もう失敗しない!良い美容室・美容師さんの選び方のコツ7つ

美容室

”髪は女の命”と良く言いますよね!

女性にとって髪型ってすごく大事ですよね!(もちろん男性にとってもね!)

その人の外見の雰囲気とかって髪型で決まる部分も大きいですよね。

そんな中、イメチェンをしに美容室へ行って髪を切ってもらったけど、仕上がりに満足できなかったという経験はありませんか?

思っていたのと違う髪型にされたり、明らかに腕の悪い美容師に当たってしまった時の絶望感はハンパないですよね・・・(涙)

髪の毛って1度切ってしまうとすぐに伸びる物でもないし、失敗されちゃったら1~数か月間はその髪型で我慢しないといけないからホントに取り返し着きません!

今回はそんなことにならないために美容室で失敗しない方法・良い美容室(美容師さん)の見分け方についてご紹介したいと思います☆

「ちょっとイメチェンしようかな?」と思っている方必見です♪

もう美容室で失敗しない!良い美容室・美容師さんの選び方

美容室の業界は年々競争率が激しくなってきていて、日本全国には約23万店舗も美容室があると言われています。

その数はコンビニの店舗数をも軽く上回るほどの数です。
それほど美容室が全国にたくさんあるのです。

それだけたくさん美容室があるのですから、消費者側からすれば美容室は選び放題!

納得の行くまで美容室を吟味して美容室での失敗をなくしたいですよね!

では早速美容室で失敗しないためにチェックすべきポイントを見ていきましょう☆

美容室で失敗しないポイントその① できるだけ繁華街にある大きい美容室に行こう

美容室

もちろん小さな町の美容院が悪いと言っているわけではありませんが、できるなら繁華街の中にある美容師が何人も在籍しているような大きい美容院に行く方がハズレは少ないです。

なぜなら、大型の美容室の方がお客さんの数が多くそこに在籍する美容師さんも経験豊富である可能性が高いし、繁華街にある店舗の方が周りとの競争率が高く実力のない店舗は自動的につぶれていくので実力派サロンのみが生き残るからです。

それに、美容師自身も大きくて客入りの多い美容室に就職した方が自分のお客さんをもてる可能性が広がるし、場数を踏めるだろうし、給料も良いので自分に実力があるならそういう大きな美容室に就職したいですよね。

繁華街にある大きな美容室にはヤル気のある美容師や実力のある美容師が集いやすいです。

美容室で失敗しないポイントその② 口コミを参考にしよう!

口コミ

ホットペッパーなどのヘアサロン検索サイトでは、その美容室に行った人の口コミが載せられています。

そのような口コミを参考にして、きちんと確認してから美容室を予約するのも失敗しないコツです。

あぁいう口コミってヤラセじゃないの?

ホットペッパーの口コミがヤラセだと言っている人が存在しますが、私はそうは思いません。

全くのゼロかと言われれば保証はできませんが、私は口コミを信頼しています。

なぜなら私の親戚がサロンを経営していてホットペッパーに掲載しているけど、掲載している側もヤラセなどが不可能だと言っているということや

私自身サロンに行けば素直な感想を口コミしますが、悪い口コミをしてもきちんと掲載されているからです。

少なくともホットペッパーはありのままの口コミを掲載している可能性が高いです。

しかしたまに、個人名(美容師の名前など)を口コミに載せたりすると掲載されないこともあるそうですが、基本的には全口コミが掲載されるので、ホットペッパーの口コミは信頼するに値すると私は思います。

口コミが多く、新しい口コミがどんどん寄せられるのは人気店の証拠☆

正直いって口コミのコメントの内容の良し悪しは、そのお客さんの感じ方や性格によってたまたま悪いコメントが付いたという可能性があります。

そしてサロン側の人間も機械ではないのでミスもあります。

悪い口コミがあるからといってダメなサロンだとは限りません。(もちろん悪評ばっかりのサロンは避けますけどね)

私は口コミの内容よりかは、口コミの数や口コミの鮮度を重要視します。

口コミが多くて、口コミの投稿された日時が新しいサロンや、客の口コミにたいしてスタッフきちんとコメントを返しているサロンは良心的な良いサロンである可能性が高いです。

美容室で失敗しないポイントその③ 美容師のプロフィールに注目!

美容師

先ほどの口コミと同じく、ホットペッパーをはじめとする予約システムサイトには、美容室のアピール文などが記載されていることが多いです。

その中に美容師1人1人のプロフィールが掲載されている場合があります。

よく見てみるとその美容師がどのようなスタイルが得意なのかが書いているサロンがあります。
こういったサロンは今までの経験上、こちらの好みにマッチする可能性が高いです。

例えば「ちょっと長い髪をショートにしたいな・・・」と思っている場合は”ショートカットスタイルが得意だ”と書いている美容師を指名するし、「おさまりのいいボブがいいな」と思っているのであればボブが得意な美容師に切ってもらえば良いのです。

美容師も人間ですから得意不得意が必ずあると、私は思っています。

美容師はなんでもできるでしょ!と思って適当に選んで、失敗されて困るのは結局自分なんだから美容師選びはきっちりとしたいですよねー。

美容室で失敗しないポイントその④ 店長を指名する

指名

美容師は下積み時代の長い職業です。

友人でも美容師をやっている子は何人かいますが、美容師学校を卒業して美容室に就職してもなかなか髪の毛に触らせてもらえないようです。

新人美容師がお客様のカットに失敗し、それがクレームになった場合等はほとんどの場合が店長が再施術したりする場合も多いようなので、やはり店長に就任している美容師さんはベテラン美容師で腕が良い場合が多いです。

良い美容師に出会うには数をうつしかないのですが、店長を指名しておけばアタリの可能性が高くなりますからね。

少なくとも、研修明けの新人美容師にめちゃくちゃにされることだけは避けられます。

もちろんベテランが腕が良くて、新人がセンスも悪く腕が悪いかというとそうじゃないんですけど、確率の問題です。

ただ厳しい美容業界で店長に就任できる人はそれなりの実力と向上心・美に対する探求心を持っている人だと思います。

美容室で失敗しないポイントその⑤ キャッチしているような美容室にはいかない

街中で客をハントしている美容師ってたまにいますよね。

ああいう美容師に切ってもらったという人で「よかった!!」といっている人に出会ったことがありません。
自分の経験含めてそう思います。

私は過去に美容室へ実習に行ったことがありましたが、新人の顧客をまだ持たない美容師がハントに行って客を捕まえて、その客の髪を切り場数を踏んで練習していました。

カットモデル等も新人の練習台である可能性があるのであまりお勧めできません。
キャッチも同様です。

キャッチをしている時点で、客が少なくて困っているということですから実力派サロンである可能性は低いですよね。

美容室で失敗しないポイントその⑥ ヘアカタログを見てそのスタイルを手がけた美容師に担当してもらう

美容室

ヘアカタログなどを見ているとそのヘアスタイルを手がけた美容師が載っていることが多いですよね!

そのヘアスタイルを気に入ったという場合は、思い切ってその美容師に切ってもらいに行くのも良いと思います。

実際に現在私が1年ほど担当してもらっている美容師さんとはそれで出会いました。
良い美容師さんなので出会えてよかったなと思います。

美容師さんのブログやインスタグラムを見るのもアリ!!

意識が高い美容師さんだと、個人でブログをやっていたりSNSに自分が手がけたヘアスタイルを公開している場合があります。

そういうのをチェックして気に入った美容師さんに切ってもらうのもいいですね!

美容師さんも、自分のブログやSNSを見て気に入ってくれたお客様が来たら嬉しいでしょうし、全力でしてくれそうですし、そういうお客様って大事にしたくなるものだと思います。

美容室で失敗しないポイントその⑦ 予約する際に「一番カットが上手い人を付けてください」と店側に言う

ネット予約などでは使えないですが、電話で予約する際は使えます。

少し図々しい感じがして恥ずかしいですが、効果ありです。
私はホットペッパーで予約するようになる前は、電話予約をする際必ずこう言ってました。

結構な確率で店長が出てきますが、それ以外が出てきたこともあります。

ピッタリ相性が合うかは別として、どヘタな人が出てくることはありませんでした。(口悪いですね 笑)

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容室・美容師選びで失敗しない方法でした☆

気も合うし相性もいいしっていう美容師さんと出会うにはやはり数を行くしかないというのも確かに言えることですが、なるべくハズレは引かずに、早いこと良い美容師さんと出会いたいですよね!

参考になれば幸いです♡

ホットペッパーでお気に入りのサロン・スタイリスト・ヘアスタイルを見つける?♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。