バストアップ成功のカギ☆豊満バストが欲しければ乳腺を知れ!

バストアップ 乳腺 バストマッサージ やり方

以前の記事で”バストアップするための4大要素”をまとめましたね!

その中でも1つの要素として挙げた”乳腺”についてみていきたいと思います。
乳腺はバストアップにおいて要の部分となる大事な物です。

正しい知識を身につけてバストアップに役立てていきましょう!

B-UP(ビーアップ)

乳腺とは?

バストアップ 乳腺 バストマッサージ やり方

乳腺というのは、赤ちゃんのための母乳を作るためのもので、胸全体に広く広がっている枝葉のようなものです。

女性の胸は”乳腺”と”脂肪”、”クーパー靭帯”とそれらを支える大胸筋で成り立っています。

クーパー靭帯とは?
クーパー靭帯とは バストアップ 乳腺
クーパー靭帯というのは、乳腺組織を支えている糸のようなものです。
胸の形が垂れないように支えているのはクーパー靭帯です

胸の上部にあって、強くゆすったりすると伸びたり、ちぎれたりすることもあります。

尚、伸びたりちぎれたりすると元に戻りません。

おっぱいの内訳としては、乳腺1:皮下脂肪9くらいの割合です。

「え?乳腺って1の割合しかないの?」って思うかもですが、乳腺があってこそ胸に脂肪がつきやすくなりますので、乳腺なくしておっぱいは語れません!笑

乳腺の増殖、発達と2つの女性ホルモン

バストアップ 大胸筋 女性ホルモン 乳腺

乳腺の増殖・発達には2つの女性ホルモンが密接に関連しています。

我らが乳腺細胞はエストロゲンの分泌により増殖し、プロゲステロンの分泌により発達します。

生理前に胸が張ってバストアップするという人もいるかと思いますが、それは生理前にプロゲステロンが分泌され乳腺が発達するためです。

痛いのは嫌だけど胸が大きくなるってちょっとうれしいですよね♪

女性ホルモンについて詳しく知りたい!という方はこちら☆

乳腺と私たちの生活

バストアップ 乳腺 バストマッサージ やり方

乳腺を効率よく発達させることがバストアップへの近道です。

私たちの生活の中で乳腺の成長を脅かす事柄があります。
少し見ていきましょう。

睡眠不足はダメ!

女性ホルモンと乳腺の発達は密接にかかわっているとお伝えしましたが、その”ホルモン”が最も活発に分泌されるのは22時~深夜2時の間です。

しかも、入眠時はホルモンの分泌量が増加します。(寝てないと分泌が活発になりません)

夜更かしも良いですが、おっぱいのことを思うなら早く寝ましょう。

バストアップはしたいけど、眠れないの・・・。という人はこちら♡

ストレスは大敵!

ストレスが掛かると自律神経が乱れます。

交感神経が優位となり、女性ホルモンは副交感神経が優位な時に分泌されるので、女性ホルモンの分泌を妨げ結果としてバストアップも妨げる・・・。ということになります。

ストレス0は生きてる限り不可能ですが、ストレスはため込まない様自分なりの発散方法を見つけましょう。

ストレスに向き合うって大事!ストレス解消法20選♡

乳腺を刺激することでバストアップを目指そう!

バストアップ 乳腺 バストマッサージ やり方

よく”妊娠したら胸が張っておっぱいが大きくなった!”なんて話を聞きますが、それは女性ホルモンにより乳腺が刺激され発達したためです。

しかし妊娠していなくても自ら乳腺を刺激することで乳腺の発達は十分に促すことができます。

乳腺マッサージで簡単バストアップ♡

自力で乳腺を刺激するには乳腺マッサージがおすすめです!

バストアップ マッサージ やり方

適当な図ですみません(汗)

言葉でも説明しますね!

①左手を右わきの下にセット

②バストの外側を周り谷間の部分を上に撫で上げる

③そのままゆっくり鎖骨の下(デコルテ)あたりまで指を滑らします。

このマッサージを左右10回ずつ毎日行いましょう。

このマッサージで指が通るところには”だん中”や”天渓(てんけい)”や”えんえき”などのバストアップや女性ホルモンの分泌を促す効果、美肌効果のあるツボも含まれていますので女性に嬉しい効果満載です♡

乳腺マッサージで注意すること

バストアップ 大胸筋 女性ホルモン 乳腺

優しくする

あまり強くマッサージすると、おっぱいを支えているクーパー靭帯が伸びてしまう原因になります。

バストアップ目指して頑張っているのにタレ乳になっても困ると思うので力の入れすぎには注意しましょう!

あなたが気持ちいいと思う程度で大丈夫です☆

なめらかに指を動かそう!

スムーズにマッサージをするために、オイルやクリームを使うと良いでしょう!

肌の摩擦も軽減できるのでおすすめです。

妊婦さんは注意!

妊娠初期にバストマッサージをしてしまうと子宮が収縮してしまう危険性があるようです。

妊娠の可能性のある人、妊娠初期の方はバストマッサージを控えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バストアップのカギである乳腺についてまとめました。

乳腺があってこそ脂肪が胸につくということになるので、乳腺の発達はバストアップにとって必要不可欠です。

今日から乳腺マッサージ始めてみてくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。