+5歳に見えちゃう!老けを呼ぶ首のシワの予防と解消

首のシワ 原因 解消

女性芸能人でも、顔はしわもなくキレイなのに、首にしわができて「首ってやっぱり年齢でるなぁ」と思ったことはありませんか?

実際に「首には年齢が出る」といいます。
顔のケアは一生懸命やるのに、首のケアを怠っているとやはり差が出てそれだけ目立ってしまいます。

いつまでも若々しく綺麗でいようと努力しているのに、首をみて「このひと若作りしているけど、結構年くってるな・・・。」と思われたらほんとにショックですよね!

そうならないように首ケア今からしておきましょう!

首のシワの原因

首のシワ 原因 首のしわ

首のシワの原因は様々です!
首のしわは一度できるともとに治すのは少し難しく、予防が一番大事です。

どのようなことが原因になるのか知っておく必要がありますね!

・首周りの筋肉や表情筋の筋力の低下
・コラーゲンの減少
・乾燥
・紫外線
・枕の高さの不一致
・姿勢が悪い
・生まれつき首の骨の凹凸が多い

このように原因は多岐に分かれます。

やはり加齢によるものや、生まれつきの部分が多いのもあり、なかなかすべての要因を取り除くことはできません。
ですが気を付けられるところは気を付けていくことで、予防することは可能なので、そのポイントも一緒に見ていきましょう!

首のシワを予防する方法

首のシワを予防する方法をいくつかご紹介します!

自分にあった枕を探す

首のしわ 枕 原因

これは結構重要です。

人間1日の1/4は寝ているのです。
その間どんな姿勢で過ごすかはかなり人体に影響を与えます。

仰向けになり枕に頭を置いたとき、顔が平行になっていることが重要です。
おでこの方が下がっていると低すぎだし、顎のほうが下がっていると高すぎです。

低すぎはまだいいのですが、高過ぎなのは常に首にしわがいっているということになるので注意が必要です。

ちょうどいい枕の高さといわれても、自分で自分はわかりませんし、枕を買うときはお店の人にちょうどいい高さを見てもらうとよいですね。

自分にあった枕を使うと首のシワだけでなく、安眠も期待できるので質の良い睡眠をとりやすくなるのでお勧めです。

首の紫外線対策を万全に!

首のシワ 紫外線 コラーゲン

紫外線ははだのコラーゲンを破壊するため、紫外線を浴びてしまうと肌に弾力がなくなり、しわができる原因になります。

そのため女性は顔や体にも日焼け止めを塗って紫外線の影響を受けないように努めますよね。

でもどこか忘れていませんか?
そう。首です。

顔はしっかり日焼け止めも塗ってお化粧もするけど、首はテキトーに・・・。となっていませんか?

日焼け対策をするときは必ず首までシッカリとケアしましょう。

顔も首も平等なケアを!

首のシワ 原因 予防

顔は化粧水に美容液、乳液と丁寧にお手入れするのに、首はどうでしょうか?

顔だけでおわってしまっていませんか?

乾燥はしわの原因になります。

しかも首は他と比べて皮膚が薄く、きちんとケアすれば潤いやすいのですが、逆にさぼると乾燥しやすくなってしまいます。

顔に塗ったついでに首まで、化粧水、美容液、乳液を塗ってあげてください。
それだけで大分と違うはずです。

表情筋と首の筋肉を鍛えよう!

首のシワ取り 原因 首のシワ

口回りにたくさんある表情筋と首の筋肉を鍛えることで首のシワを予防することができます。
また二重顎などの予防にもなるので一石二鳥です。

①顔を天井に向けます。
②口から舌をだして、舌を天井のほうへとぐーっと引き上げます。

そのまま10秒ほどキープして戻してというのを数回繰り返します。

もうしわが出来ちゃってる!予防じゃなくて解消したいんだけど!という場合

首のシワ 解消 首のシワを消す方法

そんな時はリンパマッサージがおすすめです

デコルテに老廃物が溜まった結果、しわができたりたるんで見えたりしてしまうことがあるので、リンパマッサージがおすすめです。

リンパマッサージの仕方

① いつものようにスキンケアをしたついでに首まで乳液などを伸ばし滑りを良くします。(滑りが悪ければボディクリームでもOK)

②両耳の後ろの(耳たぶの後ろくらいの位置)少しくぼんだ部分を一本指で少し強めに指圧します。

③そのまま5秒ほど指圧しそのまま指を放さずにゆっくりとした動きで、首の筋に沿い、上から下にリンパを流していきます。鎖骨まできたら四本指に切り替えて、鎖骨に沿って肩のほうにゆっくり指を滑らせましょう。

④ 脇下のリンパ節にリンパを流す。

この流れを2~3回ほど繰り返しましょう。
強い力で行いすぎると摩擦により皮膚が傷ついて余計にしわができる原因になるので注意してくださいね。

もちろん紫外線予防や、保湿も首のしわの解消に有効なので、今からでもぜひ行ってくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

首は生活の中で収縮が激しい部分ですから、形状記憶してしまいシワができるのも多少は致し方ない部分がありますが、やはり年齢が出る部分なのでどうにか予防したいのも事実ですよね。

ケアをこつこつやってシワがいかないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。