中から減少を始めるはずなのですが、プロゲステロンの影響を受け続けているところを見ると、少々ホルモンのバランスが崩れているのかな?という印象です。

ストレスをためないようにし、ホルモンバランスを整えることを意識しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は生理中の便秘についてみてきました!

裕綱生理ですが、それは私たちが赤ちゃんを産めるためのもので本来幸せなものなので、できるだけ快適に、そして自分の体を大切にしていきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。