食べたら肌荒れしちゃう?ニキビや肌荒れにNGな食べ物7つ

肌荒れ ニキビ 食べ物

海外の人たちから見ると日本人は昔から若く見える人種だそうです。

日本人が若く見られる理由の一つとして上げられているのが「肌の美しさ」です。
日本人女性はもちろん、男性も日本人は皆肌がきめ細かく美しいのだといいます。

しかし、現在の日本で肌荒れやニキビに悩む人が多いのはなぜでしょうか?

さまざまな原因があると推測されますが、大きな原因の1つとして「食の変化」が考えられます。
日本では昔から粗食文化が根付いてきましたが、今やその影は薄れてきていますよね・・・。

今回は肌荒れをしやすい食べ物を上げてみたいと思います。

肌荒れやニキビが気になっている方はぜひチェックしてみてくださいね☆

肌荒れやニキビに良くない食べ物【まとめ】

ジャンクフード

肌荒れ ニキビ 食べ物

こちらはもう鉄板です。
日本人といわず全人類のお肌に良い影響は与えないでしょう。

ジャンクフードやファストフードに入っている食品添加物が私たちの体に入ると、肝臓が添加物を分解しようと必死で働きます。

自然の食べ物を食べるよりもたくさん動かないといけません。
そうすると肝臓が疲れてしまい、内臓の疲れはやがて肌にも影響を及ぼします。

また、肝臓が添加物を分解した際に、活性酸素という私たちの体をサビさせて老化を促進する物質が生まれるといわれています。

油っぽい食品

肌荒れ ニキビ 食べ物

油っぽい食品というのは揚げ物などもですし、チョコレートやナッツなんかも脂質の量が多いかなと思います。

脂を分解する際には肌の修復をするときに必要なビタミンB群を消費するといわれています。
その結果ビタミンB不足になり肌荒れの原因になります。

もちろん皮脂過剰にもなるのでニキビの原因にもなります。

乳製品

肌荒れ ニキビ 食べ物

牛乳やチーズ、バターなどの乳製品を分解する「ラクターゼ」という消化酵素を私たち日本人はほとんどの人(85%ほど)が持ち合わせていないようです。

よく「牛乳を飲んだらお腹を壊す」という人がいるのはそのためです。

もちろんカルシウムを摂るなどの目的で少し摂る分には大丈夫かとは思いますが、摂りすぎると内臓が処理しきれず毛穴から老廃物として出てきてその結果ニキビなどの原因になることがあります。

カフェイン

肌荒れ ニキビ 食べ物

近頃健康に良いとされているカフェイン。

しかし、血管を収縮させる作用があり血行不良を招きその結果、肌荒れやニキビの原因になることがあります。

仕事や勉強しながらいくらでも飲んでしまう・・・。という人も多いかもしれませんが、コーヒーは1日3~4杯程が適量といわれていますので、その範囲内でたしなむようにしましょう!

お酒

肌荒れ ニキビ 食べ物

こちらもたしなむ程度であれば問題はありません。

しかし、お酒=アルコールです。
大量のアルコールを分解する時、肝臓を酷使することになり肝臓が疲れてしまうと頬ニキビの大人ニキビの原因となります。

あなたはお酒を飲むとトイレが近くなったという経験はありませんか?
お酒には利尿作用があります。

お酒を分解するためには大量の水分を必要とするため、私たちの水分を奪い乾燥を招く原因にもなります。

砂糖

肌荒れ ニキビ 食べ物

あま~いお菓子・・・。食べたくなっちゃいますよね!
でもちょっと待ってください!

お砂糖を摂ると、血糖値が上がりインシュリンという物質が多く分泌されます。

インシュリンが分泌されると皮脂量が増えることが分かっています。

その結果、肌荒れにつながりやすく皮脂が原因の赤くて腫れてるニキビに発展してしまいます。

しかしお砂糖も全く摂ってはいけないというわけではなく、1日15~20g程であれば問題ありません。
どうしても甘いものが食べたい場合はフルーツやはちみつなどの甘味で代用するのはいかがでしょうか?

刺激物

肌荒れ ニキビ 食べ物

唐辛子などの辛いものですね。

「発汗作用があって肌にいんじゃないの?」とか「韓国人はキムチを食べてるから肌がきれいなのでは?」など思いがちですよね!

しかし、刺激物は胃に負担をかけてしまい口周りのニキビなどの原因になるとされています。

因みにキムチ話(?)をすると、日本人の体にはキムチは合わないそうです。(韓国人の体にはマッチしているようです!)
韓国人のキムチは日本人で言う味噌汁や漬物らしいです!

やはりその地域特有の食べ物はその地域の人間に合っているから長年食べられているのですね。

まとめ

肌荒れ ニキビ 食べ物

いかがでしたでしょうか?

肌荒れやニキビに良くない食べ物をまとめてみました!
あなたの好物はありましたか?

我慢するというのは辛いですが、美肌のためと思えば頑張れそうな気がしてきませんか?

すべてにおいて「全くだめ!」というわけではないのです。
控えた方が良いというようなものです。

我慢をしすぎると逆にストレスとなり肌にも体にもよくないので、我慢しすぎず頑張りましょうね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。