乾燥肌改善♡乾燥肌さんのスキンケアの3ポイント!

乾燥肌 改善 スキンケア

前回の記事では乾燥肌がどのような肌なのかや、原因についてみてきました!

今回はその原因などを踏まえて、乾燥肌を改善させるスキンケア方法についてお伝えしていきたいと思います!

乾燥肌を撃退するスキンケア方法♡

その①洗顔

乾燥肌 スキンケア 洗顔

美肌を保つのに必要な洗顔ですが、乾燥肌にとっては洗顔は敵だと思ってください。

とはいいながらも、全くしないわけにもいかないという状況です。

顔を洗うのは1日に2回まで!

乾燥肌の人でそう何度も顔を洗う人はあまりいないかもしれませんが、これは必ず守るべき項目です!

夜はクレンジングをすると思いますが、できればW洗顔不要で洗浄力も強くないクレンジングにして洗顔の回数を減らしましょう。

朝はぬるま湯洗顔で、汗やほこりなどの汚れは十分に落ちますので、ぬるま湯洗顔にシフトしましょう。
寝ている間に出た皮脂を完全に落としてしまうと、無防備なお肌で1日を過ごすことになってしまいます!

熱いお湯で洗顔しないこと

熱いお湯で顔を洗うと、皮脂を奪ってしまいます。

水とは言いませんが、自分の手で水を触って暖かいとも冷たいとも思わない食らいの温度で顔を洗うようにしましょう。

摩擦を起こさないこと

これも重要です。

洗うときも拭くときもとにかく「擦らない」こと!
キッチンスケールを用意して顔を触るつもりで撫でてみましょう。

20g以上の力が出てた人は強くこすりすぎです。
大概強くこすってますので、ぜひ試してみてください!

また、お風呂に入ったときシャワーを直接顔に当てるのもやめましょう。
顔の皮膚は薄いので、少しの刺激でも敏感に反応します。

その②スキンケア

乾燥肌 スキンケア 化粧水

乾燥肌を本気で治したい女性は命をかけてスキンケアに励んでいることでしょう(笑)
お気持ちはすごくわかります!

すでに励んでいる人は確認、これからという人は参考にしていただければと思います!

保湿重視!

 

化粧水は高保湿のもので、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなど保湿成分入りのものを選ぶようにして下さい。

化粧水はケチらずに安いものでもいいのでたっぷりと使い、浸透させましょう。

その後乳液でフタをしてください!

なお、乳液を塗っても乾燥するからと浸透性の良い乳液やクリームをたっぷりつけずぎるのも肌が自ら潤うための機能を損なうことがあるので、ほぼ浸透しないでお肌の保護だけを行ってくれるワセリンを塗るのがお勧めです。

塗りすぎ、過度なスキンケアはNG!

乾燥肌のお肌はお肌の細胞と細胞の間がスカスカになっているので、肌バリア機能が弱く未防備です。

化粧品は肌に良いということで使いますが、曲がっても化学物質であることに変わりありません。

未防備なお肌には刺激となりトラブルを起こしてしまう可能性があるので、できるだけシンプルで保湿重視のケアを心がけましょう。

その③メイク

乾燥肌 メイク ファンデーション

乾燥肌さんのメイクは、しわになったり、皮膚がはがれてきてメイクが乗らないなど難しいと思いますが、メイクしないわけにもいかないですよね!

乾燥肌向けのメイクでしっかりとキレイを作っていきましょう!

下地は高保湿か、ワセリンで代用!

化粧下地は高保湿のものをチョイスしましょう!

それでもやはり乾燥する場合や、部分的にカサカサしているなという部分にはワセリンを薄く延ばせば艶もでてきれいにメイクできます!

保湿成分入りのリキッド、クリームファンデをチョイス!

セラミド、スクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸、レシチンなどの保湿成分が含まれているファンデーションをチョイスしましょう!

乾燥肌さんのメイクのコツは、塗りこむのではなく、叩き込むがポイントです。

横方向にスライドすると皮膚がはがれたりしわが目立ったりしてしまいますので、トントントン軽くたたきながらファンデーションを広げていきましょう!

パウダーはつきすぎ注意

乾燥肌だからパウダーはつけないほうがいいのか?と思いがちですがそんなことはありません。

リキッドだけだと、べたついているのでゴミや細菌が肌につきやすくなります。
乾燥肌は弱っているお肌なので危険です。

付けすぎはもちろん乾燥するのでいけませんが、顔のべたつきがなくなる程度にパウダーファンデは付けましょう。

もし、付属のパフなどではつきすぎてしまうという場合には、ブラシでパウダーを乗せると、付けすぎることはなくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

乾燥肌さんのスキンケアについてみていきました!

うるうるのお肌目指して頑張っていきましょうね☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。