あなただけじゃないよ!デリケートゾーンの匂い改善法5つ☆

デリケートゾーン 匂い ニオイ 改善

前回の記事ではデリケートゾーンの匂いの原因についてみてきましたね!

女性を悩ませるデリケートゾーンの問題。
なかなか人に相談できない根深い悩みだと思います。

そういう時はこういうネットの情報が頼りになりますよね。

悩める女性のために、今回の記事ではデリケートゾーンの匂いの解消法についてお伝えしたいとおもいます☆

ジャムウ

誰にも相談できないから困っちゃう・・・。デリケートゾーンの匂いへの対処法

実際に私も自分のデリケートゾーンの匂いに悩んだことがある人のうちの1人なので辛い気持ちはよくわかります。

パートナーとの悩みだけではなく、日常生活でも「匂いが漏れてないかな?」等ととても神経質になってしまいますよね。

1人で悩んでしまいがちなデリケートゾーンの問題ですが、その対処法は意外とバラエティに富んでいます。

あなたにピッタリの対処法もあるはずですので、私の経験も交えながらご紹介していきます☆

パンティライナーやおりものシートを利用する

おりものは大人の女性であれば誰でも出ます。

おりものは子宮や膣内の分泌液が混ざり合ったもので、排卵日付近や生理前になるとおりものがでるのは普通のことです。

おりものの量や匂い色なんかも人によって違います。

1日中おりものが下着に付いたままだと蒸れて雑菌が繁殖し、ニオイの原因になります。

おりものが出るとニオイが気になるという場合はおりものシートを付けてこまめに変えるなどすると、ニオイが気にならなくなることが多いです。

デリケートゾーン用のウエットティッシュを使用する

トイレで用を足した後、私は外のウォシュレットを使うのが抵抗がある人です。(家だったらウォシュレット使うけどね!)

そんな私はデリケートゾーン用のウエットティッシュを愛用しています!

やはり尿が残っていてそれが蒸れると匂いの原因になるし、おりものがたくさん出てしまって気持ち悪い時に使用します。

外でのウォシュレットOKな人はウォシュレット使ってもいいとおもいますが、使う前に”ノズル掃除ボタン”を押して汚れてないか確認した方がいいですよ・・・。笑

ビデを使用する

ここでいうビデはトイレについてるやつじゃないですよ!

大きい薬局などに売ってる膣内洗浄の事をさします。
生理の終わりかけがズルズルと続いてしまう場合や、生理の終わりに匂いが気になる場合におすすめです。

ビデを使用するとデリケートゾーンがきれいさっぱりで匂いもなくなるので初めて使うと嬉しくて何度も使ってしまいそうになりますが、多用は禁物です。

膣は外部からの細菌を殺すため酸性に保たれており、自浄作用があります。
ビデをやりすぎると膣の生態系が壊れてしまい雑菌が繁殖し匂いが悪化することとなります。

生理後に1回使うくらいの頻度にしておきましょう。

私が使用していたのはインクリアという商品でジェル状のビデで、使用後すぐに流れるのではなく、膣内の環境を整えながら時間経過とともに体外へ排出されます。

私はカンジダ膣炎になり膣剤がきつすぎたのか匂いが気になってしまった時にこちらの商品を使用していましたが、これを使うと本当に匂いが気にならなくなりました。

悩んでいる方はは是非使ってみてください。

ジャムウソープを使用する

デリケートゾーン 匂い ニオイ 改善

皆さんはジャムウソープというのをご存知ですか?

インドネシアで古くから伝わるハーブを調合した石鹸のことをさします。

石鹸=ジャムウというわけではなくもともとは生薬などとして様々な用途に使われたものを石鹸として使っているものです。

デリケートゾーンは名の通りとってもデリケートで普通のボディーソープで洗っていたのではPH数(酸性とかアルカリ性とかそういうのです。)がくるってしまい、おりものが増えたり匂いが発生する原因になります。

ジャムウソープはデリケートゾーン用の石鹸として知られており、ニオイケア以外にもおりものの減少や、黒ずみ、膣の締まりなど様々な悩みに対応してくれます。

普通のボディソープのようにしみたりもしないし優しい洗い心地で安心してデリケートゾーンを洗うことができます。

私も毎日ではないですが、愛用しています。

病院に行く

デリケートゾーン 匂い ニオイ 改善

今まで気にならなかったのに急に匂いはじめた!という場合は何かしらの病気になってしまっていることが考えられます。

女性器の病気は性交渉などをしていなくても、風邪などで免疫が起きていると発症してしまうものもあります。(私がそうでした・・・。)

私の体験談はこちら☆→女性の5人に1人は患う!?デリケートな悩みカンジダについて

そういった場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

膣剤を処方してもらえばすぐに治ります。

初めてだと「怖い」とか「恥ずかしい」とかあると思うんですけど、行ってみたら普通の病院と変わんないし大丈夫ですよ!
勇気を出して産婦人科に行ってみてくださいね☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どれか実行できそうなものはありましたか?

初めての事だとどうしたらいいかわからなくて困ってしまうのはよくわかります。

しかも、こういう系の悩みってなかなか人に相談できないと思うんですね。
お母さんに相談するのも勇気いるぐらいですよね!

だからこそネットでの情報って結構大事だと思うんです。

これを読んだ女性が1人でも救われることを祈っております♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。