目立つし痛い!赤ニキビの3つの原因と5つの治し方

姫花
いたた・・・。

また赤ニキビができちゃった・・・・。

もう、なんで赤ニキビなんてできるのーっ!?

姫子
そんなの決まってるじゃない。

毛穴詰まりをほったらかして、そこに皮脂がたまって、その溜まった皮脂にアクネ菌が繁殖して赤ニキビはできるのよ!

姫花
うぅ・・・。

それはわかってるけどさ!!

赤ニキビって本当になかなか治らない!

治ったと思ったらまた、次に新しいのできるし・・・。

誰か、赤ニキビの治し方教えて――っ(涙)

姫子
じゃぁ、今日は赤ニキビの原因治し方についてみていきましょう!

きちんとケアすれば必ず治るから、しっかり見ていきましょうね!

早く改善させたい!なかなか治らない赤ニキビを治す方法

赤ニキビ

ニキビといえば、上記のような赤く炎症を起こした”赤ニキビ”を想像する人が多いのではないでしょうか?

痒みや痛みを伴うこともあり、何より赤く腫れて目立つので一行も早く治したい赤ニキビ。

この記事では、赤ニキビの原因や治し方について詳しく見ていきたいと思います。

姫子
まずは赤ニキビの原因から軽く見ていきましょう!

 

赤ニキビの原因とは?

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビなどの進化形で、毛穴が肥大化した角栓や汚れにより詰まり、皮脂がたまり、そこへ繁殖したアクネ菌が原因で皮膚が炎症を起こした状態です。

赤ニキビの原因は3つに分けられます。

① 毛穴のつまり

そもそものニキビの始まりは、毛穴詰まりからです。

ニキビの赤ちゃんである白ニキビは、毛穴詰まりを起こしそこへ少し皮脂が溜まっている状態ですが、それの進化形が赤ニキビです。

赤ニキビが白ニキビの進化形で、白ニキビの原因が毛穴詰まりなら、赤ニキビの根本原因も毛穴詰まりがと言えるでしょう。

姫子
毛穴詰まりの原因は色々あるけど

ターンオーバーの乱れや、乾燥肌、皮膚の汚れなどが主な毛穴詰まりの原因よ。

これ以外にも、毛穴が詰まってしまう要素はたくさんあるけど、書いていたらきりがないわ。

② 皮脂

毛穴が詰まると、そこに皮脂が溜まっていきます。

皮脂はそもそも肌表面から水分が蒸発してしまうのを防ぐ役割があるので、悪いものではないのですが、毛穴に詰まったり、過剰分泌されすぎるのは困りものです。

皮脂が多ければ多いほど、少し毛穴が詰まっただけでも毛穴の中が皮脂でいっぱいになってしまいますので、ニキビは悪化しやすくなります。

姫子
皮脂の過剰分泌の原因も一言では言えないくらい色々あるわ。

ホルモンバランスの乱れやストレス、食生活なんかによっても皮脂量は増えるし、元々皮脂が多い体質の人も居れば、年齢で変わったりもするから一概には言えないの。

そもそも、自分が皮脂量の多いタイプなのかを見極める必要があるわね。

③ アクネ菌

毛穴が詰まり、そこへ皮脂が溜まると、やがてアクネ菌が毛穴の中で増殖します。

このアクネ菌が増殖することにより、白(黒)ニキビが、炎症を伴う赤ニキビへと悪化してしまうのです。

尚、このニキビを悪化させるアクネ菌は、誰の肌の上にでもいる肌常在菌。
ニキビ一つない美肌の人の肌にも、アクネ菌は一定量住んでいます。

何が問題かというと、アクネ菌が異常に繁殖してしまうのが問題なのです。

通常であれば、アクネ菌は肌の上で大繁殖したりはしませんが、アクネ菌は空気に触れるのを嫌い皮脂を好む習性があります。

毛穴が詰まって空気に触れない状態に、皮脂が加わるとアクネ菌が好む環境が出来上がり、大繁殖してしまって炎症を伴う赤ニキビになってしまうのです。

姫子
アクネ菌が増殖する原因は、毛穴詰まりと皮脂が溜まったその環境よ。

そのほかにも、ストレスや体調の悪化で免疫力が下がったりしているときや、肌の上を不潔にしているときなんかだったら、アクネ菌が異常に繁殖してしまうことは考えられるわ。

以上が主な赤ニキビの原因よ。

姫花
こういう皮膚のお話って難しいなって思ってたけど、良く見てみると意外とシンプルだよね!

良くニキビの原因はストレスだとか、不摂生だとか、メイクが原因だ、とか色々言うけどさぁ。

それは”毛穴が詰まる・皮脂が増える・アクネ菌が増殖する”っていう3つの原因の原因って感じなんだね。

そう考えるとニキビの原因って凄く簡潔だよね。

姫子
そうそう。

例えば、良くニキビはストレスが原因なんていうけど、別にストレスが溜まっているからといってニキビができるとは限らないのよね。

ストレスは、ニキビの原因になる”毛穴が詰まる・皮脂が増える・アクネ菌が増殖する”ってことの原因になりやすいというだけなのよ。

姫花
なるほどねぇ~。
姫子
さてっ!

じゃぁ、次は赤ニキビの治し方についてよ!

しっかり解説するからね☆

 

早めの解決がカギ☆赤ニキビの治し方5つ

笑顔の練習

白ニキビや黒ニキビは、行ってしまえばただ毛穴が詰まっただけの状態なので、最低限のスキンケアだけを行っていれば良かったのですが、赤ニキビは炎症を起こしてしまっているのでそうは行きません。

赤ニキビを治す方法をご紹介します☆

① 薬を使って、炎症を鎮める

赤ニキビを見た目に早く治したいなら、薬でとりあえず炎症を取ってあげるのがおすすめです。

今から、赤ニキビに効く市販薬を紹介します。

即効性を期待するならこの薬です。

テラコートリルはステロイドと抗生物質が配合されているお薬で、かなり強力な薬となっています。

大概の赤ニキビなら数日で腫れが引きます。

ただ、この手の薬はアクネ菌を殺し炎症を抑えますが、しばらく使っていると抗体を作ってしまって効かなくなることがあったり

薬のせいで肌の良い菌まで死んでしまって、肌の免疫力が低下し、薬の使用後にさらにアクネ菌が増殖しやすくなってしまったりするリスクがあります。

使用の際は、最小限の範囲に収めることと、長期間の服用はしないようにするなど使用上の注意を守りましょう。

ニキビとステロイドについてはニキビや肌荒れはステロイド軟膏で治る?その効果と副作用・注意点についてで詳しく解説しています。

オロナインは傷口にぬったりする用途で有名ですよね!

昔ながらのお薬で、どの家庭にも1つはある印象で、気軽に使いやすいのが特徴です。

オロナインにはリスクの高いステロイドや抗生物質などは入っておらず、殺菌剤のみの含有で、アクネ菌を殺菌し、赤ニキビの炎症を抑えます。

しかし、クリームタイプになるので油分は多めです。

皮脂が多い赤ニキビに塗ると、悪化してしまうリスクもあるので注意しましょう。

クレアラシルは硫黄系のニキビ治療薬で、硬くなったニキビの頭を柔らかくし、皮脂を抜き取りニキビを乾燥させて治します。

皮脂の多いタイプのニキビには適していることが多いですが、乾燥タイプのニキビは悪化してしまう可能性があります。

クレアラシルの口コミを見ていると、「悪化した」という口コミが多いように思います。

いかに”脂性ニキビと見せかけての、乾燥ニキビ”が多いのかがうかがえます。

成分が肌に合わないという可能性もありますので、くれぐれも注意しましょう。

姫子
以上が、赤ニキビに効果的な市販薬よ!

炎症を鎮めるというのが目的なら薬を使うのもいいんだけど、薬は起きた炎症を抑えるだけ。

ニキビをキチンと治したいなら、薬に頼っていてはイケないわ。

② ニキビパッチを使う

赤ニキビには炎症を止めるためのお薬を使うのもいいんですが、最近私が赤ニキビが出来てしまった時によく利用するのが”ニキビパッチ”です。

ニキビパッチは殺菌作用や脱脂作用・湿潤療法によりニキビを治すための物で、主に韓国の女性の間で人気となっています。

日本の薬局では見かけませんが、日本でも密かに人気で通販や韓国土産として人気です。

Amazonなどでも購入することができます。

ニキビパッチのメリットは

  • 貼って寝ても朝までちゃんと付いてる(塗り薬だと朝になると取れてますよね・・・)
  • ニキビを刺激せず悪化を防ぐことができる(ニキビを触ってしまう癖がある人には特にオススメです)
  • 治りが早い(私の感覚では炎症を起こしている赤ニキビでも早ければ3日、大きいものでも1週間で治ります)
  • 跡が残らない(ニキビをいじらないし、湿潤療法のおかげで早く治ります)

だいたい上記4点です。

他にも、パッチを貼ることでニキビの赤みが見えなくなるので、ちょっとした外出ならパッチを貼った上からパウダーを叩けばニキビをメイクでカバーしなくても目立ちにくいという利点もあります。

姫子
ニキビを触って悪化させちゃう人にはオススメの赤ニキビ撃退法よ☆

③ 皮膚科の受診

あまりにも赤ニキビが続く場合や、症状がひどい場合は皮膚科にかかりましょう。

行う治療は薬の処方のみの場合がほとんど。

抗生物質や、ニキビの治療薬(毛穴詰まりを解消する作用のある物)や、抗生物質の内服薬や漢方などの薬を保険適用内で処方してもらえます。

また症状によっては、面皰圧出(ニキビを潰す)や、ピーリングやレーザー治療などを行う場合もありえます。

一見、薬を出すだけなら皮膚科に行かずとも市販薬を塗っておけばいいのではないか?とも思いますが、ニキビで皮膚科に掛かるのには以下のようなメリットがあります。

・医者があなたに合いそうな薬を選んで出してくれる

・塗り薬がどうしても肌に合わない人は、内服薬での炎症止めを処方してもらえる

・その他皮膚病の可能性を診断してもらえる

・保険が効く

・(特に美容皮膚科の場合は)治療の幅が広がる

自己判断での治療で一番怖いのは、ただのニキビだと思っていたのにそうではなかった場合です。

アクネ菌以外の改善が難しい菌が増殖している可能性も0ではないので、赤ニキビが続く様であれば一度皮膚科にかかった方が良いですよ!

姫子
もちろん、症状が続いていない場合でも、皮膚科にかかってみるのはいいことよ!

念のためにね!

そうすれば、薬も処方してもらえるわ!

姫花
ニキビも立派な皮膚の病気だっていうしね!

④ 肌に優しく、正しい洗顔を心がける

ニキビを根本から解決するには、正しい洗顔は必要不可欠です。

ニキビの根本原因は”毛穴詰まり”ですが、毛穴が詰まるのは正しい洗顔ができていないことが原因になっている可能性があります。

美肌になりたくない人は見なくてOK!本当に正しい洗顔方法♡を確認して、今一度、洗顔方法を見直してみてください。

正しい洗顔をしたからといって、次の日完全にニキビがなくなるか?と言われればそうではないですが、毛穴詰まりの原因を断つことでニキビができにくい肌を作ることができます。

⑤ スキンケアは保湿メインで行う

赤ニキビができている人の場合、多くは自分の肌を脂性肌だと認識している場合が多いです。

肌表面が脂ぎっていても、肌が乾燥していないとは限りません。

”肌が乾燥している”というのは、言い換えれば”肌の水分が足りていない”ということ。つまり、皮脂が多いからといって肌の水分量が多いとは限らないのです。

肌の水分が少なすぎるから、その水分を逃がすまいと皮膚が多くの皮脂を出しているという可能性もあります。

そして、脂性肌の人のほとんどが実は乾燥肌であるとも言われています。

乾燥は皮脂過剰を招くだけでなく、角質を硬くしてニキビの根本原因である毛穴詰まりを引き起こす要因にもなります。

トラブルレスの美肌には水分が不可欠です。保湿メインのスキンケアを心がけましょう。

姫花
でもさぁ、自分の肌の水分量なんてどうやったらわかるの?
姫子
それは、普段から自分の肌をよく観察するに限るけど、もし心配ならこういった肌質チェッカーを使うといいわよ。

普段のスキンケアの目安になるわ!

⑤ 規則正しく、健康的な生活を送ること

ニキビの改善法をかいているサイトを見ると、どこもかしこも同じことを言っていますが、結局はコレも大事です。

・栄養バランスの取れた食事

・質の良い睡眠

・適度な運動

・ストレスをためないこと

この4か条は、身体や肌の健康を保つうえでとても重要です。

あなたのお肌はあなたの食べたものの栄養からできているので、食事の良し悪しは必ず肌に影響しますし

あなたの肌は寝ている間に作られたり、修復されたりしているので、睡眠不足は肌を荒れさせますし

新陳代謝(肌のターンオーバー)の正常化には、運動が不可欠ですし

ストレスをためると、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れ、毛穴詰まりや皮脂過剰、アクネ菌の異常繁殖にも繋がります。

ライフスタイルは皆違うので、規則正しい生活をどうしても遅れない人もいるかもしれませんが、ニキビを治したいならできるだけ、健康的な生活を送るようにしましょう。

姫子
できてしまったニキビは、薬を塗ったり、最悪ほっとけばいつかは治るけど、ニキビができない肌作りはなかなか難しいわ。

でも、結局はコレが大事なのよね。

姫花
そうだよね。

ニキビはできないにこしたことないもんね!

姫花も、赤ニキビ目立つし嫌だけど、薬とかばかりに頼らずしっかりと根本から治すようにがんばろっ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ニキビの原因と、治し方についてみてきました!!

赤ニキビは多かれ少なかれ炎症を起こしていて、下手な事をすればニキビ跡になってしまう可能性もありますので、安全に早めに対処することが重要です。

本当のゴールは、1つの赤ニキビを治すことではなく、ニキビができない肌を作る事であるということを忘れずに対処していきましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。