NEXTブーム?!ダイエットにも向いている食材「デーツ」の効能とは?

デーツ カロリー 食べ過ぎ
デーツ ダイエット 効能

この小豆とか黒豆みたいな植物はデーツという食材で正体はナツメヤシの実です。

お味は苦くもなく、甘くてたとえるなら黒糖のような味をしていて触感は干しイモみたいにねっとり・・・。ドライフルーツなどよりかは食べやすいんですが、様々なうれしい効果があると密かに話題の食材なんです!

デーツの主な栄養素

マグネシウム
鉄分
亜鉛
カロチン
カルシウム
ビタミンK
ビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)
食物繊維

デーツの効能

1)整腸作用
マグネシウムは体内の水分を腸に集めて、宿便を促す働きがあるとされています。食物繊維も豊富なので便通がよくなるとされています。

2)貧血改善
血中のヘモグロビンを増やす効果を持つとされる鉄分が豊富に含まれています。月経で血液が失われる女性は特に摂取するとよいとされています。

3)ダイエット効果
お通じが改善されると同時に、鉄分の働きで代謝向上が臨めます。脂質を代謝する働きを持つビタミンB2、糖質をエネルギーに変換するビタミンB1も豊富に含まれています。

4)酔い覚まし効果
アルコール脱水酵素が体内のアルコールを分解するために亜鉛が必要とされています。

5)生活習慣病の予防
亜鉛は、糖の代謝に欠かせないインスリンを作るために欠かせない栄養分です。糖が正常に代謝されるようになると糖尿病を防ぐことができます。また、カロチンにはがん予防、動脈硬化の予防効果もあるとされています。カルシウムにも動脈硬化予防や高血圧予防に効果があるとされています。ビタミンB3は糖尿病を緩和させ、高コレステロール血症や高血圧を改善する効果があるとされています。

6)免疫力向上
亜鉛には免疫細胞を活性化する働きを持っているので、さまざまな病気に対する免疫がアップするとされています。アトピーや喘息、花粉症といったアレルギーの抑制にも効果があると言われています。

7)抗酸化作用
カロチンには美肌効果もあるほか、有害な活性酸素などを分解する効果があります。ビタミンB1には皮膚や粘膜の健康維持に対する効果があるとされています。

8)目の機能に効果
カロチンが体内に吸収されるとビタミンAへと変わります。ビタミンAには目のピンと調整機能や眼炎を防ぐ効果があります。

9)精神安定効果
カルシウム、ビタミンB類、亜鉛にはイライラを鎮めて精神安定を図る効果があるとされています。

10)骨粗しょう症予防
カルシウムとビタミンKには骨粗しょう症の予防に効果があるとされています。

デーツはどこに売ってるの?

デーツ どこで売ってる コストコ

メジャーな食べ物でもないので、スーパーとかではあまり見かけませんが、ネットで見てみるとAmazonとかでは売ってますね。

あと大型の海外のものを置いているスーパーコストコはご存知でしょうか?
コストコにカリフォルニア産のデーツが大容量で売られているのをみたことがあります。

普通のスーパーなどでは見ないですね・・・。

どうやって食べるの?

デーツ 食べ方

ドライフルーツとして売られているのが一般的なので、ナッツとかドライフルーツみたいにおやつとして、そのまま食べるのが普通だと思いますが、

クリームチーズに挟んでとワインのあてとか、パウンドケーキに入れてもおいしそうですね!

食べ過ぎたらだめなの・・・?

デーツのカロリーは1粒(4グラムほど)で10キロカロリーとたいしたカロリー量でもないですね!

10粒食べたら100キロカロリー・・・ブドウ糖も含まれているようなので、疲労回復にも効きそうですが、糖なので食べ過ぎは良くないかもしれないですね。

なんでも食べ過ぎは良くないのでほどほどのほうがダイエットにはいいかもしれませんね!

まとめ

「エデンの園の果実」「神の与えた食物」ともいわれるデーツ。

色々な効能があり体にもいいので積極的に取り入れていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。