ジェルネイルを長持ちさせる4つのコツ!

ジェルネイル 長持ち コツ

可愛くてマニキュアより長持ちすることで人気のジェルネイルですが、できればもっと長持ちさせたいですよね♪

ジェルネイルを長持ちさる4つのコツをご紹介します!

ジェルネイルを長持ちさる4つのコツ

ジェルネイル 長持ち 方法

とにかく保湿ケア!

爪が乾燥すると、やはりジェルネイルもはがれやすくなってしまいます。

ネイルオイルやハンドクリームを使って保湿します!

ネイルオイルを爪の根元に塗って、くるくると根元を優しくマッサージしてからハンドクリームを手全体に塗ります。

このとき注意したいのが、爪の根元を強く押しすぎないことです。爪の根元を強く圧迫してしまうと、まだ生えてきていない赤ちゃんの爪が傷んでしまい、その部分だけ白くなってしまいます。

そうなってしまうとフレンチネイルなどするときに見た目が不細工になってしまいます・・・。

爪先を酷使しない

シールをはがしたり、シャンプーをしたりするときに爪先を酷使しないことです。

爪先からネイルが剥がれてしまいます。

シャンプーなどするときはこのようなシャンプーブラシで頭を洗いましょう!

家事をするときも注意!

女性なら、炊事や洗濯、皿洗いなどなど水仕事って多いですよね。

ジェルネイルの少しの浮きから水が入ると取れる原因にもなりますし、爪カビと呼ばれるグリーンネイルになってしまうと完治するまでの数か月間はネイルをお休みしないといけないことにもなります。

できるだけ手袋をして家事をしましょう!ハンドクリームを塗ってから手袋をはめると簡易パックにもなって一石二鳥です!

使い捨てのゴム手袋が便利です。

ネイルサロンに行くときはオイルやハンドクリームは塗らないで!

イルサロンに行くとき、もちろんセルフネイルをする前もですが、オイルやハンドクリームは塗らないことをお勧めします!

ジェルは油分との相性が悪いです。

ネイルサロンなどでは油分除去はしますが、取り切れなくてリフトしやすくなってしまう原因になります。
施術してくれるネイリストさんのことも考えてサロンに行く前は控えましょうね!

意外と知らないネイルサロンに行くときのマナーはネイルサロンでのマナー違反行動6つをご確認ください☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジェルネイルは気を付ければ2か月持つという方もいらっしゃいますので、忙しい方は日ごろのケアで長持ちを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。