美容に良い呼吸法♪呼吸するだけでメリットたくさん!鼻呼吸の方法

口呼吸 デメリット 鼻呼吸

あなたは息をするとき、口で呼吸していますか?鼻で呼吸していますか?

口で呼吸してるかなぁ~ってあなたは要注意!

普段の生活の中の何気ない一部分である呼吸。
人間が一日に何回呼吸をするかご存知ですか?

人は一日に28000回~30000回程呼吸をするいわれています。
綺麗になれる呼吸法があるとすれば、30000回も一日に呼吸すればすっごくきれいになれる気がしませんか?♡

たかが呼吸されど呼吸です!

この際、鼻呼吸ができるように矯正しちゃいましょう♪

えぞ式すーすー茶

口呼吸のデメリットとは?

口呼吸のデメリットは残念ながらたくさんあります。

・虫歯や歯肉炎、歯の黄ばみなどの原因になる
・口臭の原因になる
・出っ歯の原因になる
・ぽかんと口が開いてるので、おバカに見える
・唇はもちろん、体の水分が奪われて乾燥肌の原因になる
・風邪をひきやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなる
・口元の表情筋が緩みフェイスラインのたるみ、二重顎の原因になる
・睡眠時無呼吸症候群をも引き起こし、気づかぬうちに寝不足になり体調も悪くなり、肌荒れなどの原因にもなる

鼻呼吸のメリット♡

虫歯や歯周病などの口内の病気を防ぐことができる

鼻呼吸 メリット 効果

唾液には殺菌作用があります。口の中はそれでも菌がたくさんいるんです。

唾液が乾いてしまうと、口内の唾液が少なくなって口内の病気の原因になります。

鼻呼吸は口呼吸に比べて口の中が乾燥しにくいのでお口の病気から歯や歯茎を守ってくれます!

食べ物や飲み物による歯の黄ばみや口臭なども防いでくれる

鼻呼吸 メリット 効果

飲食することにより、そのものの色素が歯に付着するのですが、口中は常に唾液で湿っているので、汚れが固まることなくすぐに流れるようになっているんです。

口で呼吸しちゃうと汚れが固まってしまって取れなくなるし、唾液が乾燥すると口臭の原因にもなります。

鼻で呼吸することによって口の中の常に潤しておけます!

美肌効果

鼻呼吸 メリット 効果

鼻呼吸での呼吸は口呼吸に比べ酸素を取り込む量が多く、深い呼吸となります。

細胞の活性化には酸素は必要不可欠です。鼻呼吸の深い呼吸はお肌にも酸素をたくさん届けてくれて酸欠からくる、肌荒れを防ぎます。

また水分の蒸発が少なくなるので体を乾燥から守ってくれる効果もあります!

口元の表情筋を常に引き締めておけるのでリフトアップ、小顔効果、二重顎の予防になります

鼻呼吸 メリット 効果

口呼吸の人からすれば口を常に閉じておくって、結構しんどいと思うんです。

でもそれだけ口元の筋力が落ちているという証拠にもなります。

鼻呼吸を当たり前にすれば自然とフェイスラインはすっきりします。

浮腫み予防にもなります

鼻呼吸 メリット 効果

深呼吸をすると考えてみてください。深呼吸って鼻から呼吸しますよね。

実は口呼吸の呼吸は浅く、鼻呼吸の呼吸は深いのです。

深い呼吸を常に続けることで、体の節々まで酸素が行き渡り、リンパの流れなども良くなります。その結果浮腫みの予防にもつながります。

精神が安定しリラックスできる

鼻呼吸 メリット 効果

鼻呼吸は口呼吸に比べて深い呼吸ができるという特徴があります。

深い呼吸をするとリラックス効果が生まれます。

近年、美容、リラックス、健康に効果的と大人気のヨガも、呼吸は鼻呼吸というのが一番重要だそうです。

快眠にも効果的♡

鼻呼吸 メリット 効果

睡眠時無呼吸症候群の予防になり、寝ているときも正しい深い呼吸ができます。

そのため快眠を得ることができ、快眠を得ることができると美肌効果、健康促進、ダイエット効果なども見込めます。

アレルギー(花粉症など)や風邪予防

鼻呼吸 メリット 効果

鼻には粘膜があり、その粘膜が体に病原菌やアレルギー物質を体に入れないフィルターの役目を果たしています。

病原菌などが体に入ろうとしても鼻水をだして、体の外に追い出してもくれるので安心です♡

色々書きましたが、もう書ききれないほど鼻呼吸にはメリットがあります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

呼吸って人間が生きていくのに絶対に必要なもので生まれてから死ぬまで一番することだと思うんです。
だからこそ、呼吸を美容と健康の味方につけてしまえばいいことだらけですよ♪

もし鼻が詰まってて苦しくて口呼吸になっている!という人がいれば耳鼻科に行くのをお勧めします!

意識すればだれでもできることなのでもったいないですよ♡

キレイになれる鼻呼吸♪でも慣れないと苦しい・・・。そんな悩みに鼻呼吸トレーニング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。