根深い悩みオイリー肌。その原因とスキンケア方法。オイリー肌改善を目指しましょう☆

オイリー肌 脂性肌 改善

思春期~大人まで幅広い年代を悩ませる脂性肌(オイリー肌)。

脂を取らないといけないと思ったら、脂を取りすぎて余計に脂ぎってしまった・・・。など、スキンケアの塩梅が難しい、根深い悩みだと思います。

ここではオイリー肌の原因、スキンケア、改善法についてみていきたいと思います!

オイリー肌って?原因は?

オイリー肌はその名の通り、皮脂の分泌が多い肌質のことです。

テカテカとしていて化粧崩れなどもしやすいし、多く分泌された皮脂が毛穴に詰まってニキビに発展することも多く、オイリー肌の人でニキビに悩んでいる人は多いと思います。

オイリー肌の原因

オイリー肌 脂性肌 ケア

ストレスや生活習慣の乱れによる皮脂の過剰分泌

なぜオイリー肌になるかというと、ほとんどがストレスや生活習慣の乱れからくる男性ホルモンの過剰分泌です。

男性ホルモンは皮脂を分泌させる作用が強いのです。
もしオイリー肌とともに、日々のストレスや、生理不順、髭が生えたり、脱毛症などの症状がある人なんかは、ほぼ男性ホルモンの過剰分泌を疑ってよいと思います。

以前、女性のお肌とストレスの関係性について見てきましたので「男性ホルモン」や「ストレス」のワードが気になった方は下記の記事を読んでみてください。
ストレスで肌荒れ・・・。難しいストレスと肌荒れの関係。うまく付き合う方法!

間違ったスキンケアによる、皮脂過剰分泌

「私はオイリー肌だから脂を落とさなきゃ!」とスキンケアを頑張りすぎた結果、肌が「脂が足りないからもっと出さなきゃ!!」と脂をどんどん分泌するという、あなたとお肌の防衛本能がいたちごっこしている状態です。

これを俗に「オイリードライ肌」といいます。オイリードライってどっちなんだよっ!って思うかもしれませんが、こんなややこしい肌質もあるんです・・・。

食生活

あとは原因として「食生活」があげられるかと思います、毛穴は肌を外界から保護するために皮脂を出しますが、それとともに、体内のいらない油脂を外に出すこともします。
そこで脂っぽいものばかり食べていると、体の中にいらない油脂がたくさんたまって、それを毛穴が排出してオイリー肌になるケースです。

オイリー肌の原因をまとめると

・ストレスや生活習慣による男性ホルモンの過剰分泌

・間違ったスキンケアでオイリードライ肌になっている

・食生活の問題

この3点が考えられます。

改善方法

オイリー肌 スキンケア 脂性肌

ストレス等による男性ホルモンの過剰分泌

ストレスをなくすというのは生きている限り不可能なので、ストレスがかかりながらもそれに負けない心と体づくりを心がけます。

ストレスにより男性ホルモンが過剰分泌されるのは、ストレスを受けることにより交感神経が優勢になることが原因です。
そう考えると、交感神経の刺激により男性ホルモンが分泌されるなら、副交感神経を刺激してあげればいいのです。

副交感神経を刺激するには以下の行動が効果的です!

・良く寝ること。睡眠時は一日の中で副交感神経が最も優勢になる時間帯です。

・38~40度ほどのぬるいお風呂に浸かる。42度ほどの高い温度のお風呂だと交感神経を刺激することになってしまいますので注意です!

・軽い運動をする。ウォーキングがおすすめです!あまり無理せず心地よい運動が効果的です。

・これは意外ですが、軽い飲酒は副交感神経を優位にするのに効果的です。晩酌に少しだけ・・・。というのは効果的ですね。がぶ飲みはやめてくださいね・・・。

・タバコは吸わないほうがいいです。

これらの行動を心がけて、副交感神経を刺激して男性ホルモンの分泌を抑えましょう!

過剰なスキンケアによるオイリー肌

脂性肌 オイリー肌

気になる皮脂ですが、もしかして肌から完全に脂を取り除こうとしていませんか?

人間のお肌って外界の刺激から肌を守ったり、肌の水分を蒸発させないようにするために、皮脂が出るのは普通です。

気にしすぎて一日に何度も洗顔したり、脂取り紙で脂取ったりしていませんか?

もし心当たりがあるなら、皮脂の取りすぎで皮脂過剰になっているのかもしれません。
お肌はあなたのお肌を守ろうと必死で皮脂を出しているのかもしれませんよ!

最初は「脂取り紙がないと脂が・・・。」って思うかもしれませんが、お肌に「もう皮脂ださなくていいんだよ~」って教えてあげましょう!

オイリー肌さんのスキンケア

脂性肌 オイリー肌 お手入れ

オイリー肌さんのスキンケアは「脂取り過ぎない」「優しく」「保水はしっかり」の3つです!

脂を取りすぎると肌が「脂がない!」と勘違いを起こしてしまうので脂は取りすぎてはいけません。
洗顔もゴシゴシするのではなく、優しく撫でるように洗顔します。

肌の水分が少なくても、少ない水分を守ろうと皮脂が過剰に出る原因になりますので、保湿をしっかりしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか根深い悩みですが、これを機にあなたの肌に変化が起きればいいなと思っています。

気になる皮脂をあまりとらないようにするとなると初めは抵抗あると思うんですが、ちょっと頑張ってみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。