ニキビや肌荒れはステロイド軟膏で治る?その効果と副作用・注意点について

むくみ
姫花
ねぇねぇ姫子~見て~(涙)

3日後ひさしぶりに彼とデートなのに、こんなにでっかいニキビできちゃった・・・

しかも、鼻のてっぺんに・・・
もう死にたい・・・(涙)

姫子
うわ~・・・。
それはショックね・・・

姫花、ステロイドのお薬使ってみたら?
3日もあれば、炎症が収まるかもよ?

姫花
え?ステロイド?

なにそれ?

姫子
いわば、炎症止めの薬ってやつよ。

ステロイドのお薬がどういったものなのかは本文中で説明してるわ。

因みに、コレがステロイド軟膏よ!(ステロイド軟膏を見せる)

姫花
あぁ~!この薬かぁ!

姫花のおうちにもあるけど、ステロイドのお薬って”顔に塗っちゃいけない”ってママが言ってたよ・・・?

姫子
まぁ、顔に塗ることを推奨されている薬ではないわね。

ステロイドを顔に塗ってもいいのか?についても書いてるから、心配だったら読んでみて!!

他にも”結局ステロイドはニキビに効果的なのか?”ということも、きちんと説明してるからよく読んでみるといいわ!

姫花
うん!わかった、ありがとう!
姫子
で、姫花がステロイドをニキビに使うなら”ステロイドでニキビを治す場合のステロイド軟膏の塗り方”や”ステロイドの副作用について”もしっかり見ておいた方がいいわね。
姫花
え~。ステロイドって副作用があるんだぁ・・・。

なんだか怖いなぁ・・・。

でも、知っておくのは大事なことだよね!

ホント、姫子は頼りになるなぁ♡

姫子の言った通り、早速ステロイドとニキビについて勉強しよ~っと!!

ニキビや肌荒れはステロイド軟膏で治る?その効果と副作用・注意点について

大切な日を控えているのに、目立つところに赤く炎症をおこした ニキビが出てきてしまうと本当にショックですよね・・・!

そんな時の応急処置として”ニキビにステロイドのお薬を塗ると、ニキビが早く治る”というのは聞いたことがありませんか?

でも「ステロイドは怖い薬」という認識があり、なかなか使う気になれない人も多いといいます。

本当を言うと、ステロイドのお薬は決して、怖いお薬というわけではありません。
正しく使えば、ニキビなどの肌トラブルを早く治すことが可能です。

まずは、これから話していく”ステロイドのお薬”について少し見ていきたいと思います。

ステロイドとは?

こういった薬が、ステロイド軟膏になります。

これらのステロイド軟膏は、薬局などでも売られています。

ステロイドのお薬には飲み薬や注射タイプもありますが、セルフでの治療を行う場合はこのような塗り薬タイプのステロイド剤を使用することになるかと思います。

では、”ステロイドのお薬”とは、一般的にどのような物で効能があるものなのでしょうか?

以下、Wikipediaの引用になります。

ステロイド系抗炎症薬(ステロイドけいこうえんしょうやく)とは、医薬品である。

主な成分として糖質コルチコイドあるいはその誘導体が含まれており、抗炎症作用や免疫抑制作用などを期待して用いられる。

出典:Wikipedia

姫花
えっと。それってつまりどういう意味?

姫子
ステロイドのお薬は、今起きている炎症を抑えたり、体の免疫が過剰反応をしてしまっているのを抑える薬だってことね!

ステロイドは顔に塗っても良い薬なの?「ステロイドは顔に塗ってはいけないってよく聞くけど・・・?」

疑問を感じる女の子

たまに「ステロイドは顔面に塗ってはいけない」と言っている人がいます。

正確に言うと、これは間違いです。
ステロイド軟膏は顔に塗ることを禁止されているわけではありません。

ステロイド軟膏の使用説明書を見ると、顔面への使用について、以下のように記載されています。

・顔面には広範囲の使用しないこと

・目・目の周りには使用しないこと

このように、顔面に使用してはいけないとは記載されていません。

顔へ使用するステロイド軟膏は”mediumかweakタイプ”を使用するのが望ましい

ステロイド軟膏には薬の強さのレベルがあります。

一番強いものが”strongタイプ”、真ん中が”mediumタイプ”、一番効果が緩やかなものが”weakタイプ”です。

顔への使用は”mediumかweak”を使用するようにしましょう。

尚、皮膚科などではweakタイプの”テラ・コートリル”が処方される場合が一番多い様です。

ステロイドは結局ニキビや肌荒れに効くの?効かないの?

面倒

ステロイドでニキビを治そうとしているなら、なんだかんだここが一番重要ですよね~。

ステロイドのニキビへの効果は”抗炎症作用”があることから、炎症を起こしてしまったニキビに効果的ということになります。

逆に、毛穴に皮脂が詰まっているだけのニキビには効き目がないということになります。

どんなニキビにも効果的というわけではありませんが、使いどころを間違わなければ、ステロイドはあなたの強い味方になってくれます。

稀に、皮膚科などでもニキビに対してステロイドが処方されることもあるようです。

姫子
なるほど!

つまり、皮脂が毛穴に詰まっているだけの状態の”白ニキビや黒ニキビ”には、効かないけど

毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こした状態の”赤ニキビや黄ニキビ”にはステロイド軟膏が効果的ってことね!

姫花
その他にも、アトピー性皮膚炎で困ってる友達がステロイドのお薬を塗ってるのを見たことあるよ!

ステロイドのお薬は、アレルギー性の皮膚炎にも効くんだって言ってた~!

ステロイド軟膏でニキビを治す場合のステロイド軟膏の効果的な使い方・塗り方4つのポイント

指名

 

ステロイドは炎症に効果的ですが、どちらにしても強い薬なので、使い方に気を付けなければいけません。

ステロイド軟膏をニキビに塗布する場合の塗り方をご紹介します!

ニキビへのステロイド軟膏の使い方① まずは患部を清潔にする

ステロイドのお薬を塗るのは、洗顔後・お風呂上りの皮膚が清潔に保たれている時に塗りましょう。

尚、お風呂上りで顔が紅潮している場合は、肌への刺激が強くなってしまいますので、ほてりが静まってからにしましょう。

また、塗布前にタオルで顔を強くこすりすぎたりもしないようにしましょう。

ニキビへのステロイド軟膏の使い方② 塗布は1日に2~3回が目安

ステロイド軟膏の塗布は1日に2~3回が目安です。

塗りすぎは禁物です。

ニキビへのステロイド軟膏の使い方③ 塗る範囲は最小限にとどめる

ステロイドは広範囲に塗れば塗るほど、副作用が高まります。

塗る範囲はできるだけ最小限の範囲にしましょう。

綿棒などにステロイド軟膏を乗せ、ニキビにちょんと付けるだけでOKです。
周りの皮膚に、ステロイドのお薬が付かないように注意しましょう。

姫子
塗りこむ必要もないわよ!
乗せるだけでOK!

あと、顔だと化粧水や乳液を使うと思うんだけど、ステロイド軟膏は基礎化粧を全て終えてから塗るのよ!

ステロイドの薬が広がってしまわないようにね!

ニキビへのステロイド軟膏の使い方④ 絶対に長期使用・多用はしないこと

ステロイドは効き目が強いお薬です。

赤ニキビが治ったのを見ると、他の部分にも使用したくなってしまいますが、使いどころを広げるのは危険です。

ステロイド軟膏の多用はしないよう注意してください。

尚、長期にわたる使用も危険です。

使用期間の目安は数日~1週間程。
特に顔は皮膚が薄く薬の吸収率が良いので、ほんの短期間の使用でとどめておきましょう。

姫花
ニキビ、3日後に治るといいなぁ~♪

姫子
治るわよ、きっと!

数日以上塗ってもニキビが治らない場合は、ステロイドの薬はやめて地道に治した方がいいかもしれないわね。

ステロイドの副作用

ナース

ステロイドが一般的に”怖い薬”と認識されているのは、この副作用の部分があるからです。

どんな薬でも多かれ少なかれ副作用はありますが、ステロイドは副作用の多さが問題です。

1つずつ見ていくので、しっかりと確認しましょう!

ステロイドの副作用その① ニキビが悪化する

ステロイドの副作用として、ニキビがあります。

ステロイドはいわば”免疫を抑える作用のある薬”です。

ステロイド軟膏は肌の炎症を抑えることもしてくれるのですが、その分肌の免疫も落ちます。

なので、ステロイドを塗ると皮膚の免疫力が下がるためにアクネ菌等が増殖してしまい、ニキビが悪化してしまう可能性もあります。

皮脂量が多かったり、炎症を起こしやすい肌質の人の場合、この副作用が強く出てしまい、ニキビ治療にステロイドを使えない人もいます。

姫花
え~!ニキビが悪化しちゃうかもしれないの・・・?

もう塗っちゃったけど、怖いよ・・・。

姫子
こればかりは、体質だから塗ってみないとわからないわよね・・・。

こういうことがあるから、本当は、皮膚科に掛かって診断してもらってから、薬を塗るほうがいいわね!

私個人的には応急処置として市販のステロイド軟膏を塗るのもアリだとは思うわ。
実際、私もそれで何度も助けられてるしね~。

ステロイドの副作用その② 皮膚が漂白する

ステロイド軟膏を肌に塗ると、皮膚が漂白する事があります。

これはステロイドが血管を収縮させる事があるからです。

1日くらい経てば色は元に戻りますが、明らかに白くなるので、驚く人もいるそうです。

姫子
昔、ステロイド軟膏を塗ると肌が白くなるから、化粧下地として使っていた女性がいたらしいよ!

でも、長期にわたり広範囲でステロイド軟膏を使用したことで、皮膚トラブルに見舞われたんだって。

それから、ステロイド軟膏の注意書きには化粧品としての使用を禁止する注意事項ができたらしいわ。

姫花
・・・。
姫花も一瞬、白くなるんだったら化粧下地にでも使おうかなって思っちゃった・・・(笑)

絶対やっちゃダメだね・・・・。

姫子
姫花はバカねぇ!
当たり前でしょ!!

ステロイド軟膏を美白化粧品・化粧下地の目的で使うのは絶対にやめておいた方がいいわよ!!

ステロイドの副作用その③ 酒さ様皮膚炎

ステロイド軟膏の長期連続使用の副作用として”酒さ様皮膚炎(ステロイド酒さ)”というものがあります。

一般的には”酒さ皮膚炎”と”酒さ様皮膚炎(ステロイド酒さ)”は別物の皮膚炎と認識されていていますが、症状は似ています。

症状としては、小さな赤ニキビが大量に発生したり、顔がやたらと乾燥し皮膚がボロボロに剥ける、火照って赤くなるなどの症状が現れます。

酒さ様皮膚炎自体の症状は最初の内は、ステロイドを塗り続けることでマシになりますが、薬をやめるとすぐに悪化してしまいます。

そしてマシになって、悪化してを繰り返しているとやがてステロイドの薬も効かなくなりどうしようもなくなります。

酒さ様皮膚炎になってしまった場合はまず、ステロイドを中止することが第一です。

その後は以下の点に気を付けながら、気長に治りを待ちます。

・ステロイドは絶対塗らない

・化粧水や乳液、ワセリン、メイクなど一切塗らない

・洗顔時、石鹸は使わない(朝も夜も)

大体は1か月ほどで症状がマシになり、半年もたてば治る場合が多いようですが、その間はボロボロの肌をさらすことになり、大変です。

姫花
ひぇ~!!恐ろしい!!

私も”酒さ様皮膚炎”になっちゃうの!?涙

姫子
1回や2回塗っただけでそんな風にはならないわよ(汗)

でも、ステロイドの長期にわたる使用は絶対、絶対にダメよ!!

わかった?

姫花
はぁ~い(涙)

ステロイドの副作用その④ 皮膚が薄くなる・血管が浮き出る

”皮膚萎縮”や”毛細血管拡張”などと呼ばれる症状は、長期にわたり強いレベルのステロイドを服用し続けた場合に起こる副作用です。

これらの副作用が発生するとステロイドの服用を中止しても、後遺症として残るので注意が必要です。

※”皮膚萎縮”とは?※

皮膚が薄くなる”皮膚萎縮”は、皮膚細胞が増殖するスピードが極端に遅くなるので、皮膚が薄くなってしまう症状の事。

※”毛細血管拡張”とは?※

皮膚が薄くなることにより、皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまう症状のことです。

顔だと、頬の皮膚に赤いモヤモヤとしたものが(毛細血管)が透けて見えてしまうのが特徴です。

姫花
こわ~~~い(涙)

私のほっぺもモヤモヤが出ちゃうの~~っ!?

姫子
大丈夫よ!!!汗

これらの症状は強いステロイドを長期に渡り使用した場合って書いてあったでしょ!!

姫花が使ったのは、弱いステロイドだし、数日塗った程度ではならないから!!

ステロイドの副作用その⑤ 毛深くなる

長期間にわたりステロイドを使用すると、まれに毛が濃くなることがあります。

ステロイドのお薬には”副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)”と呼ばれる男性ホルモンに似た性質を持つホルモンが含まれています。

そのため、男性ホルモンが少ない女性や子供がステロイドのお薬を使いすぎると、ひげやすね毛などが多くなることがあるようです。

しかし、この症状もステロイドを継続使用しない限りは可能性はほぼ0に等しいので、数日の使用では心配するに値しないでしょう。

尚、この症状は薬をやめれば自然治癒するものになります。

姫子
ステロイドのお薬って本当に副作用が多いのね・・・。

連続使用しなければ大丈夫なものも多いけど、やっぱり怖いわよね・・・!

やっぱりニキビは”できないようにケアする”のが一番大事ね!

ニキビができたとしても、ステロイド軟膏は緊急手段にしておかないと、ニキビができたらすぐにステロイドを塗るのは危険だわ。

ステロイド軟膏が効くニキビなのか、効かないニキビなのかを判断するのも重要ね!

しかも、あなたの肌質にもよるから難しいわね・・・。

やっぱりニキビを薬で治療するなら、皮膚科の先生に診てもらった方がいいね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ステロイドとニキビについてみてきました!!

ポイントをおさらいします!!

ニキビ治療にステロイドを使用する場合のポイント

・ステロイドは、炎症や過剰免疫反応を抑えるお薬。

・ニキビへの使用が推奨されているわけではないが、顔に塗ってはいけない薬ではない。

ステロイド軟膏が効果的である可能性が高いニキビは、皮膚が炎症を起こしている”赤ニキビ・黄ニキビ”。

使用方法に注意すること。(ステロイドを顔に塗る場合は必ず弱いレベルのもので、短期的に少量の使用にすること。)

ステロイドの副作用に注意すること。

今回はステロイドのニキビへの効果をご紹介しましたが、筆者は皮膚科医ではありません。

自身の経験と知識を記載しているまでです。

ステロイド軟膏をニキビの治療に使うことは基本的には、皮膚科医はほとんどしないようです。

ニキビへのステロイドの使用は自己責任でおねがいします。
ご心配な方は、皮膚科を受診することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。