乾燥肌って具体的にどんな肌?乾燥肌になる5つの原因とは

乾燥肌

以前の記事でいろいろな肌質の特徴と、肌質チェックについてお話してきましたが、この記事では乾燥肌について見ていきたいと思います。

大人になると増えがちな乾燥肌の悩み。

カサカサしてかゆみを伴ったり、メイクが乗らないなどお困りな点も多いと思いますのでしっかりと乾燥肌について知って改善していきましょう!

乾燥肌はこんなお肌!

乾燥肌 かゆみ 原因

乾燥肌は、角質細胞間脂質の減少により角質の水分量が少ないお肌のことを言います。

皮脂分泌量も他の肌質と比べて少なくてお肌の表面にうるおいがなく、皮膚が硬くてもろいのが特徴です。

また乾燥肌のお肌の表皮(角層)の肌細胞は形や大きさが不揃いで、スカスカ状態。

それに加え肌の乾燥により、皮膚がはがれるところもあったりすると肌のバリア機能はどんどん破壊され、肌トラブルが絶えません。

非常に悩みの多い肌質です。

乾燥肌で肌がかゆい!

乾燥肌 かゆい 痒み

乾燥肌で肌にかゆみを感じる場合は、皮脂欠乏症である可能性が考えられます。
肌のかゆみというのは乾燥肌とともに起きやすい症状です。

お肌が乾燥すると、いつもは弱酸性に保たれているお肌がアルカリ性に傾いて、菌の繁殖を助けることとなります。

それが原因で、少しのことで強いかゆみを感じたり、長年使っていた化粧品なのに、急に皮膚が赤くなってかゆみがでて合わなくなったりしてしまうのです。

あまりに掻きむしりすぎるとさらに症状が悪化した皮脂欠乏症湿疹になってしまう可能性もありますので、早めに皮膚科に相談するのがお勧めです。

そんな乾燥肌の原因は?

乾燥肌の原因は、体の内部的な問題から、普段のケアや環境によるものなど多岐にわたります。
1つずつ見ていきましょう。

内的要因

年齢による皮脂量の低下

乾燥肌 原因

皮脂はニキビの原因や肌荒れ、化粧崩れの原因になると嫌煙されがちですが、皮脂は「天然の美容液」と呼ばれるほどお肌にとってなくてはならないものです。

皮脂は1日に通常1~2gほど分泌されると言われていますが、それ以上でも以下でも肌トラブルに発展します。

女性の皮脂の分泌量のピークは20代、男性は30代がピークで、その後年を取ると減少していきます。

また年齢を重ねる以外にも、血行不良、ホルモンバランスなどにより減ることがあります。

特に女性は男性よりも皮脂の量が少ないので、20代半ばからのスキンケアで補うことが必要になります。

セラミドの不足、減少

乾燥肌 ドライスキン 原因

お肌を作っている角質細胞の間と間の隙間を埋める接着剤のような役目の角質細胞脂質(セラミド)。

セラミドが減ると肌がスカスカになり、水分が蒸発しやすく、肌のバリア機能が低下します。

アトピーの方のお肌などは、セラミドの量が通常の3割ほどしかないそうです。

そうなると、外部の細菌や刺激に耐えられなくなりお肌がボロボロに荒れてしまうのです。

天然保湿因子(NMF)の減少

乾燥肌 ドライスキン 原因

天然保湿因子とは、人間がもともと持っている保湿成分の総称で、アミノ酸やミネラルなどの成分のことです。

水分を抱え込む性質があるので、天然保湿因子が多いお肌はうるおい肌だといえます。

この天然保湿因子がなければ肌は水分を保つことができずに、スキンケアをしてもすぐに乾燥してしまいます。
スキンケアをどれだけしても乾燥してしまう乾燥肌の典型的な症状です。

しかし、加齢や睡眠不足、ストレス、栄養不足などの原因で、肌のターンオーバーがうまく回らないと、天然保湿因子はターンオーバーを繰り返す際に作られるため、やはり不足してしまいます。

外的要因

今までは、肌内部の原因ですが、今回は外的要因です。
内側から改善することは難しくても、外的要因ならすぐにでも改善できると思うので意識しましょう。

スキンケア

乾燥肌 ドライスキン 原因

顔の皮膚は他の部位と比べてもかなり薄いです。

特に目元口元は顔の中でもかなり薄いので、もともと刺激には敏感なんです。

乾燥肌の要因になるスキンケアを上げていきます。

・洗顔時、顔を拭くとき、スキンケア時、メイク時。すべてにおいてゴシゴシと擦る。

・熱いお湯を顔にかける。

・化粧水しかしない(乳液をしない)

・肌のためと思い、パッティングする

・洗いすぎ、洗浄力の強いクレンジングや、洗顔料を使いすぎ。

 

などがあげられます。

季節的な原因

乾燥肌 ドライスキン 原因

秋口や冬場になると、空気が乾燥しますね。

そうなると、肌の水分は乾燥しているところへいきやすいので、空気中の水分が減ると、肌の水分が空気中に逃げやすくなり乾燥が起こります。

年中同じスキンケアをしていて寒くなると、カサついたり、かゆみがでたり、粉をふいてしまうという人はスキンケアを季節に合わせて変える必要がありますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は乾燥肌がどのようなものかということと、原因についてみてきました!

次回はそんな乾燥肌のスキンケアなど改善方法をお伝えしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。