インナードライ肌の2つの原因と4つのスキンケアのコツ!

インナードライ肌 改善 スキンケア

前回の記事で様々な肌質の特徴と肌質チェックについて記載しましたが、この記事ではインナードライ肌について見ていきたいと思います!

パッと見はオイリーなのに、肌の中はパッサパサの乾燥状態で、余計に皮脂を出してしまうと負の連鎖に陥っているインナードライ肌。

その原因とスキンケア、改善方法などをご紹介します!

インナードライ肌はどんな状況?その原因は?

インナードライ肌の状況

インナードライ肌 改善 原因

インナードライ肌の状況はこんな感じです。

お肌が乾燥!
➡お肌「水分がこれ以上蒸発しちゃだめ!じゃぁ皮脂を一杯出してお肌を守らなきゃ!」
➡私達「皮脂が多い!!洗い流さなきゃ!」
➡お肌「あ、皮脂が全然足りない!!もっと皮脂出さなきゃ!」

これのループです。

元が乾燥肌で、その乾燥を補うためにお肌が皮脂を過剰に分泌してしまうのがインナードライ肌の特徴です。

インナードライ肌の原因

インナードライ肌 改善方法 スキンケア

乾燥

インナードライ肌の根本的な原因は乾燥から来ています。

乾燥というのは表皮の皮脂のことではなく、お肌の水分量のことです。

お肌は水分量と皮脂量のバランスが整っていることが重要で、インナードライ肌は水分量が少なく、皮脂量が多い状態です。

脂の取りすぎ

インナードライ肌の肌質は、肌は自分を守る力を持っています。
水分量が足りないけど、皮脂も自分であまり出せなくてどんどん乾燥していくというのは乾燥肌になるので、インナードライ肌は皮脂を出して守ろうとしてるんです!

とっても強いお肌なんですね!

なので私たちが脂を取りすぎると「まだ足りないの?!」とどんどん皮脂を出してくるし、皮脂を取っていると必要な皮脂まで取ってしまって、肌の水分量までもっと足りなくなってさらに悪化します。

インナードライ肌のスキンケア

脂を取らないこと!

インナードライ肌 改善 洗顔

自分がインナードライ肌だと思ったら、皮脂をとるようなケアの仕方はスパッとやめましょう!
逆効果になってしまいます!

洗顔は1日2回まで!
抵抗あるかもしれませんが、朝はぬるま湯洗顔が好ましいです。

できない場合は洗浄力の強いさっぱりタイプの洗顔料はやめましょう!

インナードライ肌とクレンジングの相性は最悪!

インナードライ肌 クレンジング スキンケア

クレンジング剤は、洗浄力が弱いものでも、やっぱりメイクを落とすときに皮脂は落とすし、お肌のうるおい成分も落としてしまいます。
そうすると、クレンジング後に皮脂が大量分泌されてしまいます!

可能であればメイクはしないほうがいいのですが、インナードライ肌で悩むということは何かしらの肌トラブルに悩まされているはず!
少しでも隠したい気持ちはよーくわかります!

そんな時は、クレンジングがいらないタイプのファンデーションを使用するのがおすすめです。

保水をしっかりと行い、シンプルケアを心がけて!

インナードライ肌 シンプルケア スキンケア

洗顔が終わったら、すぐに化粧水に入りましょう!

ここで感覚を空けると余計に乾燥してしまうので注意です!

化粧水はしっかりと2~3度重ね付けをしましょう!
肌に余計な刺激は与えずに、手で優しく包み込むように化粧水を浸透させていきます。

化粧水後の乳液は、既に皮脂は出ているので使用しないか、使用するにしてもかなり薄目にしましょう。

乳液は「保水」ではないのであしからず・・・。

焦らず慌てず根気よくケアを続けましょう☆

インナードライ肌 改善 肌質改善

皮脂を取るのをやめると一時的にニキビ等の症状が悪化する可能性がありますが、インナードライ肌を改善させるには必要な道のりです!

3か月くらい見てケアをしていきましょう!

3か月たってみてその時の肌質でこれからのスキンケアを考えていきましょうね☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

皮脂が気になっているのに、あえて皮脂を取らないケアをする・・・。となると最初は気持ち悪く不快かもしれませんが、これから先ずっと皮脂と戦っていくのも辛いと思うので、短期間でがっと頑張ってインナードライ肌を克服しましょう!

あなたのお肌はちゃんと自分を守る力を持っている強いお肌ので大丈夫です!

きっときれいなお肌になるはずなので頑張りましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。