女性のお悩み!便秘の原因と解消するには?

便秘 原因 解消法

女性の悩みの上位にランクインするであろう「便秘」。

女性だけではなく、人類で考えても便秘を悩みに持つ人は多いと思います。

便秘といえば、お腹が張って辛かったり、ポッコリお腹、肌荒れ、口臭など良いことは0ですよね・・・。
そのほかにも重大な病気であったり、最悪の場合便秘で死に至る場合もあるようです。

今回はそんな便秘の原因と解消法についてみていきたいと思います!

食べてから便が出るまでの経路

便秘 原因 解消法

便秘に悩んでいる人でも割と知らないのではないですか?

あまりお上品なお話しではありませんが、大切なことだし、軽めにお話ししたいと思います。

ご飯を食べると食道を通り食べ物は胃へと運ばれます。
胃で胃酸が分泌され食べ物をおかゆ状に消化します。

そのおかゆ状になった食べ物は、十二指腸を通り、食べ物を消化分解する消化酵素を出し、消化を助けます。

その後、小腸を通り小腸で栄養を吸収します。

栄養を吸収された残りカス(この時点では90~95%が水分)が大腸で水分を取りながら排便しやすい状態の便を作り排便します。

これが食べ物が消化され便になるまでのルートです。

便秘を知るなら大腸を知るべき!

便秘 原因 解消法

上記の食べ物が消化され便になるまでのルートを見ていただくと、便にかかわるのは大腸だというのがわかります。

便秘のことを知るなら大腸のことをより知るべきです。

便秘 原因 大腸

こちらは腸の図です。

内側が小腸。外側が大腸です。

便秘の人は大腸のどこかしらに問題が起きていることが多いのでそれぞれ簡単に説明します。

横行結腸

ここに到達した食べ物はおかゆ状です。
徐々に水分を抜いていきます。

下行結腸

横行結腸を通過しさらに水分を抜かれた食べ物は半固形状。
この状態ではまだ下痢の域なので、まだまだ水分を抜きます。

S状結腸

S状結腸にまでくると食べ物は固形へと進化を遂げています。
あとは直腸に行って、直腸で蠕動運動をして便となり排便となります。

下品なお話しで申し訳ないのですが食べ物は

固形のものを食べ、胃でおかゆ状、十二指腸、小腸でほぼ液状、横行結腸(大腸)でおかゆ状になり、S状結腸で固形になり排出するわけですね(笑)

 

便秘の原因

便秘 原因 解消法

さて大腸の仕組み、便ができるまでのルートを知ったところで、便秘の原因に迫っていきたいと思います。

○○が原因です!

と断定できれば楽なのですが、残念ながらそうもいきません。
便秘は奥が深く、原因がたくさんあります。

1つずつ見ていきたいと思います。

腸の働きの不調からくる便秘

弛緩性便秘(大腸の動きが弱い)

大腸は1日に1回から多い人で3回ほど直腸で蠕動運動(ぜんどううんどう)という腸が収縮する運動をして便を作り出すのですが、この蠕動運動が不足しているパターンです。

蠕動運動が不足すると便が長く大腸にとどまり、長くとどまればとどまるほど便は大腸に水分をどんどん吸収され硬くなり、余計に便秘になります。

因みに便意を催すのは大腸が蠕動運動をしたときに脳に「トイレ行きたいな~」と指令を送ってるからです。

蠕動運動が不足すると便意をもよおさなくなるのです。

これは便秘で最も多いといわれているパターンです。

痙攣性便秘(大腸の緊張状態)

副交感神経が過度に興奮してしまい、大腸が緊張し便がスムーズに運ばれない状態です。

頑張って絞り出し、便が出たとしてもウサギのようなコロコロな便がでたり、下痢と便秘を交互に繰り返す人もこのパターンであることが多いです。

残便感などもあり、もどかしい便秘です。

直腸性便秘(直腸に便が停滞してしまう)

便が順調に作られて直腸に便が達しても、便を出そうとする反応を体が起こさず、直腸に便が停滞してしまうパターンです。

これは便を我慢する習性のある人などに多いです。

いかなる理由があっても便意は生理反応なので我慢しちゃだめです!

基本的にこの3つが便秘の実質状の原因となります。

この3つの大腸の不調の原因がさらにあるわけです。

なので便秘の原因は食物繊維が~とか水分不足が~とかって言いますが、それらは大腸の不調の原因ということになります。

これから下で日常生活で大腸の不調の原因になる事柄をあげていきます!

食物繊維不足

便秘 改善 食物繊維

これは便秘の原因でよく聞きますよね!

食物繊維は腸の中では

・蠕動運動を促進する(排便する最後の最後、一番要となる運動です!)

・身体の中で膨張し、便の量を増やす(やはり便の量が少ないと排便もしにくいのです。)

・腸内の有害な物質を吸ってだしてくれたり、腸内環境の調節(悪玉菌とか善玉菌とか・・・)

このような働きをします。

因みに食物繊維に2種類の種類があるのはご存知ですか?
それぞれ特徴があるので紹介します。

不溶性食物繊維

野菜、豆類、穀物などに含まれているものです。
こちらは水に溶けないし、人間はこの食物繊維を消化する酵素をほとんど持ってません。

ここでも下品なお話しをしてしまい申し訳ないのですが、トウモロコシを食べた翌日便の中にトウモロコシがそのまま入っていた経験はありませんか?

トウモロコシは穀物ですが、この不溶性食物繊維が多く含まれるためにほぼ消化されず形はそのままに便に出てくるんです。

「消化に悪い!!」と思われがちかもしれませんが、確かにこのようなものばかりではこまるのですが、まったくないのも困りもので、このような食物繊維は便のカサ増しに役立つし、蠕動運動を促進してくれるので結果として便秘解消に役立ちます。

水溶性食物繊維

海藻類や、果物、蒟蒻などに含まれる食物繊維です。

こちらは水にも溶けるし、シッカリと消化される食物繊維です。

水溶性食物繊維が大腸の中で発酵したり分解されたりすると、善玉菌の餌となり善玉菌が元気になるので腸の中を整える作用があります。

また糖質の吸収を抑えてくれる効果もあるためダイエットにも効果的です。

腹筋の衰え

便秘 改善 腹筋

運動不足も便秘の要因になります。

腹筋の衰えは排便時の要となる蠕動運動を促進できなくなります。

便をするときにグッとお腹に力を入れてきばると思いますが、あのいきみが蠕動運動を助けることもあるので、便秘と腹筋は密接に関係しているのです。

水分不足

便秘 改善 水分不足

大腸では水分を吸収し便を作るというお話を冒頭でしましたが、元の水分が少なくても大腸は同じように水分を吸収します。

するともともと水分が不足していると便が固くなりその結果便秘になるという一番わかりやすいルートですね。

ストレス

便秘 改善 ストレス

ストレスがかかると自律神経(交感神経や副交感神経)がうまく機能しなくなります。

副交感神経が過剰に興奮すると、大腸が緊張してしまい、その結果便秘を起こします。
大腸内に便が滞在すればするほど便が固くなりさらにひどい便秘へと発展してしまうのです。

病気

便秘 病気 死亡

これは最後の最後ですが、なにか重大な病気による便秘である可能性も0ではありません。
脅すつもりはありませんが、便秘で死亡した人もいるそうで、便秘を甘く見るのは怖いです。

やはりなにをやっても改善しないという場合は一度医師に相談してみるのもよいかもしれません。

また下剤等に多良すぎるあまり、自分で排便する機能を体が忘れてしまったということもありますのでその場合も一度医師への相談をお勧めします。

おそらく精密検査を受けることになると思います。

便秘の解消法

便秘解消法 改善 方法

今まで私が記載してきた原因をつぶしていけば便秘を解消することができると思われます。

どこか欠落している部分があるのではないでしょうか?

ちょっと良く普段の生活を振り返ってみると便秘から脱する道が見えてくるかもしれません。

食物繊維、水分、運動の不足、ストレスなど思い当たる原因はありませんか?

もし「そんなのとっくにしってる!思い当たるものがないのに、便秘が治らない・・・!」という場合があれば別の原因の可能性がありますので、そちらについては下記のリンクをクリックしてください!

日本人8割はねじれ腸を持っている!簡単体操で便秘を解消♡

まとめ

いかがでしたか?

ほぼ便秘の原因についての記載になりましたが、原因を減らしていくことこそが解消法にもつながるので、頑張りましょうね!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。