食事制限で痩せない原因は食べてる時の心と2つの脂肪細胞にあった!

食事制限 痩せない 褐色脂肪細胞

女性は生涯、平均で17年間の間ダイエットに時間を費やしているといわれています。

日々ダイエットに励んでいる皆様はなかなか結果が表れないと

「頑張ってごはんを減らしてダイエットしているのに、ちっとも痩せない・・・。私は痩せられない体なんだ・・・。」

と落ち込んでいませんか?

「食事を減らしているのに、痩せない」というのはよく聞くお話です。
それはなぜでしょうか?

今回は食事制限ダイエットをしても痩せられない理由に迫ります!

骨盤ダイエットBaeuty 70分

食事制限ダイエットをしても痩せられない理由

食事制限 痩せない なぜ

皆さん含め、多くのダイエッターやダイエットをサポートする人たちは、食事のカロリーをコントロールしようとします。

そもそもカロリーというのは、熱量の単位であり、その食べ物を食べると体内でどのくらいのエネルギーとなるかを数値化したものです。

一食200キロカロリーの置き換えダイエット食品や一食を500キロカロリーに抑えようとするレシピ本など、ダイエット業界はエネルギー制限に重きを置いていますよね。

カロリーはただの数値。重要なのはあなたの体です!

ダイエット 痩せない理由 なぜ

でもでも、ちょっと考えてみてください。
皆さんが気にしてるカロリーはただの数値です。

人には「個体差」というものがありますよね?

同じものを食べても、消費されるエネルギーは人によって違うのです。

いっぱい食べてもたくさんエネルギーを消費できるので太らない人もいれば、少量しか食べないのにエネルギーを消費できずエネルギーが蓄積し太ってしまう人もいるでしょう。

食事制限をしても痩せられないのは、取っているカロリーが多いのではなく、消費できていないのが問題なんです。
なので痩せないからと言って「もっと食べるのを我慢しなきゃ!」など思わなくてもいいんです!

ダイエットが成功しない人は、まず自分の体がエネルギー消費の悪い、痩せにくい体をしていることを自覚してください。

痩せにくい体と2つの脂肪細胞について

ダイエット 痩せない理由 原因

「あなたは痩せにくい体なんですよ~」と言われたところで「そんなことわかってるよ!じゃあどうすればいいのかって聞いてるのよ!」と思うと思います!

では痩せにくい体質とはどのような物なのでしょうか?
私たちの体は60兆個とものすごい数の細胞の集合体です。

私たちを作り上げる細胞レベルで見ていきたいと思います!

2種類の脂肪細胞

ダイエットの大敵である脂肪細胞には2種類あります。
1つずつご説明します。

①白色脂肪細胞

この細胞は、脂肪を蓄積させ肥満の原因になる細胞です。

脂肪を抱え込むと数倍にも膨れ上がり、それでも抱えきれない脂肪が入ってくると細胞分裂して数が増えます。

数が増えてさらに脂肪を抱え込んで膨張し、さらに膨らむという負の連鎖を生み出します。

②褐色脂肪細胞

この細胞は脂肪細胞でありながら、なんと脂肪を燃焼させてくれる細胞なんです!

運動などをしなくても、何もせずに脂肪を燃焼し、体重を落としてくれる作用を持っている細胞です。

痩せにくい体質とは

褐色脂肪細胞 ダイエット 刺激

痩せにくい体質とは、白色脂肪細胞が活発で、褐色脂肪細胞の働きが弱い体のことを言います。

痩せにくい体は、エネルギーを吸収しやすいというよりかは、エネルギーを消費できない体のことなんですね!

なので、食事を減らして痩せようとすることが重要ではないのです。

褐色脂肪細胞の働きを活発にする方法

褐色脂肪細胞 増やす 活発

現在この褐色脂肪細胞は注目されていて、褐色脂肪細胞を増やすことで肥満を解消させようとする研究が進んでいます。

褐色脂肪細胞は、10代以降増えることはなく人によって数は決まっているようで、大人になってからは働きを活発にしてあげることしかできないといわれています。

基本的には、無理なダイエットをしない、適度な運動を心がけるなどの規則正しい生活をすることで褐色脂肪細胞の働きは活発になるといわれていますが、近頃の研究でそれ以外にも方法があることがわかってきました。

食事を「おいしい!」と思って食べること

ダイエット 食べ方 痩せる

褐色脂肪細胞のことを研究していると、「おいしい」と感じる味覚や、「いい香り!」と感じる嗅覚などエネルギーとは関係のないと思われる感覚刺激が実はエネルギーを消費させることが分かってきたようです。

味覚や嗅覚が刺激されると、交感神経刺激されノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

ノルアドレナリンが分泌されると、エネルギーの消費量が増すと同時に、褐色脂肪細胞が脂肪燃焼するのを誘導するんだそうです!

このようになると食事しながらも脂肪の燃焼がぐんぐんと高まる好サイクルが生まれます♪

ダイエットで重要なことは「食べ方」!「これ食べたら痩せる!」と思って食べると痩せる!は本当♡

食事制限 痩せない 原因

ここでいう「食べ方」とは、「ゆっくり食べる」とか「野菜から・・・。」とかそういうことではありません。

小森純さんや、その他モデルの方々が「これ食べたら痩せる!」と思いながら食べると痩せた!なんて言っていて、「そんな馬鹿な話があるわけないじゃない!どうせエステ行きまくってんでしょ!」と思うかもしれませんが、これは理に適っているし、本当のことだったんです。

・「おいしい!!」と思って食べること

・「楽しい!!」と思いながら大好きな人と食べること

・「幸せ!!」と思いニコニコしながら食べること

この3つの感覚が、褐色脂肪細胞の働きを活発にし、食べたもの以上のエネルギーを消費し、痩せやすい体を作ることがわかっています。

反対に

・「まずい・・・。」と思いながら食べる。

・「楽しくない・・・。」と思いながら嫌いな人と無理やり食事をする。

・「これ食べたら太っちゃう・・・。」とストレスを感じながら食べる

このような食事の取り方をしていると、褐色脂肪細胞は元気がなくなってしまいます・・・。

「仕事をしながら、片手間の食事」「付き合いで仕方なく飲みに行く」「ランチ会議をする」などはいずれも太る食べ方です。

女性が子供がいると太りやすくなるのは、子供に気を使いながら食べるというのがストレスになるのが原因の1つなんだとか・・・。

まとめ

ダイエット 痩せない 原因

いかがでしたでしょうか?

「つらいダイエット」とはもうさよなら!!

食べることに集中して、おいしく、楽しく、幸せに食事をしてヘルシー痩せを目指しましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。