おすすめのミネラルファンデーション3選☆~ミネラルファンデ選び方・成分など~

ファンデ―ション
姫花
う~~ん···。

悩むなぁ・・・どうしようかなぁ・・・

姫子
姫花どうしたの?難しそうな顔して〜
姫花

あ、姫子!

実はね、姫花もお肌の曲がり角を迎えるわけだし、そろそろ肌に優しいミネラルファンデーションに変えようかなって思ってるの。

でも中には全然お肌に優しくない”なんちゃってミネラルファンデーション”もあるらしいし、選び方が難しくて悩んじゃうの。

姫子

なるほどねぇ。

確かに、ミネラルファンデーションは選び方が難しいわ!

肌への優しさはもちろん”カバー力・肌なじみの良さ・崩れにくさ”とか、機能性もできるだけ欲しいしね。

姫花

そうなの〜

姫花、化粧品のことについてそんなに知識ないし・・・悩んじゃう・・・。

姫子

しょうがないわね!

じゃぁ今日は、良いミネラルファンデーションの選び方オススメのミネラルファンデーションについてみていきましょう!

姫花
その言葉待ってましたぁ!

姫子に頼っちゃえばもう安心だもんねぇ~♪

ミネラルファンデに関する知識の伝授、お願いします♡

姫子
バッチリ伝授しちゃうわよ!

良いミネラルファンデーションを探しているそこのアナタ!

最後まで必見よ♡

目次

そのミネラルファンデーションは”本物”?本当に肌に優しい良いミネラルファンデーションを選ぶための基礎知識

数年前から美容業界では”自然派・ミネラル・オーガニック”が大流行していますよね!

それに伴い、ファンデーションもケミカルなリキッド・クリームファンデよりも、お肌に優しいミネラルファンデーションが人気になってきました。

今回の記事では今注目されている”ミネラルファンデーション”について色々見ていきたいと思います。

今ミネラルファンデーションを使っている人も、これからミネラルファンデーションを使おうと考えている人にも役立つ情報だと思いますので、是非見ていってくださいね♪

姫子
まずは、ミネラルファンデーションとはそもそも何なのか?から見ていくわよ!!

「そんなの知ってる!!動でもいいから早くオススメのミネラルファンデ教えてよ!!」って人は、こちらのリンクから飛んでね!!

そもそも”ミネラルファンデーション”ってどんなファンデのことなの?

ミネラルファンデーションとは、主に”ミネラル(=鉱物)”のみを原料にしたファンデーションの事を指しています。

通常、ファンデーションは界面活性剤やシリコン類、水やオイルなどを配合し作っていますが、基本的にミネラルファンデーションはそれらの成分を使用していません。

姫子
余計なモノは使わず、とことんシンプルにこだわっているからミネラルファンデーションはお肌に優しいのよ!

クレンジングも不要なモノが多いから、クレンジングができない超敏感肌さんでも使えるファンデなの♡

しかし、ミネラルファンデーションには未だ法的な定義はない

先ほど、ミネラルファンデーションの定義をご説明しました。

早速前言撤回するようでアレですが、実は、今のところミネラルファンデーションの法的定義はありません。

上記でお話ししたミネラルファンデの定義はあくまでも”暗黙の了解”で、法律などで「この成分を含んでいないものがミネラルファンデーションですよ」などの決まりがないんです。

つまり、界面活性剤やポリマーなど肌の負担になる成分を使っていても、メーカーが「コレはミネラルファンデーションですよ」と言えば、それはもうミネラルファンデーションです。

ということは、消費者は自分で成分を確認して本物を選んで購入するほかなく、そのためにはこれからお話しするようなミネラルファンデーションに対しての正しい知識が必要なのです。

姫子

ミネラルファンデーションって法的定義がないから、全然ミネラルじゃないファンデでも”ミネラルファンデーション”と謳っている商品もあるわ。

何も知識のない消費者は言い方は悪いけど騙されてしまうわね・・・。

姫花

怖っ!

名前に”ミネラル”とか”オーガニック”とか書いているとなんとなく肌に優しいって感じがするけど、そうじゃないんだね。

ミネラルファンデーションの主成分はミネラル!いったいどんな成分がどんな目的で使われているの?

通常ファンデーションは、鉱物・水・油分・タール系色素・防腐剤・香料・石油系界面活性剤など色々なものを混ぜ合わせて作られています。

すっごく肌に悪そうですよね(涙)

ところで、冒頭でも少しお話ししましたが、ミネラルファンデーションの主成分は主にミネラル(鉱物)となっています。

  • マイカ
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化鉄
  • シリカ
  • 水酸化アルミニウム

これらは全て鉱物で、大体どのミネラルファンデーションにも含まれている成分です。

鉱物は無機物であるため、基本的に腐敗も変質もしません。

だから、一般のファンデに含まれる肌に悪い防腐剤や界面活性剤を必要としないため、「ミネラルファンデ―ションは肌に優しい」と言われているのです。

大まかな成分紹介は以上ですが、今からは主成分がどんなもので、どんな目的で使われるものなのかを合わせてご紹介します。

姫子

難しい分野にはなるけど、ミネラルファンデーション選びは成分の確認が大切だからね!!

今から各成分がどんなものか?なんの目的で使用されているのか?について詳しく見ていくわよ!!

マイカ

雲母と呼ばれる光沢をもった天然石の一種。

パール・ツヤ感を生み出す成分です。

安全性が高いのが特徴です。

※要注意成分※ 酸化チタン

白色顔料やUVカット効果を求めて配合されている成分。チタンという鉱物を酸化させたものです。

※白色顔料・・・ファンデの白っぽいカラーをだしたり、様々な色合いを出すためのベース作り、隠ぺい力(カバー力)を付けるために配合される顔料のこと。

この酸化チタンですが、ミネラルファンデーションに含まれる成分の中では、一番要注意な成分です。

安全性については

  • 酸化チタンが紫外線に当たった時発生する活性酸素の問題(※活性酸素とは肌の老化の原因になる物質。紫外線に当たる、ストレスを受ける、喫煙、また呼吸をすることでも発生する成分)
  • 発がん性の可能性

この2つの問題が危惧されています。

しかし、今のところ人間の健康を著しく害するものではないとされ多くの化粧品や食料品などにも含まれている成分です。

また、ナノ化された酸化チタンの肌への影響も心配されています。

ナノ化とは、分子をマイクロ粒子からナノ粒子に細かくすること。肌への密着感を良くしたり、白浮きしないために行います。ナノ化することで酸化チタンが肌に触れる表面積が大きくなり活性酸素の害が大きくなると言われています

姫花
ミネラルファンデーションってお肌に優しいファンデじゃないの!?
姫子
もちろん、ミネラルファンデが肌への負担は少ないのには変わりないわ。

酸化チタンはミネラルファンデーション以外でも、大半の化粧品にUVカットのために使われているの。

姫花
あれ・・・そうなんだ!!

姫花たち、今までそんなことも知らずお肌に付けてたんだね・・・

姫子

ええ、そうね···

でも、酸化チタンが入っていないと、紫外線を直に浴びることになるし、そっちの方が肌に悪かったりもするのよね。

でも安心して!

後で詳しく説明するけど、酸化チタンの影響を受けないように工夫されているミネラルファンデを選ぶようにすれば大丈夫よ!!

 

※要注意成分※ 酸化亜鉛

亜鉛を酸化させた成分で、肌の引き締めや制汗作用・抗菌作用・UVカット効果を求めて配合されている成分です。

酸化亜鉛も、酸化チタン同様、ミネラルファンデに含まれる成分のなかでは問題視されている成分の1つです。

なにが問題視されているかというと、酸化チタンほどでありませんが酸化亜鉛を空気中(酸素中)で光にあてた際に活性酸素が発生することです。

また、酸化チタン同様の理由で、ナノ化された酸化亜の肌への影響も心配されています。

姫子
酸化チタン程の害はないとされているものの、ナノ化されていないか?くらいは確認したい成分ね!!

酸化鉄

鉄を酸化させた成分で、ファンデーションの色を作るのに使われています。

特に人体に害はなく、安全性が高いのが特徴です。

シリカ

透明感やふんわりとした肌の質感・毛穴を目立たなくする効果・吸湿効果(皮脂や汗の吸収)を主な目的として配合されています。

安全性が高いのが特徴の成分です。

水酸化アルミニウム(水酸化Al)

収れん作用(肌の引き締めなど)や酸化チタンや酸化亜鉛から皮膚を保護することを主な目的として配合されています。

医薬品や食料品にも含まれる安全性の高い成分です。

姫子
大体こんな感じかしらね!

難しいところもあったかもしれないけど、重要だからしっかり理解しておきたいわよね!!

姫花
そうですね!

せっかくミネラルファンデを使うんだったら、ちゃんと肌のことを考えたのを使いたいもんね♡

金属アレルギーでもミネラルファンデーションは使えるの?

ミネラルファンデーションの成分について詳しく見ていきましたが、ここで「ミネラルファンデって私の肌に合うのかなぁ・・・?」と心配になった方が一定数いらっしゃるのではないでしょうか?

ミネラルファンデーションを使おうと思う方は、さまざまな成分に敏感に反応してしまうアレルギー体質や極度の敏感肌の方が多いかと思いますのでそういった問題には敏感になってしまいますよね。

患っている方の多いアレルギーとして有名な”金属アレルギー”ですが、金属アレルギーだった場合ミネラル(鉱物)が肌に合わない可能性もあり、不安になられるかたもいらっしゃるかと思います。

実際に金属アレルギーでも使用できるかどうかについて各メーカーに問い合わせてみたところ

「ミネラルファンデーションには鉱物が含まれているので、金属アレルギーの方は使用しないのが無難。

しかし、金属にはかなりの種類がありどの金属に反応するかは人それぞれであるため、金属アレルギーの方すべてが本品を使用して反応するわけではない。

心配な場合はかかりつけの皮膚科医に相談することをお勧めする。」

などの回答が返ってきました。

このような回答は責任を負うことが出来ないメーカー側の慎重な回答と言った感じですが、ミネラルファンデーションに含まれる”酸化亜鉛・酸化チタン・酸化鉄”などの金属は、全てと言っていいほど殆どのコスメに含まれている金属です。

これらの金属に反応してしまうようであれば、ミネラルファンデだけではなくほぼ全てのコスメ類は使用できないと考えた方が良いかと思います。

一般的にアレルギー反応が出やすい金属は

  • 水銀
  • ニッケル
  • コバルト
  • スズ
  • パラジウム

などの汗などの体液により溶け出しイオン化して体内に入りやすい金属で、ミネラルファンデーションを始めとするコスメ類に良く含まれる

  • チタン
  • アルミニウム

などは金属類の中でも比較的溶け出しにくくアレルギーを起こしにくいと言われています。

ただし、ミネラルファンデーションに多く含まれる亜鉛については、イオン化しやすい金属とされており、アレルギーを起こしにくい金属とは言えません。

しかし、ファンデーションに使用される亜鉛は”酸化亜鉛”であり、イオン化する反応は酸化している時点で終わっているのでほとんどの場合は金属アレルギーの原因にはなりません。

個人的な見解としては「ミネラルファンデーションに含まれる金属での金属アレルギーはあまり心配しなくても良いのではないか?」と思いますが、実際に金属アレルギーの恐れがある場合は素人判断では危険なので、心配な場合はやはり医師に相談することをお勧めします。

姫子
金属アレルギーってすっごく辛そうだわ・・・。

お医者さんに相談してどの金属に反応するのかも調べて貰った方がよさそうね。

 

本当に肌に優しいミネラルファンデーションの条件

今から、本当に肌に優しいミネラルファンデーションの条件をご紹介します。

少し難しい部分もありますが、できるだけわかりやすく説明したいと思いますので、是非参考にしてくださいね☆

姫子
ミネラルファンデ―ションって定義がものすごく曖昧だから、しっかりとした知識を付けないと偽物をつかまされてしまうわよ!!

しっかり知識を付けましょうね☆

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイント① 酸化亜鉛や酸化チタンが非ナノであること

先ほどのミネラルファンデーションの成分のところでも少し触れましたが、酸化亜鉛や酸化チタンがナノ化されているミネラルファンデーションはお勧めできません。

なぜなら、粒子が小さければ小さいほど肌に触れる表面積が大きくなり、酸化チタンや酸化亜鉛から出る活性酸素が肌に与える影響が大きくなるからです。

因みに、ナノ化しているか非ナノかはメーカーに表示義務がないので、成分表を見てもわかりません。

だから、メーカーに直接聞くしかないのですが、当ブログではしっかりと調査した内容をもとに優秀なミネラルファンデーションを紹介しますのでご安心くださいね☆

姫子
いちいちメーカーに確認しなきゃいけないのは面倒だけど、聞けば教えてくれるしそのほうが安心だもんね♪

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイント② できれば酸化チタンがコーティングされているものを選ぶ

酸化亜鉛や酸化チタンが非ナノであることはもちろん第一条件としてみていきたいところです。

それに加えさらに、無害な成分で酸化チタンをコーティングされているミネラルファンデーションはさらに安全性が高まります。

コーティングは酸化チタンが発生させる活性酸素の害を抑えるためですが、コレがまた賛否両論で、メーカーの方針によってはコーティングをしないというメーカーもあるんです。

また、コーティングしているか否かは表示義務がないので、コーティングの有無やその素材はメーカーに直接問い合わせる必要があります。

もちろん、当ブログでは、酸化チタンのコーティングをしているか否かについても、メーカーに問い合わせをして正しい情報を記載してますのでご安心ください!

姫子
ここは、メーカーの方針の問題でもあってコーティングしているかしていないかは結構分かれるのよね。

私的にはしっかりコーティングされているメーカーの方が少ないように思うわ。

もちろん、ミネラルファンデーションじゃない化粧品だと、コーティングしているメーカーの数はもっと落ちるの。

普段私たちがどんなに肌に悪いものを付けていたのか、こういうことを勉強するとよくわかるわ!

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイント③ クレンジング不要であること

多くのファンデーションはメイクを落とす際クレンジング剤を必要としますが、クレンジングを必要としないのはミネラルファンデ―ションの良さでもありますよね。

クレンジング剤は多くの界面活性剤含むため、肌への刺激が強いのでできればしたくありません。

しかし、ミネラルファンデーションを謳っている商品の中には、ポリマーやら界面活性剤やらオイル等を使っていて、クレンジングが必要な物もあるので注意しなくてはいけません。

姫花
ねぇねぇ、姫子〜

素朴な疑問なんだけどさぁ。

洗顔料で落ちちゃうようなファンデって汗とか水に弱いんじゃないの?

姫子
それがね〜実はそうでもないのよねぇ〜

私もミネラルファンデ使ったことあるけど、水で顔を洗っただけだと普通についてるのよね。

でも洗顔料で洗うとスッキリ落ちるの。不思議よねぇ~

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイント④ (タルク・オキシ塩化ビスマスを使用していないこと)

最近ではあまり主流に使用されていない印象ですが、一部ミネラルファンデーションに”オキシ塩化ビスマス”や”タルク”を使用しているメーカーさんが存在します。

まずはそれぞれがどんな成分なのか説明しますね。

・オキシ塩化ビスマス

オキシ塩化ビスマスとは金属の一種で、付着性に優れており、綺麗なパール感・艶感が出せる成分。

一部の敏感肌・アレルギーの人が使うと肌荒れが起きる可能性があります。

・タルク

タルクとは粘土鉱石の1種で、皮膚炎症を抑える効果があるとして、赤ちゃんが使うベビーパウダーにも使用されている成分。

一見、安全な成分の様ですが、タルクはアスベスト(肺がん等の健康被害が危惧されている成分)が混入または、アスベストと似た成分であるため少し前に問題になりました。

タルクを使用している一部商品が販売中止になったほどです。

これらの成分は、一部の敏感肌・アレルギーをお持ちの方にとっては肌の刺激になる可能性のある成分です。

気になる方は避けたほうが無難な成分といえるでしょう。

姫子
私はミネラルファンデーションは肌が弱い人の味方であってほしいと思っているし

タルクやオキシ塩化ビスマスが入ったミネラルファンデはおすすめしないわ。

 

ミネラルファンデを徹底分析☆ホントにお肌に優しいオススメのミネラルファンデーション3選☆

今まで、色々ミネラルファンデーションについてご説明してきましたが、長々と読んでいただいてありがとうございました!!

今からこの記事でご説明した内容を踏まえ、成分的にも、使い勝手的にも優秀なおすすめミネラルファンデーションをご紹介します☆

今からミネラルファンデーションに乗り換えて美肌力を高めたい人、今使っているミネラルファンデに不満がある人は必見ですよ♪

姫子
待たせたわね!

早速オススメのミネラルファンデを紹介するわよ!!

姫花
待ってましたぁ♡

ミネラルファンデに切り替えて、トラブル知らずの美肌になりたぁい♡

オススメのミネラルファンデーション① レイチェルワイン

レイチェルワイン

ミネラルファンデーションと言えばこの商品ですよね!!

私が一番初めに使ったミネラルファンデーションでもあり、「コレがミネラルファンデーションなんだ!!」という、私にとってミネラルファンデの基準になる商品です。

商品の基本情報としてはこんな感じです。

成分 マイカ/酸化亜鉛/酸化チタン/シリカ/酸化鉄/ラウロイルリシン/水酸化AI
価格 トライアル(約10日分):1980円 ミネラルファンデ本品(2か月弱分):3240円
酸化チタンのコーティング有無 酸化チタンの約半分を水酸化AIとラウロイルリシンでコーティング
酸化チタン・酸化亜鉛のナノ加工 非ナノ

酸化チタン・亜鉛のコーティングはメーカーに問い合わせた結果、複数の酸化チタン・亜鉛をブレンドしており、メーカーの判断でコーティングが必要ないと判断された物はコーティングしていないとのことでした。

その結果、約半数の酸化チタンがコーティング加工されているとのことです。

またコーティング成分は水酸化アルミニウムとラウロイルリシンを使用されている様です。

2つのコーティング成分をブレンドする理由については、密着性を高めるためやメイク崩れを防ぐためだとの回答でした。

ちなみに、分子は非ナノなので、活性酸素の問題は0ではありませんが、心配するに値しない程度かなと思います。

※厳密にいうとコーティングに使われているラウロイルリシンはミネラル成分ではありません。ヤシ油やパーム油などの植物油とアミノ酸を合成した成分で、天然ではないですが、害のある成分ではありません。

姫子
成分的には理想通り!!というわけでもないんだけど、まぁ、ほぼ理想通りって感じかしら?

商品ラインナップも充実しており、コントロールカラーやコンシーラー、チーク、フィニッシングパウダーなど全てミネラル100%にこだわっています。

また、レイチェルワインの良いところはトライアルセットに”カブキブラシ”というフワッフワのブラシがついてくるところです。

実際このブラシだけでも単品だと4000円以上するし、このブラシは全然チクチクもしないし他にミネラルファンデを使用する際にも役立つのでかなり便利です。

姫子

レイチェルワイントライアルセットは30日間なら返金対応もやってるから手軽に試せるわね!!

使い心地においては、付けた感覚はすっぴんの時のように軽く、肌への密着力は抜群で「粉なのにこんなに付くの!?」と感動します。

粉っぽくならず、カバー力はそこそこですが、少々のシミ等であれば少し濃いめに付ければ隠れます。

がっつりカバーするというよりかは、素肌感を残しつつ肌をきれいに魅せるといった感じです。

しかし、濃い目のニキビ跡などを隠すには少しカバー力が足りませんのでその場合はコンシーラーが必要になるかなとは思います。

メイクが崩れることもほぼなく、真夏のレジャーで汗をかきまくってもあまり崩れず、ドロドロになるのではなく汗を拭いたせいでちょっと取れるって感じです。

姫花
パッケージもオシャレだし、口コミも良いから気になる!!
姫子
まずはトライアルセットから試してみるといいわ☆

レイチェルワイン ”ミネラルメイクアップ トライアルセット”はこちら!

オススメのミネラルファンデーション② オンリーミネラル

オンリーミネラル

安さを求める人にオススメのミネラルファンデーションです。

基本情報を見ていきましょう。

 成分  マイカ/酸化チタン/酸化鉄/酸化亜鉛
 価格  トライアル(2週間分):1900円 ミネラルファンデ本品(3~4か月分):3800円
 酸化チタンのコーティング有無  なし
 酸化チタン・酸化亜鉛のナノ加工  非ナノ

オンリーミネラルは非常にコストパフォーマンスに優れたミネラルファンデーションです。

先ほど紹介したレイチェルワインと比べると、レイチェルワインは4.5g入って3240円という価格ですが、オンリーミネラルは倍以上の10gも入って3800円とかなりお手頃価格です。

安いミネラルファンデは普通のファンデと変わらないような成分なものが多い中、オンリーミネラルはミネラル成分だけを使った、正真正銘の本物ミネラルファンデーションです。

しかし、成分的にいえば、酸化チタン・亜鉛のコーティングがされていない事が少々心配です。

メーカー曰く「使用している酸化チタン・亜鉛は活性酸素を含まないものでありコーティングは不要」とのことです。

分子は非ナノなので被害は少ないですが、消費者の安心度は少し下がりますね。

でも、このコストパフォーマンスの良さを考えると、活性酸素は日常生活の中でも発生しているわけだし、少しぐらい別にいいんじゃない?とも思いますけどね。

そこは考え方ですね。

姫子

成分的に見たら少し心配な部分が残るけど、そんなこと言ってたらどの化粧品も使えないわよね。

何も化粧をせず外出することにしたとしても、紫外線を浴びたら活性酸素は発生するし、ある程度は仕方ないと割り切るのが吉よ!

姫花
より安全なモノが良いのには変わりないけどね〜

商品ラインナップは、ミネラルファンデ以外にも日焼け止め・下地~ポイントメイク(アイメイク・アイブロウ・リップ等)まで揃っていて、全て洗顔でオフできるのでクレンジングから卒業することも可能です。

ファンデーションのタイプもスタンダードなミネラルファンデ以外に保湿重視の物やプレストファンデ、BBクリーム、エア―ファンデ、薬用ファンデなど様々なタイプがあります。

その全てがミネラル100%というわけではないですが、基本的には天然成分を使用することにこだわっています。

ミネラル100%でないものでも天然成分100%で作られていて肌に優しいお化粧品が多いのが嬉しいですね。(全て天然100%ではないですが・・・。)

オールミネラルや全て天然成分、クレンジングから卒業したい人にはオススメできるメーカーです。

姫子
マスカラまでクレンジングがいらないのは嬉しいわね!

私もクレンジング卒業目指しちゃおうかしら♡

ミネラルファンデーションのお話に戻しますね。

ミネラルファンデーションの使い心地についてですが「本当にパウダーなのか?」と疑いたくなるほどしっとりします。

カバー力もそれなりに期待できます

しかし、シミやニキビ跡などが目立つ人にはカバー力が物足りないと思いますので、コンシーラーなど併用すると良いかなと思います。

今までいいところばかり紹介してきましたが、ここで1つオンリーミネラルの弱点をお話しします。

それは、化粧持ちの悪さです。

崩れ方は決して汚くはないですが、皮脂に弱い感じで、皮脂の多い人は定期的な化粧直しが必要になってくると予想されます。

でも、ミネラルファンデーションはメイク直しも簡単なので、低価格で肌に優しいファンデーションが使いたい人はオンリーミネラルおすすめしますよ☆

姫花
毎日使うものだし、お値段は気になるよね!

姫子
そうね!!

また、オンリーミネラルならネット販売だけじゃなくて、店舗販売もされているから、ネット通販を使わない人でも買えるのも嬉しいポイントね☆

オンリーミネラルトライアルセットはこちら☆

オススメのミネラルファンデーション③ ヴァントルテ

ヴァントルテ

ヴァントルテは、カバー力を求めていてマットな質感のお肌がお好みの方にオススメのミネラルファンデーションです。

基本情報をご紹介します。

 成分  マイカ/酸化亜鉛/酸化チタン/シリカ/シルク/水酸化Al/酸化鉄
 価格  トライアル(2か月分):3300円 ミネラルファンデ本品(2~3か月分):3300円
 酸化チタンのコーティング有無  酸化チタンのみあり。コーティング素材はラインにより違います。
 酸化チタン・酸化亜鉛のナノ加工 基本的に 非ナノ。商品により酸化チタンの1部がナノ粒子の物を使用。

ヴァントルテは他と比べて最も肌に優しいであろうミネラルファンデーションです。

また、ほとんどのミネラルファンデーションはブラシでの塗布ですが、ヴァントルテはパフで塗布する使用の様で、そこも肌への優しさポイントです。

ブラシのチクチク感が苦手な方、ものすごく敏感肌の方はヴァントルテのミネラルファンデが合うのではないかなと思います。

姫子

ヴァントルテのミネラルファンデは、しっかりマットな感じのメイクにピッタリ!

私が使った感じだと、普通のミネラルじゃないプレストファンデとあんまり変わらないとおもったわ。

成分に関しては、酸化チタンのみ完全コーティングです。

このようなメーカーは非常に珍しいので、活性酸素問題が気になる人はヴァントルテを使うと良いです。

コーティング素材についてですが、メーカーに問い合わせたところ、ファンデの種類によりコーティング素材が異なるようです。

ナノ加工についても物よって異なるようなので、わかりやすく表にしてみましたので参考になさってください。

コーティング有無 コーティング剤 ナノ加工
ミネラルファンデーション(スタンダードなタイプ。トライアルはこちらのファンデです) 酸化チタンのみコーティング有 水酸化Al 非ナノ
ミネラルUVファンデーション 酸化チタンのみコーティング有 水酸化Al 酸化チタンのみナノ加工
ミネラルプレストファンデーション 酸化チタンのみコーティング有 水酸化Al・ステアリン酸 酸化チタンのみナノ加工
ミネラルリキッドファンデーション 酸化チタンのみコーティング有 マイカ 酸化チタンのみナノ加工(マイカコーティングでナノサイズではないとの回答)

※プレストファンデーションとリキッドファンデーションはミネラル100%ではありません。

スタンダードなタイプのミネラルファンデーションは酸化チタンフルコーティングに加えて非ナノと完璧ですね!

酸化亜鉛のコーティングについても一応問い合わせはしたのですが「弊社では酸化亜鉛の活性酸素は、問題がない範囲との見解でコーティングは施しておりません」との回答でした。

姫子
今紹介した4種のファンデ以外にも下地やコンシーラー、チークやアイシャドウ、日焼け止めもあるわよ!

いずれもミネラル100%ではないけど、十分に成分にはこだわって作られているハズよ!!

私はヴァントルテのトライアルキットしか使用したことがないのですが、使った感想としては、とにかく付け心地の軽いファンデーションと言う感じでしょうか。

肌に何か乗っている感じが全然しないので、付け心地は◎です。

それなのに、カバー力は結構なものでかなり色が付きます。

メイク崩れも、気にならず優秀だなと思いました!!

ただし、付けたては少し乾燥しやすい感じも受けたので、使う際は保湿をしっかり目に行うと良いかなと思います。

姫花
パッケージも洗練されたシンプルな感じで、大人の女性ってかんじよね♡
姫子
そうね!!

パッケージと同じように、ファンデも”ザ・シンプル”ってかんじね。

メイクした感は出したいけど、肌に負担をかけたくない!!って人にはオススメのファンデよ☆

ヴァントルテ”シルクパウダーファンデーショントライアル”はこちら☆

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

長くなりましたが、ミネラルファンデーションに関する情報をたくさん盛り込みました☆

良いミネラルファンデーションを選ぶコツ

  • ミネラル成分のみを配合しているか?
  • 酸化チタン・亜鉛は非ナノか?
  • 酸化チタンはコーティングされたものを使用しているか?
  • クレンジングは不要か?
  • 使い勝手やカバー力などご自身の需要と合わせること

この5点がものすごく重要となってきます。

私が皆様にオススメするミネラルファンデ―ション

の3つですが、これ以外にも良いミネラルファンデーションはあると思います。

「肌に合わないんじゃないか?」「期待はずれな商品なのではないか?」などの不安はあるかもしれませんが

色々な化粧品に挑戦してこそ真に自分に合うコスメに出会えるものなので、気になった物があればしっかりと成分など確認したのち、試しに使ってみてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。