【林先生の今でしょ講座】楽で効果的に痩せる”ジョギング術”

ジョギング
姫子
2016年5月10日の”林先生の今でしょ講座”見た??

録画して見てたんだけど、内容が割と良かったのよねぇ~♡

姫花
えっ!見てない!

どんな内容だったの?

姫子
ジョギングで効果的に脂肪を減らす”ジョギング術”よ!

意外と、間違っていることが多くて、びっくりだったわ!

姫花
ジョギングかぁ・・・。

ダイエットの定番って感じだね!!

姫子
そうよね。ダイエットでジョギングに励む人は多いと思うわ。

そんなジョギングを効果的に行うには正しい”走り方・食事・時間”の3ポイントが大事なんだそうよ。

姫花
へぇ~そーなんだ!

なんかそれは、知っておいた方がよさそうだね!

どんな感じだったか教えてよ!

姫子
もちろんよ!

じゃぁ、今回の記事では、林先生の今でしょ講座で放送された”正しく効果的なジョギング”について紹介するわ!

最後には、ジョギング前にするとより効果的に脂肪燃焼ができるエクササイズも紹介するから、最後まで必見よ!!

【林先生の今でしょ講座】効率的に痩せたい人必見!!楽で効果的なジョギング術とは!?

ジョギングといえば、ダイエットで行う運動の定番ですよね!

運動で痩せようとしたら、1度は経験のある人も多いのではないでしょうか?

歩くより、エネルギーの消費が激しくダイエットに適しているジョギングですが、あなたは正しくジョギングできていますか?

もし、あなたのジョギング方法が間違っていたら・・・!あなたはかなり損をしているかもしれません。

というわけで、今回は”林先生の今でしょ講座”で紹介された、下記ダイエット本の著者、桜井智野風先生が考案する楽で効果的なジョギング術の3ポイントをご紹介します!

ジョギングで効果が出なかった方、またはリアルタイムでなかなか効果が出なくて困っている方、必見ですよ!!

 

楽で効果的なジョギング術のポイント① 走り方

皆さんは、ジョギングをする際に”走り方”に注目したことはありますか?

ほとんどの人は、走ること自体に注力しているため”自分が痩せやすい走り方をしているか?”など」考えた事もない人が大半かと思います。

番組の情報によると、走り方によって同じ距離を走っても、消費できる脂肪の量が違ってくるそうです。

痩せる走り方は”腕を後方に大きく振る”!!

ジョギングではよく”足を上に上げて走ると効果的”なんてことが言われていることがありますが、実際は違うようです。

脂肪をより効果的に燃焼させる走り方は、”後方に腕を大きく振る”ことが大事なんだそうです。

後方に腕を振ることで、全身の筋肉の協調性ができ膝が動きやすくなり、効率よく前進の筋肉を使うことができるんです。

そうなれば、何も意識しないままに走るよりも消費カロリーが上がり、より効果的な脂肪燃焼に繋がるのだそうです。

また、後方に腕を大きく振る走り方は腰痛や肩こり解消にも効果的だそうです。

姫子
因みに、良く言う太ももを高く上げる走り方は、お尻が下がってしまい、使う筋肉が少ないし、疲れるから効率が悪いんだそうよ。

 

楽で効果的なジョギング術のポイント② 食事のタイミング

皆さんは、ジョギングの前に食事をしますか?それとも走った後に食事をしますか?

よくある問題ですが、正しく理解せず、ジョギングで食事のタイミングを間違えると、脂肪は燃えないそうです。

せっかくなら、効率的に脂肪を燃やしたいですよね!

というわけで、次は、ジョギングをする場合の食事のタイミングについてご紹介します。

ジョギングする前に食事を摂るのが効果的!

「ジョギングする前に食べると、横っ腹が痛くなるから、ジョギングした後が正解で所?」と思った方、それは間違いです。

因みに、私もそのように考えていました。

先生によると、空腹では脂肪が燃えないんだそうです。

なぜかというと、蓄積された脂肪を燃やすためのエネルギーになるのは食事に含まれる糖質であるためです。

空腹の際は糖質が極端に少なく、脂肪を燃やすためのエネルギーが足りないので、空腹でジョギングしても効果がないのだそうです。

姫花
え~以外!!

でも、食後に走ったらお腹痛くなるじゃん!!

姫子
それは食後すぐに走った場合でしょ。

先生によると、食後1~2時間後のジョギングが最も効果的だそうよ。

食後早すぎると、交感神経が活発になるから消化に良くないし、何より糖質がエネルギーに変わるまでに時間がかかるから食後スグでは意味がないのよ。

食後1~2時間後なら、糖質は吸収されているからその糖質をエネルギー源にして脂肪を燃やすことができるのよ!

糖質制限ダイエットとジョギングは相性が悪い。

運動と食事制限を合わせてダイエットを行う人は多いかと思います。

食事制限で、近頃人気なのが炭水化物を食べない”糖質抜きダイエット”。

炭水化物は、人間の食事のエネルギーの大半を占めるため、食事制限系のダイエットでは、効果の高い部類で人気ですが、ジョギングとは相性が悪いのだといいます。

ジョギングは摂取した糖質をエネルギーに脂肪を燃焼させるので、糖質を摂取しない糖質制限ダイエットをしているときは効果がないのです。

姫子
どうしても、糖質制限ダイエットと組み合わせたい場合は、ジョギング前30分前にバナナを食べるのがいいわ。

バナナははやく糖質に変わるし、オリゴ糖が含まれているから便秘解消にも効果的よ。

糖質ダイエット中は、穀物が不足しているから便秘になりやすいの。

そういった意味でも、バナナはオススメよ!!

 

楽で効果的なジョギング術のポイント③ ジョギングの時間

あなたはジョギングをするとき、何分間くらい走りますか?

「う~ん。15分くらいかな・・・?」といっている方は特にこの先は必見ですよ!!

ジョギングは走る時間を間違えると、脂肪が殆ど燃えない!?

そうなんです。ジョギングは走る時間が短すぎるとほとんど脂肪が燃えてくれないんです。

これは割と有名な話かもしれません。

ジョギングなどの有酸素運動を行った場合、走り始めて約20分ほどで脂肪が燃えだすといいます。

先生によると、細切れに1.2分の休憩を2~3回挟んで、30分は走る方が脂肪燃焼には効果的だそうです。

尚、休憩を挟んでも燃え始めた脂肪は燃え続けるため、30分間走り続けた時と、休憩を挟んで30分走るのとでは脂肪の燃え方はあまり変わらないようです。

姫子
因みに、休憩の時には立ち止まるのはNGよ。心臓に負担がかかるわ。

ジョギング中辛くなったら、ゆっくり歩いて呼吸を整えるのよ!

安全なジョギングをするために気を付けたい水分補給について!

水を飲む女性

ジョギング前に行うエクササイズを紹介する前にオマケ情報です。

皆さんは、ジョギングやそれ以外の運動をする場合でも、必ず水分補給をしますよね?

その場合皆さんは、何度くらいの何を飲んでいますか?

最近の研究で、従来までのスポーツ時の水分補給が危険であることがわかったんだそうです。

間違った水分補給をしてしまうことで、頭痛・吐き気・痙攣などを起こしてしまう危険性や、最悪、命にかかわる可能性もあるとのことなので、注意しましょう!

スポーツで汗をかいた際は”常温の水”での水分補給は間違っている!?

これね。やっている人多いんじゃないでしょうか?

健康や美容に気を遣うほど「水分補給は常温の水が良い」といいますが、日常の水分補給はそれが政界でも、スポーツをして汗をかいているときはそれは間違いなんだそうです。

私たちの身体は脳から電気によって、筋肉や臓器に指令が行くのですが、その際に電気の仲介をしているのは身体の中の塩分です。

汗をかくと、水分はもちろん塩分も一緒に排出されてしまうのですが、そこに水だけを飲んでも水分は補給されますが、塩分は補給されず、脳からの信号が行き渡らなくなる可能性があるんだそうです。

そういったことから、ジョギングの際の水分補給は冷たいスポーツドリンクが好ましいとのこと。

この”冷たい”という部分に疑問を抱く人もいるかもしれませんが、飲み物の温度が5~15度の時の水分や塩分の吸収率が良いので、冷たく感じるものがオススメとのことです。

姫花
へぇ~!

意外だねぇ!

姫子
そうね。

これからは、冷たいスポーツドリンクを持ってジョギングに向かいましょう!

 

ジョギング前にすると脂肪が燃えるエクササイズをご紹介☆

効率的なジョギング術については以上になります!

最後に、番組内で紹介されたジョギング前に行うと脂肪が燃えやすくなるエクササイズをご紹介します☆

①大きく足を開き、つま先を外にして、立つ。

②そのまま、太ももと地面が平行になるくらいまでしゃがむ。(ガニ股空気イスのイメージです。)

※寄り負荷をかけたい場合は、足をさらに開くと負荷がかかる。
しゃがむのが、辛ければ物につかまったり、膝に手を置いてももOK!

ジョギングなどの有酸素運動の前に筋トレを行うことで、固まった脂肪を柔らかく燃焼しやすいものに変えるような指令が脳から行くとのことで、

このエクササイズでなくとも、有酸素運動の前に筋トレを組み込むことで、有酸素運動の効果がUPするとのことです!

しかし、このエクササイズは太もも、お尻、股関節を動かすことで筋トレにもなるし、走る前の準備運動にもなるので、是非取り入れてみてくださいね☆

 

姫子
以上がエクササイズの説明よ!

女子はちょっと恥ずかしいポーズだけど、効果が上がるならやるしかないわね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。