なぜ皮膚科に掛っても肌荒れが治らない?原因と2種類の肌荒れ

皮膚科 肌荒れ 治らない理由

「肌荒れ完治を期待して皮膚科に行ったけど、治らなかった・・・。」肌荒れに悩む女性であればこのような思いをしている人も少なくないのではないでしょうか?

私もその一人です。

なぜ皮膚科に行っても肌荒れが治らないのでしょうか?

今回はなぜ皮膚科に行っても肌荒れが治らないのか?その原因について考えてみました。

皮膚科に行くべき肌荒れとそうでない肌荒れ

肌荒れ 皮膚科 治らない

肌荒れには、皮膚科に行って治るものとそうでないものがあるように感じています。

その2方に違いはなにかといいますと・・・。

慢性的であるか突発的であるかです!

突発的な肌荒れ

突発的な肌荒れは化粧品を変えたとかで起きることが多く、原因がはっきりしやすいのが特徴です。

皮膚科へ行っても肌自体の問題であることが多いため、皮膚科が行う治療や処方される薬などで改善する場合が多いのかなぁというような印象です。

慢性的な肌荒れ

一方、慢性的な肌荒れに関しては、あなたのスキンケアや生活習慣、元より持っている体質、肌質に問題がある場合が多いです。

その場合、皮膚の表面的な問題だけではなく、習慣や内部的な問題なので皮膚科に行ってもなかなか改善せず、しまいには皮膚科医に

「う~ん。ストレスが原因かもしれませんネ。」

なーんて言われちゃうわけですね。

皮膚科の先生は患者さんが

どんな生活を送っているのか?
どんなものを普段たべているのか?

どんなスキンケアをしているのか?
いつから肌荒れに悩んでいるのか?

とそのようなことは一切知らない状態で、たった5分だけの診療で、皮膚の状態だけ見て薬を処方するなりなんなりします。

それで肌荒れが治らないのも、まぁ無理ないかなぁ・・・。という感じです。

慢性的な肌荒れの人は1回皮膚科にいって、言われた通り治療してみて改善がなかった場合、もう一度皮膚科に行くより、スキンケアや生活習慣などを改めたほうがいいんじゃないかなと思います。

※個人の見解です。皮膚科を否定しているわけではありません。

では慢性的な肌荒れに悩む人はどうすればよいのでしょう?

肌荒れ 皮膚科 治らない

当然こうなりますよね。

私も「何やってもダメだったから、皮膚科行ったのに治らないじゃん!じゃぁどうしろっていうのよ!」と思っていました。

正直、肌荒れの改善方法は人によるところがあり、一言では言い切れません。

不摂生や睡眠不足、ストレス、便秘、化粧品があってない、もともと肌が弱い等言い始めればキリがありません。

これといってなにか「1発で肌荒れが治る!」みたいな解決方法があるとかっていうわけでもなくこの記事を書き始めました。

突然、昔の自分を思い出しました。

新しい皮膚科に行くたびに「これで肌荒れが治る!」ってすごく期待して皮膚科に通っていたことを。

でも悲しいことに、思ったような結果は出ませんでした。

もし、同じような境遇の人がいたらその辺で皮膚科はやめて、違う方向に目を向けませんか?
肌荒れに立ち向かいましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。