お肌のゴールデンタイムは22時~2時!そんなの理想論!忙しい現代人でもできる睡眠法

眠る女性

昔から夜の22時~2時まではゴールデンタイム、シンデレラタイムだから美肌効果やダイエット効果を目指すならこの時間は寝るべきとの誰もが知ってる美容常識がありますよね。

でも22時って!この時間までに帰宅して、ご飯食べて、お風呂入ってベットに入ることなんてできますか?

私はできませんでした!

21時くらいに仕事が終わり1時間かけて帰宅。この時点でもう22時ですよね。それからご飯食べて30分、お風呂やスキンケア諸々で45分・・・。あっという間に23時過ぎです。
これに加えて家事をやらないといけない!という人もいるんではないでしょうか?

自分の時間を何も過ごさなくてもこの時間ですよね・・・・。

仕事から疲れて帰ってきたら、取りだめしてたテレビ番組やDVD見たり、友達や恋人と電話したり、雑誌読んだりしたいですよね。でもそんなことしてたらあっという間に12時を回ってしまいます!

でもこの22時~2時までという時間の縛りがなくてもシンデレラタイムは存在すると最近は言われているんです。
このページでは美容と睡眠について見ていきたいと思います。

そもそもお肌のゴールデンタイムって?根拠あるの?

22時~2時は「お肌のゴールデンタイム」とは良く言ったものですが、何をもって22時~2時は「お肌のゴールデンタイム」と言われているんでしょうか?

皆さんは詳しくご存知ですか?

お肌のゴールデンタイム=成長ホルモンが活発に分泌される時間

美肌

それは肌の修復やターンオーバーの促進をつかさどる”成長ホルモン”が22時~深夜2時の間に最も多く分泌されると言われていたためです。

これがお肌のゴールデンタイムの根拠です。

あと、昔は暗くなる=寝る

あとはね。

昔は24時間営業の店もないし、仕事も夕方には終わって家に帰ってたし、やることもそんなにないから(娯楽的な意味で)早く寝てたんですよね。

だから22時くらいには寝るべき!みたいな風習が広まったんです。

だがしかし!成長ホルモンが22時~2時に活発に分泌される説は間違いだったらしい

驚き

近頃の研究で”成長ホルモンが22時~2時に活発に分泌される説”が間違いであるという説が浮上しました。

今まで”お肌のゴールデンタイムは22時~2時説”を信じ美肌のために早寝を頑張ってきたのになんてことだ!!!って感じですよね~

では成長ホルモンはいつ分泌されるんでしょうか?

成長ホルモンが活発に分泌されるのは入眠後3時間

現在の研究では成長ホルモン分泌の活発化は眠りについた時から3時間後に起きるといわれています。

また成長ホルモンの分泌はノンレム睡眠(深い睡眠)のときに行われやすいといいます。

実際は、自分のタイミングで眠りについた時から3時間後に熟睡できているか?がポイントのようです。
本当に大切なのは、ゴールデンタイムに寝ることでも、とにかくいっぱい寝ることでもなく質のいい睡眠がとれているかです。

なのでいつ寝てもいいから寝始めから3時間後に熟睡できるために寝る前に何をするか!が一番重要なんですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分のタイミングで寝ていいならそれぞれのライフスタイルのある現代人でも無理なく実施できますよね!

では次のページで質のいい睡眠をとるためにはどうすればよいかを見ていきたいと思います。

美肌には睡眠が不可欠!自分で作る美容のためのシンデレラタイム♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。