ニキビは跡を残さないが鉄則!ニキビ跡を残さない3つの方法

ニキビ跡 にきび ニキビ跡残さない

ニキビができるとついつい気になって触ってしまいますよね!

早く治したくて潰しちゃったりとか、誰しも経験があると思います!

でも、ニキビが治ってもニキビ跡になっちゃってたら台無しだと思いませんか?
きっとニキビが治るよりもニキビ跡が治るまでの間のほうが時間がかかるし、ニキビ跡になると消すのに治療費が必要になってくる場合も!

ニキビは早く治すより、跡を残さないにつきます!
今回の記事ではニキビができても跡を残さない方法についてお伝えします☆

ニキビ跡の原因

ニキビ跡 原因 ニキビ跡を残さない方法

ニキビ跡を作らないようにするにはまずニキビ跡の原因を簡単に知っておきましょう!

肌細胞の損傷によるニキビ跡

肌細胞が傷つくと、その部分を守ろうと、毛細血管が集中します。
これが原因でニキビができていたところの周辺が赤く見えるのです。

傷が浅ければすぐに消えますが、深いとなかなか治らず内出血などしてしまうと、そのまま血液中のヘモグロビン(赤い色素を持っている成分です。)が変色し紫色になって残ってしまう可能性もあります。

メラニンによるニキビ跡

ニキビはアクネ菌によるお肌の炎症ですが、私たちのお肌はアクネ菌からお肌を守ろうと攻撃します。
しかし、お肌を守ろうとする攻撃をしているつもりが、アクネ菌のいる周りの細胞まで攻撃してしまうのです。

そうするとお肌の奥のメラノサイトがお肌の細胞を守るためにたくさんのメラニンを出します。

そうすると茶色い色のシミのようなニキビ跡ができてしまいます。

真皮破壊によるニキビ跡

酷いニキビや、ニキビを触りすぎてしまった場合などに、お肌の表皮だけじゃなく、真皮まで傷ついてしまい回復しきれずにお肌に穴が開いてしまいます。

俗にいうクレーターというもので、治すのは非常に難しく時間もお金もかかってしまうニキビ跡です。

ニキビ跡を残さないようにするには?

ニキビ跡を残さない方法 ニキビ跡 ニキビ潰す

触らない。潰さない

ニキビができると気になって触りたくなりますが、消して触ってはいけません。

触って潰してしまうと血が出たりして傷を深めることになりますし、手は雑菌がいているので炎症も余計に悪化します。

私の経験上、大抵のニキビは1週間ほどで収まってきます。
変に触ることで、結果的に治りが遅くなってしまうこともあるので、触るのは絶対にやめましょう。

これが一番きれいに早く治るコツです。

厚塗りメイクしない

メイクは油分も含んでおり、油分はアクネ菌の大好物!

隠したい気持ちはものすごくわかりますが、リキッドファンデーションやコンシーラーで厚塗りするのはやめましょう。
治りが遅くなるし、何度も患部を触ることになるので刺激にもなります。

ニキビやニキビ跡を永遠に隠し続けるというのは絶対避けたいと思うので、少し我慢して薄めのメイクで頑張りましょう!
人間なんだからニキビくらいできるわよ!くらいの気持ちでね!

日焼けしない

紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンがたくさん生産されます。

メラニンはニキビ跡の原因になるので日焼けは大敵です!

傷が治りかけているときこそ日焼けしないように努めましょう!

まとめ

ニキビ跡 にきび跡残らない方法 ニキビ跡

いかがでしたでしょうか?

ニキビは潰さなくても、規則正しい食生活と、睡眠をきちんととっていれば思春期や時期的なものであっても治癒します。

焦らずにそっとしておくことがきれいに治る秘訣です!

今あるニキビを早く治そうとするよりも、次のニキビを作らないようにすることとニキビ跡を作らないことに着目しましょうね!

すでにニキビ跡ができてしまったという人はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。