*

防災グッズに追加しておきたい”女性に必要な防災グッズ”8選

   

地震

姫子
今日は地震が起きたときに必要になる防災グッズで水や食料以外に女性に必要になる防災グッズについて見ていくわ。

女性は男性に比べて色々と物要りだから、いざという時のためにしっかり備えておきたいわね!

地震大国日本では、ここ数年各地で大きな震災が起こっていますよね。

東日本大震災が記憶に新しい中、熊本大震災や近頃では沖縄でも大きな地震がありました。

今地震が起きていない地域に住んでいても「次は自分達の地域の番なんじゃ・・・・?」と不安になりますよね。

日本に住んでいるかぎりはどこかしらで大震災に遭い、避難生活を余儀なくされる可能性がかなり高いです。

その時に、できるだけ快適な生活を送るためにも、防災グッズの準備は常々行っておきたいものですよね。

通常、防災グッズと言えば

  • 数日分の水や食料
  • 衣類
  • 懐中電灯

などが思いつきますが、女性なら忘れてはいけないのは女性特有の日用品です。

女性の皆さん、ちゃんと備えられていますか?

この記事では女性なら必要になる防災グッズをまとめたいと思います。

備えあれば憂いなし!女性に必要な防災グッズ

いつ襲ってくるかもわからない大震災。備えはできていますか?

「水や食料品だけは用意している」「防災グッズセットを買った」という女性は要注意!

上記は一般的な防災グッズセットですが、セット内容には”女性の生活に必要な物”が含まれていませんでした。

実際に震災を体験された女性の中でも、女性に必要なアイテムが無く困った人も多かったようです。

女性が必要とするアイテムの多くは震災時など物が足りないときは”贅沢品”と判断され後回しにされることが多く、配給や救援物資などで賄うことも難しいと考えられます。

避難所生活は数か月にも及ぶこともあるので、その間の生活を少しでも快適にするためにしっかりと備えておきましょう。

姫子
用意していない人はこの機会にしっかり備えておいた方がいいわよ!

地震はいつ来るかわからないんだから!!

女性に必要な防災グッズ① 生理用品・おりものシート

女性の日常で必ず必要になってくるものといえばコレですよね。

女性は生理がありますし、ホルモンのバランスによりオリモノが多く下着が汚れやすいです。

震災中は水が不足しているため、洗濯はかなり制限されると予想されます。

しかし、下着を何日も替えないのは不衛生気周りないですし、雑菌が増えてしまうと病気になってしまう危険性もあります。

生理用ナプキンやオリモノシートを用意しておくことで、下着の汚れや経血による汚れを軽減することが可能です。

こういった多い日用のものと(生理の時に再三変えられないので、多い日用の物を)

おりものシートを用意しておくのがベストです。因みに、上記商品は2枚重ねになっておりめくれるようになっているので、1枚で2枚分の役割をしますので、ゴミも少なく便利です。

タンポンが使える人はタンポンもオススメです。

漏れの心配がないですし、ナプキンよりもかさばりません。

姫花
これはないと確実に困るよねぇ~
姫子
そうね・・・ナプキンは重要度の高い日用品だから配給とかもあるみたいだけど、それにしても必要な分貰えるというわけではないようだしね・・・。

下着の替えは不要との声が多い

「ナプキンの前に下着の替えはいらないの?」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、震災を経験した女性によると、下着の替えはあまり役に立たないとのことです。

ナプキンさえ変えていればしばらく下着を替えなくても凌げるとのことで、よりかさばらず持ち運びのしやすいナプキンの方が重宝されるようです。

少しでも荷物を減らしたいですから、下着の替えは洗い替えの1枚くらいでOKかなと思います。

その1枚もこういった速乾性のあるショーツにしておくと、水道でササッと洗ってすぐに乾くので重宝しそうですね。

姫花
下着はあんまり必要ないんだぁ!

意外!

姫子
まぁ、あるに越したことはないかもしれないけどね~

女性に必要な防災グッズ② ウエットティッシュ・メイク落とし・汗ふきシート

震災時に最も不足するのは水だといいます。

当然、大量に水を使用するお風呂はかなり制限されることになると思います。

数日もお風呂に入れないと不潔にもなってしまうので、ウエットティッシュや汗ふきシートなどがあれば清潔を保つことができます。

体用の大きめの物や

敏感肌の方は赤ちゃん用のお尻ナップなどがオススメです。

かなりの間断水状態が続き、震災後しばらくしても被災地周辺では品薄・品切れになる商品のようなので必ず備えておきましょう。

姫花
お風呂に入れないのは辛いよね・・・(涙)

女性に必要な防災グッズ③ 水のいらないシャンプー

女性なら髪が長い人も多い思います。ショートカットの方でも男性に比べると毛髪が長い方が多いですよね。

そんな女性は、頭が蒸れて不潔になりがちです。

当然水は使えないので洗髪もできません。

そんな時重宝するのが、水を使わないシャンプーです。

匂いやベタツキが気になるときでも、これがあればさっぱりと快適に過ごせます。

水が貴重な被災地で活躍すること間違いなしです。

姫子
髪は女の命!!

因みに、水のいらないシャンプーは防災グッズセットの中に入っていることも稀にあるわよ!

女性に必要な防災グッズ④ スキンケア用品

女性なら誰しもひと時も綺麗でいたいと思う物。それは震災時の避難生活中だって同じですよね。

長い間スキンケアを全くしないと思うと、ちょっと恐ろしくないですか?汗

ただでさえ、不潔な状態や心理的ストレスに苛まれる避難所生活でスキンケアも全くできなとなるとお肌のコンディションが酷いことになるんじゃ・・・と心配ですよね(涙)

スキンケア用品は救援物資の中にも少し混じってるらしいですが、1人につき化粧水1日分が配給されるかされないかというような数しか用意できないのが現実の様です。

避難中もお肌のコンディションをできるだけ保ちたいという方は自分で用意するしかなさそうですね。

避難時は荷物を極力減らさないといけないので、化粧水に乳液、美容液、クリームに・・・とたくさん持ってはいけません。

防災グッズにこういった化粧水・乳液・美容液・化粧下地を兼ねたオールインワンジェルを入れておくのをオススメします。

これなら、1つで済むので手軽で良いですね。

他にも

このように、個別包装になっていて衛生的かつ軽量のものもあります。上記の化粧水はかなり低刺激なものなので、敏感肌の方はいいかもしれません。

姫花
1日でもスキンケアできないとゾッとする・・・・

コレは絶対必要だね!!

女性に必要な防災グッズ⑤ 化粧品

スキンケア用品に続き心配なのが”メイク事情”ですよね。

ただでさえ、プライバシーのない空間ですから、普段家族にしか見られないすっぴんを他人様に見られ続けるのに抵抗がある女性もいるのではないでしょうか?

女性というのは少しリップを塗ったりファンデをしたりするだけで、気持ちも上がるものです。

気が滅入ってしまっている震災時だからこそそういうのは大事にしたいですよね。

震災時にメイクをするなら、肌に負担の少ないコスメがおすすめです。

ベースメイクなら、万が一メイクオフが出来なくても肌へのダメージが少ない24Hコスメ。

アイブロウなら、パウダー・ブラシ・ペンシルが1本でまかなえるアイブロウペンシル

チークなら口紅としても使えるクリームチーク

このようなアイテムがオススメです。

最低限のものだけを用意し、かさばらないようにしましょう。

姫花
震災の時くらいすっぴん許して~って感じだよね(汗)
姫子
まぁ、コレは気持ちの問題よね~

避難所でもメイクしたいなら鏡を忘れないで!

避難所でもメイクをしておきたいというのであれば、鏡も忘れてはなりません。

トイレにも鏡は設置されているでしょうが、割れていたり、無事でも混雑していて使えない可能性もあります。

小さいものでもいいので

こういった蓋つきのタイプにしておきましょう。

姫子
メイクしなくても、女性なら鏡くらいは持っておきたいわね。

メイク落としシートも用意しておきましょう

水が使えないのでメイクをしてもオフができないかもしれません。

メイクをしっぱなしだと毛穴もつまりますし、お肌に良くないですよね。

こういったメイク落としシートを用意しておきましょう。W洗顔・洗い流し不要のものがおすすめです。

姫子
最近はコラーゲンやヒアルロン酸などの美容・保湿成分が入っているものも多いから持ってると重宝しそうね☆

女性に必要な防災グッズ⑥ 保湿剤

女性であれば普段からスキンケアをしているので、急にスキンケアを怠ると乾燥して痒みやヒリつきが出てしまうという場合もあるかと思います。

ただでさえストレスの多い避難生活ですから、いらないストレスは抱えたくないですよね。

乾燥による痒みやヒリつきを予防するために保湿力の高いアイテムを持っておくことをオススメします。

ワセリンや

ニベアクリームなど、ベーシックで保湿力のあるケア用品はお顔のスキンケアだけでなく、ボディのケアにも役立つはずです。

ワセリンに至ってはケガをしたときにも役立ちそうですよね!

姫花
ワセリンとかは何にでもつかえるし持ってると超便利そう!!

女性に必要な防災グッズ⑦ ブランケットなどの防寒グッズ

女性の体は男性に比べ筋肉量が少なく脂肪が多いため、冷えやすいのが特徴です。

震災の際は当然電気もガスも止まりますから寒い時期だと本当に辛いかと思います。

災害は来るときを選んではくれませんからしっかりと備えておくことが大切です。

こういった非常用のブランケットを用意しておくと安心です。

非常用のブランケットはビニールのような材質でできており、保温性に優れていて、重量も70gほど。サイズも手のひらサイズで持ち運びに便利です。

1つくらい持っていてもかさばらずに便利ですよね。

姫花
寒いのは辛いよね・・・・

姫花も寒がりだし、冷え性だし用意しておいた方がイイかもっ!!

女性に必要な防災グッズ⑧ 携帯浄水器

ちょっと視点が違うのですが、あると重宝すると思うのでご紹介します。

女性であれば男性よりも力がなく非難の際、重たい水を多く持って逃げるのは不可能に近いハズです。

しかし、水は人間に地って一番大切なものです。

震災時に一番困るのは水不足とも言いますよね。

そこで

こういった携帯浄水器を持っておけば、雨水や川の水(生物が生息できる水であれば可能)・ため水・お風呂の水などを綺麗な水に浄化することができ、水不足を和らげることが可能です。

ただでさえ、男性に比べて持ち物が多い女性ですから、こういったものを駆使して荷物を軽くしましょう!

姫子
これは女性にとって必須じゃない?

お水2Lなんて下手すれば1日やそこらで消費しちゃうし、大量に水をもって逃げるのは無理だしね。

これだったら、マヨネーズのチューブくらいのサイズだし大分と荷物を軽量化できるわ!

姫花
もうここまで来るとサバイバルだよね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

災害時に普通の防災グッズとは別途女性に必要な物をまとめてみました。

災害はいつ起こるかわかりません。今夜大きな地震が起こる可能性もあるんです。

いざというときに困らないようにしっかりと備えをしておきましょうね。

 - トータルビューティ, 未分類