乾燥ニキビの原因と改善方法をご紹介☆正しいスキンケアでニキビを撃退しよう!

肌荒れ
姫花
顔が乾燥するぅ・・・なのにこのニキビたち・・・ニキビって乾燥とは無縁のテカテカさんにできるものじゃないのぉ~?涙

乾燥でこれだけ悩んでいるのに、ニキビにまで悩まされるなんて超損した気分なんですけどっ!!

姫子
姫花なに言ってるの!

ニキビはね、乾燥が原因で起こることもあるのよ。

そういうのをね”乾燥ニキビ”っていうの!

姫花
えっ!乾燥ニキビ!?何それっ!?

ニキビは脂性肌の悩みじゃないの!?

姫子
ニキビは脂性肌の悩みじゃないわよ!

むしろ、思春期を過ぎた人や女性なら本当の意味で脂性肌の人ってあまりいないと思うの。

脂性肌のニキビよりもむしろ乾燥ニキビの方が多いくらいじゃないかしら?

姫花
そうなの!?

それは初耳だね・・・(汗)

姫子
じゃぁ今日はせっかく話題にあがったわけだから実は悩む人の多い”乾燥ニキビ”についてみていきましょう。

乾燥肌でニキビに悩む女性は必見よ☆

ニキビ肌=脂性肌は間違い!?大人の女性に多い”乾燥ニキビ”とは!?

ニキビに悩む人のイメージと言えば、もともとの体質で皮脂の多い人や、皮脂の多い男性や思春期の若い人というイメージですよね!

しかし、大人になって乾燥肌に悩みつつも皮脂はそれほど多く感じないのにニキビができる・・・とお悩みの方、実はかなり多いんです。

そんな乾燥肌にできやすいニキビはまさしく”乾燥ニキビ”!

乾燥ニキビはその名の通り肌の乾燥(水分量の低下)が原因で起こるニキビで、皮脂の多さが原因で起こるニキビよりも、一度陥ってしまうと改善するのが難しい厄介なニキビなのです。

今回は大人の女性の悩みである”乾燥ニキビ”の原因や改善法についてご紹介していきたいと思います☆

姫子
脂っぽくないのに、なぜかニキビができてしまう!という女性は必見よ!

乾燥ニキビの原因

乾燥肌とはお肌の水分量も皮脂量も少ないお肌の事を指しますが、皮脂量が少ない乾燥肌になぜ皮脂が毛穴に詰まるのが原因のニキビができるのでしょうか?

乾燥ニキビの原因は一言でいうと、水分も油分も足りなさすぎるから起こります!

・・・と言われても「いやいや、そんなの分かってるよ・・・」って感じですよね(汗)

姫花
水分量や皮脂量が足りていないとどういうことが起こるのかなぁ?

水分量や皮脂量が足りないとこんなことが起こる!

乾燥ニキビは水分量と皮脂量が足りないのが原因だとお伝えしましたが、具体的に水分量や皮脂量が足りないと肌にはどのような影響があるのでしょうか?

ここを理解する事は乾燥ニキビを知るうえで最も大切な部分なので、それぞれ見ていきたいと思います。

水分量が少なくて起こること

  • 毛穴が小さく細くなる⇒毛穴が詰まりやすくなる
  • 角質層が硬くなり毛穴周りの皮膚の柔軟性が失われる⇒毛穴汚れや詰まりが解消しづらくなる
  • 肌のバリア機能が弱くなる⇒角質が厚くなり、古い角質が増える
  • (水分の蒸発を食い止めるため皮脂が増える⇒インナードライ肌へ)

皮脂量が少なくて起こること

  • 角質層の水分が蒸発しやすくなる⇒乾燥肌になる
  • 皮膚を守る皮膚常在菌がいなくなる⇒カビ・細菌・花粉・ホコリなどの外部刺激に弱い肌になる
姫子
水分量も皮脂量も足りない状態って、ホント肌に悪そうでしょ?

さぁ、水分と油分の両方が足りないことの肌への影響を知ってもらったところで、ニキビのできるメカニズムをちょっと見てもらおうかしら・・・。

ニキビができるメカニズム

毛穴に角質や皮脂が詰まる

毛穴内に皮脂が溜まる

その毛穴に溜まった皮脂をエサに菌が繁殖する

水分量&皮脂量が足りないことで起こる肌への悪影響と、ニキビのできるメカニズムを並べて見てみるとどうでしょうか?

乾燥肌にニキビができやすいのも、当然のように思えてきませんか?

姫花
なるほど・・・乾燥肌って怖い・・・。

なぜ水分量&皮脂量が減ってしまったの?乾燥肌の原因4つ

今までは乾燥肌にニキビができる原因について見てきました。

ホントはここらへんで乾燥ニキビの改善法についてご紹介したいところですが、その前に、そもそも乾燥肌になってしまった原因はなんなのか?についても知っておく必要がありますよね。

というわけで、水分量や皮脂量が減り乾燥肌になってしまう原因についても軽くお話ししたいと思います。

姫子
時間がない人は乾燥ニキビの改善法まで飛んでもらってもOKよ!
姫花
青文字クリックでリンクできるよ♪

乾燥肌の原因① 加齢

人間、年を取ると肌はどうしても衰えてきます。

25歳がお肌の曲がり角とはよくいうモノで、年を取るとお肌の保湿成分は減少をはじめ、水分量や皮脂も減りお肌はどうしても乾燥気味になっていきます。

年は誰でも取るものなので、加齢とはうまく付き合っていくことが大切です。

姫子
年をとってもきれいなお肌の人はいっぱいいるわ。

ってことは、年を取ろうが何をしようが乾燥肌は改善できるということよ。

乾燥肌の原因② 間違ったスキンケア

乾燥肌の原因は様々ですが、一番の原因になっているのは恐らく日々のスキンケアと思われます。

  • 洗顔のし過ぎ
  • 洗浄力の強い洗顔料・クレンジングを使っている
  • 熱いお湯での洗顔
  • 化粧水をサボるまたは付けすぎ
  • 乳液・クリームの付けすぎ
  • パックを長時間し過ぎ
  • ピーリングのし過ぎ

など、パッと挙げただけでも乾燥肌の原因になるスキンケアは思い浮かびます。

後ほど、乾燥肌に向いたスキンケアについてご紹介しますので、最後まで必見です。

姫子
スキンケアって皆やっているけど、正しくやろうと思うと本当に難しいのよね。

でも間違ったスキンケアをやっている間は何だかんだ美肌にはなれないのよね。

乾燥肌の原因③ 生活環境

生活環境も乾燥肌の原因になります。

  • 水分・栄養不足
  • 寝不足
  • ストレス過多
  • エアコンの効いた環境

など、乾燥肌の原因になる生活環境はたくさんあります。

スキンケアだけ完璧におこなってもこれらの習慣を続けた場合は、お肌も乾燥してしまいます。

姫子
美肌を作るのは普段の正しい生活習慣よ!

乾燥肌の原因④ 体質

生まれ持った肌質で乾燥してしまうという方、いらっしゃると思います。

生まれつきの乾燥肌は主にアトピーなどをお持ちの方などで、肌のバリア機能を司る”フィラグリン”という遺伝子に異常がある場合があるようです。

ただし、遺伝子レベルの乾燥肌さんはアトピーをお持ちの方の3人に1人という割合で思ったよりも少なく、大抵の人は体質以外に乾燥肌の原因があると思ってよいと思います。

「生まれつきの乾燥肌なら改善するのは無理じゃん!」といえば元も子もないですが、あなたの乾燥肌が体質の影響であったとしても、ケアをすることで補うことも可能です。

姫花
姫花はアトピーではないし、他に原因があるか・・・。

 

乾燥肌もニキビも治して美肌に♪乾燥ニキビを改善させる方法

今までは乾燥ニキビ・乾燥肌の原因についてご紹介してきました。

様々な要素が重なっている乾燥ニキビ・乾燥肌は、スキンケアを頑張ってもやりすぎてしまったり油分に頼ってしまうとニキビ悪化の原因になってしまいます。

乾燥肌+ニキビはかなり厄介な組み合わせです。

今からは、そんな厄介な乾燥ニキビ(乾燥肌)の改善方法についてご紹介したいと思います!!

乾燥ニキビの改善方法① 油分を使わない高保湿スキンケア

乾燥ニキビを治そうと思えば、化粧水はもちろん乳液やクリームを使っての高保湿ケアを思い浮かべますよね。

実際、乾燥肌で悩んでいる自覚があり改善を図ろうとする人は、皆さん化粧水+乳液やクリームでのケアを欠かしません。

しかし、結論から申し上げますと乾燥ニキビに乳液やクリームなどの油分を使った保湿ケアはNGです。

姫花
えー!?どうして乳液やクリームはダメなの!?

それじゃぁ化粧水だけにしろってこと!?

そんなじゃいくら化粧水で水分補給しても蒸発しちゃうじゃん!!

乾燥ニキビに乳液やクリームなどの油分ケアがNGな理由

”化粧水で保水して、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐ”これはスキンケアの基本ですよね。

このスキンケアの基本のルーティーンをより丁寧に、より手厚くやっていれば、いつかは 乾燥肌や乾燥ニキビは改善される・・・そう思ってはいませんか?

実はこのスキンケア基本ルーティーンは、高保湿で低刺激ケアが必要な乾燥肌タイプの人がやってしまうとニキビの原因になってしまうこともあるのです。

姫子
油分たっぷりケアが乾燥ニキビケアにNGな理由を説明するわ。

油分の多いスキンケアや化粧品が肌に与える影響は以下の通りです。

  • 乳液やクリームが毛穴に詰まる
  • 乳液やクリームを多く使用することで肌が皮脂を出すのを妨げる可能性がある
  • 乳液やクリームに含まれる乳化剤が、皮膚自体や肌の皮脂膜・細胞間脂質を破壊・溶解

乳化剤…別名、界面活性剤。水と油の分離を防ぎ混ぜ合せるために使用される成分。

皮脂膜…汗と皮脂が混ざり合った天然の保護膜のこと。細菌や汚れからの保護や水分蒸発を防ぐ役割があります。

細胞間脂質…皮膚細胞と皮膚細胞の間に存在する物質の総称。お肌の水分保持力の80%を保持している物質で、お肌のうるおい保持に欠かせないものです。

上記で記載した通り、乳液やクリームは皮脂膜の代わりに肌を保護しますが、その代わりに人間が自然に出す皮脂膜を破壊し、乾燥肌や敏感肌を招いてしまう可能性があるものなのです。

それに加えて、乾燥で小さくなった毛穴にも詰まりやすいので、乾燥ニキビを予防・改善したいなら乳液やクリームなどでの油分ケアはするべきではありません。

姫子
個人的には、今主流になっている油分を使ってのケアはもともと肌の強い人向けって感じだと思うわ。

日本人含む東洋人は角質層も薄くて肌が弱い傾向にあるから、油分ケアは向いていないという意見もあるのよ。

西洋人などの白人は角質が比較的厚いから、油分ケアでも問題ないみたいだけどね。

乾燥ニキビケアにオススメなのは多糖類やアミノ酸を使用した保湿ケア

今までの説明を聞いた人から「油分での保湿がダメなら何で保湿しろっていうの?」そんな声が聞こえてきそうですね。

世の中の女性の多くは、保湿成分というと油分を想像しがちですが、保湿成分は油分だけではありません。

私が乾燥ニキビや乾燥肌に悩む方に一番おすすめしたい保湿成分は”多糖類とアミノ酸”です。

これらは保湿成分としてあまり有名ではありませんが、皮膚自体や皮脂膜・角質の細胞間脂質と同じような成分なので、肌に優しく無害です。

姫花
なんか多糖類とアミノ酸良さそう・・・

多糖類・アミノ酸でのスキンケアなら”CAC化粧品”がオススメ!

乾燥ニキビに多糖類やアミノ酸でのケアが良いといっても、乳化剤や油分を配合せず多糖類やアミノ酸を豊富に配合している化粧品は探してもそうめったにありません。

そこで私がオススメしたいのがCACというメーカーの化粧品です。

CAC化粧品は乳化剤・防腐剤・合成ポリマーなどを一切使用していない安全・低刺激な化粧品です。

防腐剤を一切使用していないため、このように1回使い切りサイズのディスポ―サータイプです。

こちらはCACの乳液ですが、乳液といいながらも乳化剤は一切しないので色は白ではなく無色透明です。

私自身もこのメーカーの化粧品は大好きで、以前このメーカーについての記事も書きました。

気になる方はぜひCAC化粧品の口コミ・激安情報ご紹介!敏感・乾燥・アトピー肌さんは必見☆をお読みください。

姫子
個々の化粧品は優しくていいわよ~!

敏感肌・乾燥肌もちろん普通肌の人にもオススメよ☆

乾燥ニキビの改善方法② 肌断食をしてみるのもアリ

乾燥ニキビのケア法として、化粧水や乳液をはじめとした全てのスキンケアを断つ肌断食をしてみるのもアリです。

肌断食に成功すれば、乾燥肌の原因である水分量や皮脂量の少なさも改善され、乾燥肌が改善されます。

ただし、なんといっても現状は乾燥肌なので、今まで行っていた保湿ケアを一切やめると一時的に想像以上にひどい肌荒れに悩まされると思います。

それを過ぎれば大してスキンケアをしなくてもきれいな肌が手に入れられる可能性もあります。

姫子
メイクもせずに肌がボロボロになっても大丈夫な環境のある人ならやってみてもイイかもね。

肌断食の事なら肌断食のやり方・効果・種類・経過・注意点など全てご紹介☆を参考にしてね!

生まれつきの乾燥肌・年齢肌の人は肌断食NG

乾燥ニキビに悩む人の中でも

  • 子供の頃から乾燥肌
  • 加齢による乾燥肌
  • アトピー気味

などの方には肌断食は向かないことが多いのでオススメできません。

生まれ持っての体質や加齢など努力では変えられない原因をお持ちの方は、先ほどご紹介した多糖類やアミノ酸での保湿ケアをオススメします。

姫子
自分にあった方法で乾燥ニキビを改善させましょう。

逆に、年齢の若い人や、子供の頃は綺麗な肌だったのに大人になって化粧品を使いだしてから乾燥肌になった人は1回肌断食にチャレンジしてみるのもいいかもしれないわ!

乾燥ニキビの改善方法③ 体の内側から乾燥対策を行う

酷い乾燥肌だった場合はスキンケアを行うだけでは、改善することは難しいです。

スキンケアを手厚く丁寧に行うのも良いですが、限度というものがありますし、どんなに肌に良いことでもやりすぎは逆効果になってしまいます。

より乾燥肌の改善を図るには、外側からだけではなく、体の内側からのケアも大事になってきます。

姫花
内側からのケアねぇ・・・

水分補給をマメに行おう!

お肌への水分補給はスキンケアだけだと思ってはいませんか?

私たちがそとから水分補給してあげられるのは、せいぜいお肌の一番外の角質層までのお話になります。

肌の奥に存在する真皮まではどんなに高機能な化粧品でも、水分を届ける事は不可能です。

優秀な皮膚細胞を育むためにも肌の奥の水分量はとっても重要になってきます。

肌の奥の水分量をUPさせるには、口から水分補給をするしかないので、毎日1.5L~2Lのお水を飲むようにしましょう。

姫子
ここでは利尿作用のあるお茶・コーヒーや、体を冷やす冷水ではなく、常温の水や体を温める効果のある白湯がオススメよ!

乾燥肌やニキビを防ぐ食材を取り入れよう!

マメな水分補給と併せて食事でも乾燥対策を行いましょう。

乾燥肌・乾燥ニキビ改善におすすめの栄養素とそれが多く含まれる食材をご紹介します!

姫子
摂取のポイントも一緒に紹介するわ!
  • ビタミンA (肌のうるおいを保持し、代謝を促進する)
レバー・うなぎ・卵・のり・乳製品・緑黄色野菜・抹茶など

ビタミンAは手に入れやすい食品に比較的多く含まれていて摂取しやすいのが特徴です。

肌のうるおいを保持してくれる効果があるので積極的に摂取するようにしましょう。

  • ビタミンB (代謝を促進し、乾燥による炎症や乾燥ニキビを鎮める)
豚肉・大豆食品・昆布・うなぎ・たらこ

ビタミンB群は種類が多く、含む食材も比較的摂取しやすい食材ばかりです。

1日に必要な量も少なく、普通の規則正しい食生活をしていればあまり不足することはないと言われています。

しかし、食材内に含まれる量が少ないので、偏食気味の人には不足しやすい栄養素でもあります。

万が一摂りすぎたとしても体には無害なので、足りないと思ったらこういったビタミンB群がマルチに含まれたサプリメントなどを利用すると良いでしょう。

  • ビタミンC(肌のうるおいやハリを保持するコラーゲンの生成を促す)
ゆず・レモン・いちご・アセロラ・パセリ・パプリカ・キャベツ・のりなど

お肌に良いというイメージのあるビタミンCはお肌のうるおいやハリ保持に必要なコラーゲンの生成に必要なビタミンです。

ビタミンCは1度に多く摂取しても尿で出てしまうので、3度の食事で少しづつ摂取するよう心がけましょう。

また、柑橘類のフルーツにビタミンCとともに含まれるビタミンPと一緒に摂取することで、不安定なビタミンCの安定性が増しますので、意識的に柑橘類の摂取をオススメします。

  • セラミド(皮膚の角質層の脂質間脂質の40~50%を占め、潤い保持に絶対に必要な成分)
こんにゃく・黒豆・ごぼう・そば・黒コショウなど

乾燥肌・乾燥ニキビ改善のために非常に重要な栄養素であるセラミド。

含まれる食材が少ないことや、トップの含有量を誇るコンニャクを毎日100g食べたとしても1日に必要なセラミドを摂取できないことから、ほとんどの人が不足している栄養素です。

セラミドに限っては規則正しい食生活を送っていても不足してしまいがちなので

こういったこんにゃくセラミドのサプリを摂取することがオススメです。

  • α-リノレン酸
エゴマ油・栗・亜麻の種・鮎

α-リノレン酸は、細胞膜を作ったり、先ほど紹介したセラミドを生成する際にも重要になってくるので、乾燥ニキビ・乾燥肌改善に向けて積極的に摂取したい栄養素です。

しかし、摂取できる食材が限られていてかつ手に入りにくいものばかりなので不足しがちになってしまいます。

亜麻仁オイルや

亜麻の種、季節ものですが栗などがα-リノレン酸が多く含まれる食材です。

鮎も多く含まれますが、かなり入手し難いです。

日常的な摂取が難しければ

こういったサプリでの摂取もオススメです。

姫子
どうだったかしら?

不足していそうな栄養素は意識して摂取するようにしたいわね☆

乾燥ニキビの改善方法④ 空気も乾燥しないように心がける

スキンケアで角質層の乾燥を防ぐにも、1日中スキンケアをしているわけにもいきません。

最近はどこに行ってもエアコンが作動しているので空気は乾燥し放題です。

そんな中でずっといれば肌も徐々に乾燥していきます。

かといって、肌が乾燥するからエアコンを切るわけにもいきませんので、エアコンを付けながら湿度を保つようを心がけることが必要です。

家にはこういった加湿器を設置したり、自由にものを置けない会社では

自分のデスク周りだけでも、こういった水の入ったコップにさすだけで使える加湿器を使用したりするのがオススメです。

姫花
加湿器常用とかTHE美容女子って感じだね!
姫子
美肌で有名な女性芸能人も皆、空気中の乾燥には気を付けているみたいよ!

環境ごと変えて乾燥ニキビ・乾燥肌改善に勤めたいわね♪

まとめ

ここまで長らくのお付き合いありがとうございました。

乾燥ニキビ、撃退できそうでしょうか?

様々な原因があり、なかなかに改善するのは難しい乾燥ニキビですが、きちんと向き合っていけば必ず良くなりますので、あきらめずにケアを続けてくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。