もう靴擦れはしない!靴擦れの原因と防止法5つ!

靴擦れ 防止 原因

気に入って買った新品の靴をはいてでかけると、誰もが1度は経験したことがあるであろう靴擦れ・・・。

一歩歩くたびに「痛い・・・。」。
我慢できるうちはいいけど長時間歩くと、もう拷問状態ですよね!

そんなトラウマで気に入って買ったのにお蔵入り・・・。となってしまっている靴もあるのではないでしょうか?

誰もが靴擦れは防止したいですよね!
今回は靴擦れの原因、防止法、応急処置まで見ていきたいと思います!

靴擦れの原因

靴擦れ 防止 原因

靴擦れは文字通り、足と靴が擦れてしまいおこります。
靴擦れの主な原因は以下のようなものです。

・履きなれておらず、靴の素材が固い

・サイズが合ってない

・靴下やストッキングなど何も履かずに靴を履いている

・靴の設計ミス(足と接触するようなところにタグやチャックなどがついている

靴擦れ防止法

靴を買うときしっかりとサイズ感があったものを買う

靴擦れ防止 靴擦れ治療

靴は大きくても小さくても靴擦れを起こします。
そのためきちんとフィットする靴を買うことが重要です。

気に入った靴を見つけたら必ず試し履きをして、できるだけ店内を歩き回りましょう。
座った状態で履いただけでは本当にあってるかわからないので、いざ歩いてみると痛みが出る危険性があります。

靴は朝よりも夕方に買うべし!

靴擦れ 応急処置 靴選び

重力の関係上、足は朝よりも夕方むくんでいることがほとんどです。

朝の足に合わせて靴を買うと、小さい靴を選んでしまう可能性があります。

靴を買ううえで、大きい靴を買ってしまう失敗よりも、小さい靴を買ってしまうほうが大きな失敗といえます。
大きい分には中敷きを引くなどの工夫はできますので。

新しい靴を履く前にかかと部分を柔らかくする

靴擦れ かかと 防止

靴擦れを起こす場所といえば「かかと」ですよね。

新しい靴を履いて外に出る前にかかと部分にドライヤーの温風を当て温めてから手でもんでおきましょう。
そうすることでかかと部分が少し柔らかくなり靴擦れ防止になります。

ただ物によっては型が崩れたり、変色やしわなどの原因になるので、心配な人は靴の修理屋さんなどに頼むのもよいでしょう。

靴擦れしそうなところに細工をする

靴擦れ 予防 靴擦れしない方法

靴擦れしてからおうきゅうしょちするよりも、予防できたほうがいいに決まってます!

自分が靴擦れしそうなところに、絆創膏をはっておいたり、ワセリンを塗っておくなどの細工をしておきましょう。

靴のほうに絆創膏をはったり、靴擦れ防止のジェルボールやクッションなども売っているので使うといいです。

ストッキングなどを履く

やはり、裸足で靴を履くと靴擦れはしやすくなります。

できるだけ靴下を履いたりストッキングをはくなどして直接擦れるを防ぎましょう。

靴擦れした時の応急処置

靴擦れ 応急処置 処置

「もう靴擦れしちゃってる!」というときの応急処置です!

少し赤くなっている(軽症)

 

軽度の靴擦れだった場合は、ハンドクリームやリップクリームなどを患部に塗って滑りをよくしたり、絆創膏を張ればなんとか家までは持つはずです!

パンストを買って履いておくのも手ですね。

水ぶくれになっている、皮がめくれてしまっている

ここまでよく耐えた!って感じですよね!

よほどの頑張り屋さんですね・・・。

すでに傷になってしまっている場合は、キズパワーパットなどの肉厚(?)な絆創膏に限ります!
お値段は張りますが、傷の修復も早くしてくれるし、分厚いので保護力も申し分ないです。

水ぶくれの場合は無理に水を出さないほうがいいですよ。
水ぶくれの中身は血清という組織液で水ではありません。

傷の治りを早くするために分泌されているので、破れないように放置しておくのがベストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

靴擦れ予防法も応急処置も同じようなものになったのは気のせいでしょうか(笑)

正直、応急処置しても痛いものは痛いので靴擦れにならないように予防する方がいいですね。
新しい靴を履くときは下準備を忘れずに・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。