【動画付き】失敗しない♪バレンタイン手作りお菓子レシピ3つ

ガトーショコラ

先日、彼に贈りたい♡チョコ以外のバレンタインデープレゼント5選をご紹介しました!

バレンタインだからってチョコを挙げないといけないわけじゃないんだよ~とご紹介しましたが、実際には”バレンタインデー=チョコ”ってイメージがあるのも事実ですよね。

学校や会社などでもチョコの渡し合いをするという人も多いのではないでしょうか?

はたまた、彼があなたの手作りお菓子を欲しがっているかも!

ということで今回はバレンタインデーにプレゼントしたい手作りお菓子レシピを動画付きでご紹介します!

私がお菓子を作っている動画もあるので苦手な人でも失敗なしで作れると思いますので必見です☆

【動画付き】バレンタインに贈りたい♡失敗なし♪な手作りお菓子レシピ3つ

実は私、お菓子作りが趣味なんです☆

小学生のころから良くお菓子を作っていました。

そんな私がお菓子作りをばっちり解説します☆

バレンタインレシピ① ココア絞り出しクッキー

絞り出しクッキー

簡単に作れて大量生産可能な絞り出しクッキー!

型抜きの必要もないので手も汚れず、贈られる側も気になる衛生面でも問題なしなお手軽手作りお菓子です♪

ココア絞り出しクッキーのレシピ

☆材料☆

・バター 100g
・砂糖 35g(+5~10くらいまでなら増やしてもOK!私は35gで作っています。甘さ控えめです。)
・薄力粉 45g
・片栗粉 45g
・ココアパウダー 10g
・卵白 1個分

★下準備★
・オーブンを180℃に余熱
・片栗粉と薄力粉、ココアパウダーは合わせてふるっておく
・絞り袋に絞り口をセットしておく
・天板にオーブンシートを敷いておく

手順① ボウルにバターを入れて柔らかくなるまで混ぜる。

手順② バターが練れたら、砂糖を2回に分けて入れて砂糖のザリザリ感がなくなるまでよく混ぜる。

手順③ 卵白を入れてさらに良くかき混ぜる(分離したようになりますが大丈夫です。)

手順④ 粉類を入れてゴムベラで切るように混ぜる。

手順⑤ 絞り袋に入れてお好みの形に絞る。硬いので頑張ってね!

手順⑥ 180℃に余熱下オーブンで13分焼く

【動画はこちら♪】

 

手順は簡単なんだけど、絞るのがちょっと難しいかも!

クッキー

因みに今回私が使っている絞り口は”桜型”と”星形”です。

左が桜型で絞ったもので、真ん中と右が星形です。(真ん中はレシピでは紹介してないけどプレーンとココアのマーブルです)

絞りに自信がない人はクッキーメーカーを使ってもいいかもしれません!

絞り口を使うよりさらに複雑で可愛いクッキーができます♡

バレンタインレシピ② ココアマドレーヌ

マドレーヌ

貝の形をした可愛いマドレーヌです♡

短時間でできるし、簡単なので苦手な人でも美味しくできると思います!

ココアマドレーヌレシピ

☆材料☆
・全卵 1個
・卵黄 1個
・砂糖 55g
・薄力粉 35g
・ココアパウダー 15g
・ベーキングパウダー 1g
・バター 60g
・オレンジの皮 半個分

★下準備★
・オーブンを180℃に余熱
・粉は合わせてふるっておく
・オレンジの皮はよーーく洗って、すりおろしておく
・バターは湯せんか電子レンジで溶かしておく
・マドレーヌ型に分量外の溶かしバターを塗り、強力粉(なければ薄力粉)をふるっておき、冷蔵庫で型を冷やしておく(型から外れやすくなります。)

手順① 卵を解きほぐし砂糖を入れる。卵を泡立てないように優しくクルクルと混ぜます。

手順② オレンジの皮を入れて優しく混ぜる

手順③ 粉類を一度に入れて優しく混ぜる

手順④ 溶かしたバターを3回に分けて混ぜる。(このときバターが冷たくなっていると分離の原因になるので注意!)

手順⑤ 2時間以上冷蔵庫で休ませる。そうすることでふんわりとしたマドレーヌに仕上がります!

手順⑥ 型に生地を流し込んで180℃のオーブンで15分ほど焼いて完成☆

【動画はこちら!】

コツいらずなマドレーヌ!

いつ作っても美味しくできます♡

今回私が使っているのはこちらの型です。
写真じゃちょっとわかりにくいかもだけど、しっかり型がついて可愛いです♡

型を用意するのはちょっと・・・って人はこういう使い捨ての型を使うのも良いかもしれませんね!

バレンタインレシピ③ ガトーショコラ

ガトーショコラ

上の2つは簡単だったけど、今度のはちょっとだけ手順が多くて大変かもしれません!

上2つは友チョコ、義理チョコ用で、これからのは本命用で♡

ふんわりとしたガトーショコラのレシピです!
可愛く綺麗にデコレーションして彼を驚かせましょう!

ガトーショコラレシピ

☆材料☆
・ビターチョコ(普通のチョコでもOK!) 65g
・無塩バター 52g
・生クリーム 65g
・卵黄 3個分
・砂糖 90g
・ココアパウダー 25g
・薄力粉 45g
・卵白 4個分

・いちご・ホワイトチョコ・粉砂糖・生クリーム 適量(デコレーション用)

★下準備★
・卵黄は常温に戻す(卵白は使う寸前まで冷蔵庫で冷やしておく)
・生クリームを常温に戻す
・チョコは砕いておく
・ケーキ方にオーブンシートを敷いておく
・バターとチョコは同じボウルに入れて湯せんで溶かしておく
・オーブンは170℃に余熱

手順① 溶かしたバターとチョコに生クリームを少しづつ入れ混ぜていく

手順② 卵黄に砂糖の半分を入れて(大体でOK)白っぽくなるまでかき混ぜる

手順③ 卵白でメレンゲを作ります。砂糖の残りを卵白に入れてハンドミキサーで角がたつまでかき混ぜます。

手順④ 手順②に手順①を数回に分けて入れ混ぜる。

手順⑤ 粉類をさらに振るいながら入れて良く混ぜる

手順⑥ 良く混ざったらメレンゲを少量入れて良くかき混ぜる。

手順⑦ 今度はチョコ生地の方をメレンゲのボウルに入れて切るように混ぜる

手順⑧ 型に流し込み、160℃のオーブンで1時間じっくりと焼き上げます。

手順⑨ デコレーションをして完成!デコレーションなしでも十分に美味しいですよ!

【動画はこちら!】

ケーキの上に乗ってるお花とハートはホワイトチョコで作っています!

ハートはいつか忘れたけど購入したシリコンのハート型で作りました。

これではないけどこんな感じのやつね。

お花はオーブンシートの上にチョコペンで描いたものを乗せました。

生クリームは丸金口で外側から中心に向けて絞っております!

こんなやつね。

最後に!美味しいお菓子を作るコツ☆

お菓子作り

せっかく大好きな彼や友達にお菓子を作ってあげるなら美味しいお菓子を作ってあげたいですよね!

美味しいお菓子を作るにはもちろん参考にするレシピも重要です。
だけど、それ以外にも美味しいお菓子を作るコツはいっぱいあるんです!

難しいテクニックは使わなくても少し意識するだけで、手作りお菓子のレベルは格段にUPします♪

では最後に少し意識するだけでできる手作りお菓子を美味しくするコツをご紹介します☆

手作りお菓子をレベルUPさせるコツその① 下準備を怠らないこと

この記事のお菓子のレシピにも”下準備”を掲載しています。

お菓子作りはスピードが命。
下準備を怠って、お菓子をオーブンに入れるまでに時間がかかってしまってはお菓子の美味しさは半減してしまいます。

ってなわけで、お菓子を美味しく作るには下準備がものすごく重要です。

手作りお菓子をレベルUPさせるコツその② レシピをあらかじめ頭に叩き込んでおく

先ほども言いましたが、お菓子はスピードが命です。

レシピを見ながら作っていると作業がどうしても遅くなりがちです。

なので、レシピは作る前からあらかた頭にインプットしておくのが良いですよ!
そうすればお菓子作りの工程は格段にショートカットされ美味しいお菓子が出来上がります。

手作りお菓子をレベルUPさせるコツその③ 材料にこだわる

正直言ってスーパーで購入した材料を使うのと、きちんとした製菓材料店で購入した材料を使うとのではお菓子の味や食感は全く違ってきます。

「手作りお菓子はスポンジが固くてキメが粗くて、生クリームがぼそぼそなのは当たり前!これがハンドメイドの味なのよ~」って思っている方が多いですが、それは全くの間違いです!

もちろんプロとの違いはテクニックの違いも大きいですが、材料の違いもかなり大きいです。
美味しいお菓子を作りたいならプロ仕様の材料で作りましょう!

尚、製菓専用の材料は普通のスーパー等では手に入りにくいのでオンラインショップの利用がオススメです!
重い材料も家まで届けてくれるので楽ちんですよ♪

日本最大級のお菓子材料店 富澤商店オンラインショップへ飛びます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バレンタインに贈りたい手作りお菓子レシピをご紹介しました!

作れそうなものはありましたか?
いつもは手作りしないというあなたも今年は手作りしてみてはいかがでしょうか?☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。