優しいスキンケアを心がけよう!敏感肌さんのスキンケア方法

敏感肌 スキンケア クレンジング

敏感肌だと、基礎化粧品からファンデーションなどのメイクアップ化粧品まで合うものが少なくて困りますよね・・・。

肌荒れを食い止めたいけど荒れた肌を隠したい!隠そうとしてメイクをするとそれが合わなくてさらに肌荒れ!なんてことになって、人に相談しても「ちゃんと顔洗ってる?」とか「スキンケアちゃんとしてる?」とか言われて、本当に悲しいですよね。

私も敏感肌の1人だったので本当に痛いほど気持ちがわかるんです。

でも今は完璧というわけじゃないけど、化粧品のアンケートなどで「何肌ですか?」という問いがあると、ちょっと迷ってから普通肌にチェックをつけられるまでに成長しました。

敏感肌の辛さって敏感肌の人にしかわからないと思うんです。

したくないこともわかるので、肌の治癒中もできるだけきれいでいられる方向で私なりの改善方法をかけたらなと思います!

敏感肌用のスキンケア、メイクアップ化粧品のおすすめ

敏感肌 スキンケア

敏感肌は本当に化粧品選びにこまりますよね・・・。

ひりひりしたり、赤くなったり、吹き出物できたり本当大変ですよね・・・。

敏感肌さんの化粧品は、「ナチュラル」に限ります。
自然派でシンプルなものがいいと思っています。

 

化粧水

 

化粧水であれば、上記のような成分表示がシンプルなほとんど水じゃない?っていうようなものですね!

化粧水の役割は保水なので、別に香りがついてたりはしなくてもいいんですよね。

何も入ってない安い化粧水って保水だけをしてくれて、肌をフラットな状態にしてくれる感じです。

今は色々肌の状態に合わせて化粧水は変えてますが、肌が荒れてフラットにしたいときはなんの効果もないような化粧水使うときあります!

本当に何も入ってない化粧水はおすすめです!

敏感肌の人が避けたほうがいい成分

念のため「これだけは避けたほうがいいよ!」っていう成分を書いておきますね!

*エタノール(これは有名ですね。乾燥するし刺激になります!)
*プロピレングリコール(PG)(水溶性のアルコールです。経皮毒って言われてる成分です。でも肌への浸透はいいから化粧品に使われてることがあるんです)

何かしらの効果のある化粧品ってそれだけ肌に刺激を与えてるので、まずは肌をフラットにすることがオススメです!

ファンデーション

敏感肌 ファンデーション ミネラル

たまに敏感肌なんだったらファンデやめたほうがいいとか言われますけど、こちらからすればそんなの無理~!ですよね・・・。

ファンデーションって肌には絶対良くないけど、できるだけ優しいものを使って負担を和らげることを考えましょう!

敏感肌さんにおすすめなファンデーションはRISOUのファンデーション!

 

 

敏感肌の方でまだご自身に合うファンデーションを見つけられず困っている!という方はぜひRISOUのリペアファンデーションを使ってみてください。

製品にかなりこだわりのあるファンデーションで、知名度は高くないのですが医学誌などにも乗っている位でとっても優秀なファンデーションです。

このブログでも口コミ(お肌に優しい!RISOUのリペアファンデーションの口コミ)を載せているのでよろしければ参考にしてください☆

下地にヴァセリンを使うのもアリ!

ヴァセリンはホント役に立ちます。

今でも朝メイクする前に、乾燥に気づいたとき下地にヴァセリン使ったりしますよ。

とにかくファンデはお粉のみでできるだけカバー力のある物で、どうしても隠したいところは部分的にコンシーラーを叩き込むのがおすすめです!

クレンジング

クレンジング 敏感肌

メイクとくるとクレンジングですよね!

クレンジングはミルクタイプかジェルがおすすめです!
加えてダブル洗顔不要のものであれば尚良しですね。

避けたほうがいいのはオイルクレンジングです。

オイルクレンジングはとってもメイク落ちがいいんですが、洗浄力がよすぎて、敏感肌さんはお肌が乾燥してしまいます。

もしマスカラとかが落ちないようであれば、上記のようなマスカラ専用のリムーバーなどを使って落としましょう。

洗顔料

敏感肌 洗顔

一番のおすすめは、洗顔料は使わないことです。

夜はクレンジングのみで朝はぬるま湯洗顔です。

敏感肌さんが一番気を付けないといけないのは肌への刺激です。洗顔料は刺激になるのでできるなら使わないほうがいいんです。

でもダブル洗顔不要のクレンジング剤がなかったり、どうしても洗顔しないと!って場合は

洗顔フォームは使いやすくするために色々化学製品が入ってる場合が多いので、固形石鹸がおすすめです!

まとめ

敏感肌に大切なのは「刺激しないこと」です!
優しく優しく扱ってくださいね!

実は「敏感肌」という言葉は医学的にある用語ではなく、俗にできた言葉なんです。

なので「敏感肌」という病気はないので、ちょっと普通肌よりもなんにでも反応しちゃうだけなんです。

なので根気よく焦らなければ治るんでどっしり構えましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。