【まとめ】快眠は美容と健康のカギ!夜によく眠れる方法12選☆

眠る女性

あなたは日々の睡眠きちんと摂れていますか?
ばっちり安眠できていますか?

人は人生の4分の1は寝て過ごしています。
質の良い睡眠を取れるかどうかは人生に大きな影響を与えます!

その影響はもちろん、健康や美容なんかにもつながりますよね!
質のいい睡眠は美人を作る材料です♡

今回は寝る前にすると快眠できる”寝る前習慣”をご紹介します☆

快眠は美容と健康のカギ!夜によく眠れる方法12選☆

眠れない夜が続くと辛いですよね(涙)

夜、眠れないと時間がとっても長く感じてしまいます。

眠れないと、次の朝体が重いし、メイクノリも悪くなってしまいますよね!
今日の夜ばっちり快眠できるためにも早速、快眠習慣を見ていきましょう!

音楽を聴く

楽譜

音楽はとってもおすすめです!

音楽は脳に直接働きかけ、副交感神経が刺激されてリラックス状態になります。

ロック等聞いてしまうと逆効果になってしまいますので、ゆったりとしたクラシックやオルゴール調の音楽などリラックス効果のあるものがいいですね!

歌詞があるものや好きな音楽は音楽を聞くことに集中してしまって逆に眠れなくなるので、できればあまり興味のない音楽を流すようにするのがコツです。

絵本を読む

”寝る前に本を読む”という行為は賛否両論ですよね。

脳が興奮するので良くないとか、続きが気になってしまいつい読んでしまうので良くないとかも言うし、興味ない物を見てると眠くなるから難しい本を読むのがいいとか色々説があります。

一方、絵本といえばお母さんが子供の寝かしつけに読んで上げるイメージがありますね。
そこでよく聞くお話が、子供よりお母さんが先に寝ちゃうということ(笑)

絵本のふんわりした風合いの絵と、スーッと頭に入ってくるわかりやすい内容はリラックス効果があるんだそうです。

また絵本は短編なので、そのまま読みふけってしまう可能性もなく、1日の終わりの合図にちょうどいいんです。

今夜からちょっと童心にかえって、絵本を読んでみませんか?

アイマスクをつける

真っ暗だと眠れない!という人もいますが、本来は眠るときに少しでも光があると体は起きていると錯覚してしまい、疲れの取れない睡眠となってしまいます。

月明りやマンションの廊下側の部屋だったりするとマンションの廊下の電気が原因で眠りを妨げているという可能性があるので、部屋に光が差し込む構造のお部屋で寝ている人は、アイマスクをしてみましょう。

ゆったりとしたパジャマを着る

パジャマ

締め付けは眠りを妨げます。

ゆったりと肌触りの良いパジャマを着ましょう。

締め付けの強いものは寝るときに外すようにしてください。
ブラジャーなども外した方がイイですが、胸の形が崩れるのが気になる人はナイトブラ等を使用しましょう。

タオルをつかむ

赤ちゃん

赤ちゃんがタオルを寝ながらチネチネしてたりしますよね!

あれって凄くリラックス効果があるそうです!

他にも指を吸ったり、服とかについてるネームをツルツルしてたり色々クセがありますよね。

さすがに大人になって指を吸うのは良くないかな~って感じですが、何か手触りの良いものを触るのは快眠効果がありますのでおすすめです。

ホットミルクを飲む

ホットミルク

眠る前に何か飲みたくなったら、冷たいものやコーヒーなどの覚醒作用のあるものはやめて温かいホットミルクはいかがですか?

ホットミルクにはトリプトファンという必須アミノ酸が含まれていて、このトリプトファンが脳に到達するとセロトニンという幸ホルモンに変わり、セロトニンが快眠ホルモンのセラトニンへと変化し快眠をサポートします。

また牛乳にはカルシウムが含まれているので、イライラを抑えてくれる効果もあり、快眠ドリンクにもってこいです。

私は残念ながら牛乳が苦手なので飲めませんが、牛乳が好きな人はラッキーです!
早速今日から始めましょう♪

アロマを炊く

リラックス効果の高いアロマを炊いてみましょう!
ちょっと優雅な気分になれますよね♪

アロマはストレスを解消してくれて、鎮静作用があります。

眠る少し前からアロマを炊いておいて、安眠できるベッドルームの環境を作りましょう。

可愛いアロマポットも乙女心をくすぐりますね♡

・リラックス♪安眠効果のあるアロマ6つとおすすめの使い方

米粒を数える

ヒツジ

よく”眠れない夜は、羊を数えろ”と言いますよね!

あれってなんの根拠があるんだろ?と調べてみたら、英語の”sheep”は”sleep”に似ているので、暗示がかかるという意味らしいです。

日本人はわざわざ「シープが1匹~」なんて言わないですよね(笑)

そのほかにも、物を数えるという単純な行為が眠気を誘うという根拠らしいですが”ヒツジを数える”というのは西洋の話で、日本人向けじゃないらしいんです。

西洋の人はヒツジって割と日常的な風景らしいですが、日本人にとっては馴染みがなく「ヒツジってどんなだっけ?」とか考えてる間に眠れなくなってしまいそうなので、日本人の場合は米粒とか畳の目の数とかを数えるとなじみ深いくてイイみたいですね。

深呼吸をする

深呼吸

皆さんは”4-7-8呼吸法”はご存知ですか?

快眠できるとして有名な呼吸法で、4秒吸って、7秒とめて、8秒かけて吐くというルールで呼吸を続ける方法です。
これをすると不眠症の人でも、数分でふわ~っと眠くなるそうです。

深い呼吸はリラックス効果があるのは前から言われていることだし、タダでできることなので今夜からチャレンジしてみてはいかがですか?

湯たんぽを使う

足が冷たくて眠れないという人は湯たんぽを使ってみましょう!
ほんのりと温かい湯たんぽが布団と体を温めてくれます。

低温やけどはしないように気を付けてくださいね!

枕を特注してみる

眠る女性

そこら辺のニ〇リとかでテキトーに枕を選んでいませんか?

枕歯皆さんが思っているよりも快眠に関係があります。

自分に会った寝具を使うことで不眠が改善されるというのはよく聞くお話です。

ちょっと値が張りますが、きちんとした寝具メーカーに言って店員さんに自分にあった枕を選んでもらうんです。
そこら辺の枕と寝心地が全然違いますよ!

医者に相談する

医者

不眠が酷く、日常生活に支障をきたす場合は医師の診断を仰ぐのがいい時もあります。

何科にかかればいいかということですが、まずは内科にかかりましょう!

安定剤や睡眠導入剤を処方してもらって、様子を見て改善がなければ心療内科や精神科への紹介状を書いてもらってください。

また大きな病院だったら、不眠外来というのもあるみたいです。
不眠外来があったらそっちの方がいいですね。

ルナハーブ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらをやっていけば、あなたにピッタリの快眠法が見つかるかと思います!

寝る前にすると熟睡できなくなる12のことも一緒に確認して毎日の快眠をGETして健康で美しい体をGETしましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。