ミネラルファンデーションの使い方はご存知?お肌に優しい美肌メイク術を伝授します♡

姫花
ねぇねぇ姫子~

この間、おすすめのミネラルファンデーション教えてくれたじゃない?

姫子
ええ、それで、どう?

ミネラルファンデに変える気になった?

姫花
う~ん。それがねぇ

ミネラルファンデーションに変えようと思ったんだけど、ミネラルファンデって使い方にクセがあるっていうじゃない?

姫花、お化粧そんなに上手じゃないから、ミネラルファンデを買ってもうまく使いこなせるか心配なの・・・。

姫子
なるほど・・・確かにパウダータイプのミネラルファンデーションは綺麗に仕上げるのに少しコツがいるかもしれないわね!

わかったわ!

じゃぁ今日は”パウダーミネラルファンデーションの使い方”を教えてあげる!

姫花
ありがとう姫子!!

買っても上手く使いこなせないとお金の無駄になっちゃうからね!

しっかり学ばせて頂きます♡

姫子
パウダータイプのミネラルファンデーションにありがちなトラブルの対処法なんかもきちんと紹介するからね!

ミネラルファンデーションを使って美肌メイクしたいって女性は必見よ♪

ミネラルファンデーションの使い方はご存知?パウダーミネラルファンデを使った美肌術伝授しちゃいます♡

お肌に優しくて、アトピー・トラブル肌でも使えるミネラルファンデーションは、美肌を目指す女性の強い味方ですよね♪

肌に優しい以外にも

  • サラサラで軽い付け心地
  • ナチュラルな仕上がり
  • クレンジングが不要
  • 時短メイクになる

などミネラルファンデ―ションにはたくさんの魅力があります。

しかし、その反面初めてミネラルファンデを使った人からは「ミネラルファンデ―ションは使いにくい!」といった声が上がっているのも事実です。

確かに、私も初めてミネラルファンデーションを使った時は、他のファンデーションとの違いに少し戸惑った記憶があります。

というわけで、今回の記事では

「これからミネラルファンデを買おうと思ってるけど、上手く使えるか心配・・・。」

「ミネラルファンデを使っているけど、イマイチ綺麗に仕上がらない・・・」

というようにお悩みの方のために、パウダータイプのミネラルファンデ―ションの使い方・綺麗に仕上げるコツなどをご紹介します!!

姫子
ミネラルファンデーションをうまく使いこなして、素肌美をはぐくみながらも美肌メイクしちゃいましょ♡

ミネラルファンデーションの基本の使い方の3ポイント

まずは、パウダーミネラルファンデーションの基本の使い方を理解しましょう!!

リキッドファンデーションなどの一般的なモノとは少し違うところもあるので、しっかりマスターしてくださいね☆

ミネラルファンデの基本の使い方その① スキンケア後は十分に馴染ませるorティッシュオフで肌をサラサラに!

ミネラルファンデーションは基本的に、下地などは使わずスキンケアを終えたお肌に直接ミネラルファンデーションを乗せます。

その際、スキンケア時の水分や油分が肌に残っていてベタベタしている状態ではミネラルファンデーションが上手く乗りません。

「え!パウダーなら肌がしっとり、少しベタっとしてるほうが乗りやすいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが

ミネラルファンデーションは肌に水分・油分が残らないサラサラな状態で乗せるのが本当に正しい使い方です。

スキンケア後1時間以上空けてメイクをするようにしたり、それがかなわない場合はスキンケア後ティッシュオフするのも良いでしょう。

姫子
肌に水分・油分がたくさん残っている状態でミネラルファンデを肌に乗せちゃうと、1つの部分に重なってファンデがついてしまってきれいに仕上がらないのよ。

ミネラルファンデの基本の使い方その② パウダーブラシorパフに適量のミネラルファンデーションを含ませる

スキンケアを終えたら、いよいよミネラルファンデーションを肌に乗せていきます。

ミネラルファンデの蓋や付属のお皿にミネラルファンデーションを耳かき1さじ分程乗せ、お皿の上でブラシをクルクルしてパウダーブラシにミネラルファンデのお粉を含ませます。

因みに、ミネラルファンデはブラシで使う場合とパフを使う場合もありますが、個人的にはブラシの方が綺麗に仕上がると感じております。

ブラシの質感が苦手な方、刺激を感じてしまう方はパフでも大丈夫です。

しかし、パフはファンデが重なって付きやすいので、パウダーをパフに取ったらしっかり余分なお粉を落として、パフをこすり合わせてしっかり馴染ませるようにしてくださいね!!

姫子
ミネラルファンデは薄付きにしてそれを何度か重ねるようにして付けていくのが基本なの!

ミネラルファンデーションの1回につける量は耳かき1さじ分が目安よ。

パフの場合は、パフを容器に重ねてさっと容器をひっくり返すと適量のパウダーが出るようになっているわ!

姫花
そうなんだ!

一度にたくさん付けちゃダメなんだねぇ~

でもさぁ、素肌にブラシでファンデを付けてチクチクしたりしないの?

姫子
もちろん、物によってはチクチクしてしまうブラシはあるわ。

でもレイチェルワインのメイクブラシは本当に肌触りが良くて、全然チクチクしないわよ!

ミネラルファンデの基本の使い方その③ ファンデ―ションを乗せる

ブラシでファンデーションを乗せていきます。

この付け方が、ミネラルファンデーションは結構癖がありますので、正しい使い方を知らないと綺麗に仕上がりませんが、慣れれば凄く簡単で時短メイクにもなるのでしっかりマスターしてくださいね☆

~基本のミネラルファンデの乗せ方~

  1. ブラシに含ませたミネラルファンデを頬・鼻筋・額にトントンと乗せる
  2. クルクルと優しく円を描きながら、ミネラルファンデを肌となじませる

ミネラルファンデーションの基本の乗せ方はたったこれだけの手順です。

これをお好みのメイク感に合わせて繰り返せばいいだけです!

ナチュラルメイクが良いという方だと2~3回程、しっかりメイクをしたい方は5~6回ほど繰り返します。

ミネラルファンデーションは重ねてもあまりヨレることがないので、少量ずつ重ね付けをするようにしましょう。

パフをお使いの方は、パフで毛穴を埋め込むようにトントントンと軽く叩き込んでいく感覚でファンデーションを乗せてください。

パフはブラシで塗るよりも厚塗りになりやすいので付けすぎに注意してくださいね☆

姫子
とにかくミネラルファンデは薄付けを重ね塗りが綺麗に仕上げるコツよ!!

たくさんカバーするところがある場合は時間がかかっちゃうけど、それだけ綺麗に仕上がるわ♪

脱☆毛穴落ち(浮き)!皮脂崩れ!乾燥!カバー力不足!悩み別のミネラルファンデ―ションの使い方

今まではミネラルファンデーションの基本の使い方を見てきました。

基本の使い方で満足行く人はそれでよいのですが、人によっては毛穴が気になる方、乾燥がひどい方、皮脂が多い方、カバー力がもっと欲しい方などお悩みがあるかもしれません。

また、ミネラルファンデーションは粉のみなので薄塗なら素肌感が出て、濃いめに塗るとマットな仕上がりですが、艶肌に仕上げたい人もいるでしょう。

ミネラルファンデーションはお粉のみと使うアイテム数が少ないので、応用が利きにくく、それがミネラルファンデーションをイマイチだと感じる人がいる理由かもしれません。

というわけで、今からは、ミネラルファンデを使用した際のお悩み別に解決策をご紹介していきたいと思います☆

・毛穴・皮脂崩れが気になる人はこちら

・乾燥・粉っぽさが気になる人はこちら

・カバー力不足が気になる人はこちら

姫子
ミネラルファンデーションは+αすることで、応用もバッチリ利くファンデなのよ!!

ミネラルファンデを使っててお悩みがある人は参考にしてね!

 

毛穴落ち・浮きが気になるor皮脂崩れが気になるアナタ⇒下地を少し使いましょう!

ミネラルファンデーションのよくあるお悩みとして、メイク後時間が経つと毛穴にファンデーションが落ちてしまったり、毛穴が浮いてきたりして、余計に毛穴が目立ってしまうことがあります。

特に鼻・鼻横目の下の頬・おでこ・唇の下の部分などに多い悩みで、肌がボコボコとしてしまい見た目に綺麗じゃないですよね・・・。

また、皮脂の多いTゾーンの皮脂崩れなどもミネラルファンデの代表的なお悩みです。

そのような悩みには、気になる部分のみ下地を塗ることで対応しましょう!!

顔全体に乗せてしまうと、できるだけ肌の上に化粧品を乗せないというミネラルファンデーションの良さがなくなってしまうので、気になる部分だけ薄塗りでOKです。

下地を塗ることで毛穴落ちや浮き・皮脂崩れは格段に目立たなくなります。

姫子
UVカット機能もUPするのが下地とミネラルファンデ併用のメリットでもあるわよね♪

石鹸でOFFできる下地を使うのがポイント!

ミネラルファンデーションのメリットとして大きいのが、クレンジングを使わず石鹸で落とせるという点ですよね。

でも、下地でクレンジングが必要な物を使ってしまうと、せっかくミネラルファンデーションを使っているのにクレンジングをしないといけなくなってしまいます。

それでは、ミネラルファンデを使うメリットが台無しです!!

そうならないためにも、下地もナチュラルな石鹸でオフできるタイプの物を使用しましょう。

姫子
ミネラルファンデの下に下地を使うのは賛否両論よね!!
姫花
確かに!!

余計な物を肌に乗せたくないからミネラルファンデを使っているのに、下地を乗せちゃうってどうなの?ってちょっと思う~

姫子
でも逆に言えば、肌に何も乗せない以前に肌をきれいに魅せるためにファンデを塗るのに、仕上がりに満足出来ないのはどうなの?

それだったら、気になるところにだけでも肌に優しい下地を塗るのが一番いいんじゃないかしら?

オススメの石鹸で落とせる化粧下地

石鹸で落とせて、ミネラルファンデの下に使っても綺麗に仕上がる化粧下地をご紹介します☆

24hコスメはミネラルファンデーションも出しているメーカーです。

この下地はクレンジング不要なのもうれしいポイントなのですが、合成界面活性剤やポリマー、防腐剤など肌に悪いものは除いて作られています。

下地自体はさらさらとしたリキッドで、薄い肌色なので毛穴を目立たなくさせるほかにカバー力UPも見込めます。

また付け心地もサラサラなので、ミネラルファンデが重なって付かず綺麗に仕上がります。

肌のくすみなどは気にならないけど、毛穴や皮脂崩れ、カバー力がもう少し欲しい人にはオススメの化粧下地です☆

ナチュラグラッセの下地もまた、石鹸でオフができます。

コントロールカラーとして使用できるので、毛穴+肌のくすみや赤味などが気になる人にはオススメです。

日焼け止めとしての効果も高く、皮脂崩れの防止効果も優秀なので、ミネラルファンデの弱いところを補ってくれる下地です。

また、塗った感じもべたつかずにさらっとしているので、ミネラルファンデを邪魔しません。

ただし、合成界面活性剤(乳化剤)と防腐剤が少し入っているので、その点は注意してください。

より肌への優しさを求めるのなら、気になるところだけの部分使いがオススメです。

姫子
石鹸で落とせる化粧下地を使えば

肌に優しい・クレンジング不要っていうミネラルファンデのメリットも仕上がりが綺麗っていう下地のメリットも、どっちも取ることができるわね♪

 

乾燥が気になるorミネラルファンデの粉っぽさが嫌いなアナタ⇒オイルインミスト併用で艶肌に♪

パウダーミネラルファンデのデメリットとして、お粉のみなので乾燥が気になるというのもありますよね・・・!

乾燥して粉をふいている様になると、厚塗りしているようにも見えてしまうので、せっかくのナチュラル志向のミネラルファンデが台無しです・・・。

ミネラルファンデは乾燥が気になる!というアナタは仕上げにオイルインミストを併用することをオススメします☆

姫花
オイルインミストって何~?

オイルインミストって何?

オイルインミストは別名フィックスミストといって、メイクの後に使う化粧水の事です。

オイルが少し入っているものは、粉っぽく乾燥したお肌に潤いを与えて艶っぽさを出してくれます。

私はこちらの商品を愛用していますが、こちらの商品はスプレーの霧が細かくて、ムラにならず綺麗に付きます。

お値段もお手ごろなのでオススメです。

こちらの商品は持ち運び用に使用しています。

霧の細かさは先ほどご紹介したものの方が細かいのですが、ボトルが大きいのでかさばります。

その点こちらのミストは小さいので、持ち運びに便利です。

いずれも、使用すると乾燥知らずで、マットな質感のミネラルファンデが艶肌仕上げに、メイク崩れもしにくくなって良いことづくめですよ☆

姫子
オイルインミストを使うときのポイントはね、顔からできるだけ離して吹きかけることと吹きかけた後乾くまで触らないことよ。

特に触っちゃうとヨレの原因になるから気を付けてね!

 

カバー力不足が気になるアナタ⇒気になる部分だけコンシーラーを使いましょう!

カバー力のなさもまたミネラルファンデの弱いところの1つですよね!!

もともと、シミやニキビ跡などの悩みがない人なら問題かもしれませんが、肌悩みがある人に取っては深刻なデメリットです。

各いう私も長年ニキビに悩んでいてニキビ跡がたくさんありますので、カバー力は求めるタイプの人間ですが、コンシーラーを併用することで、カバー力にはそれなりに満足しています。

ミネラルファンデーションを乗せる前に、コンシーラーを気になるところにだけ軽く馴染ませておけば綺麗に隠れてくれますよ☆

姫子
あくまでも軽く隠すだけでOKよ!

ミネラルファンデーションって思ったよりもカバー力あるから、薄いシミやそばかす程度ならわざわざコンシーラー使う必要はないかもしれないわ。

コンシーラーは石鹸で落ちる物を使用しましょう!

先ほどご紹介した下地同様、コンシーラーもクレンジングが不要な物があります。

下地などに比べると数は少ないですが、存在はするのでミネラルファンデの良さを壊さないためにも、そういうモノを選んでいきましょうね!!

石鹸で落とせるオススメのコンシーラー

ミネラルファンデの良さを潰さない、石鹸で落とせるコンシーラーをご紹介します。

 

ミネラルファンデーションも出しているエトヴォスから出ているコンシーラーです。

 

石鹸でちゃんと落ちるコンシーラーで、合成界面活性剤や防腐剤はフリーでお肌にも優しいのがこのコンシーラーの魅力。

 

カバー力の方はやや弱めですが、普通のシミやニキビ跡くらいならちゃんと隠れますし、その薄付き加減がかえって肌をきれいに見せてくれます。

お値段も安いのに容量も多くたっぷり使えてお得です。

こちらもミネラルファンデーションを作っている24hコスメのコンシーラーです。

合成界面活性剤・ポリマー・防腐剤など肌に悪いと言われている成分は入っておらず、肌に優しいコンシーラーです。

2色のコンシーラーが入っており、濃いシミから薄いソバカスまで対応できるのが嬉しい商品です。

カバー力は先ほど紹介したエトヴォスの物よりかはかなり強めで、しっかり隠したい人におすすめです。

姫子
肌への優しさも叶えつつ、満足の行くカバー力も手に入れましょ☆

まとめ

いかがでしたか?

ミネラルファンデーションの基本の使い方+悩み別の応用編までご紹介しました!!

問題も多いですが、それだけの魅力も兼ね備えるミネラルファンデーション。

うまく付き合って、健康なお肌をGETしましょうね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。