美味しく食べてキレイになる♡美肌になれる食べ物50選

食事
姫子
女性なら誰しも、健康的できれいなお肌に憧れるわよね。

美肌になろうと思い立ったら、あなたはまず何に力を注ぐかしら?

姫花
え~っとぉ。

化粧水とか美容液、クリームなんかをちょっと奮発して良いものを買ったり~

エステに行ったりするかな!!

姫子
そうよね。大体の人がそう答えると思うわ。

でも、本当に美肌に必要なのは高級化粧品やエステかしら?

もっと基本に立ち返るべきよ。

姫花
・・・と、言われましても・・・。

美肌になるために本当に必要なモノって何・・・?

姫子

内側から美肌が欲しいなら気を付けるべきは”食べ物”よ。

”あなたはあなたの食べたものでできている”という言葉もあるように、お肌もあなたの食べたものから取った栄養素で作られているのよ。

健康な肌を作れるようにしないと、そこへいくら高い化粧品を塗っても、フェイシャルエステをしても、内側から輝く美肌にはなれないわ。

姫花
なるほど~たべものかぁ・・・。

でも、美肌に良い食べ物ってたくさんあるけど、食べても翌日のお肌とかは全然変わんないよね。

頑張って食べたのに効果が出ないから、やっぱりスグ効果の実感できる化粧品やエステに頼っちゃうの~。

姫子

確かに食べ物では1日や2日では効果を実感することはできないわね。

でも、美容に良い食材をたくさん知っていて、少し意識してそれらを積極的に取っている女性と、そうでない女性の肌には、美しさに差がでるものよ。

というわけで、今回は美肌に良い食べ物を片っ端からたくさん挙げていくわよ!

おいしく食べて美肌になれる食べ物50選♡

普段の食事で綺麗になれるなら嬉しいものですよね♡

今から美肌に良い食材をたくさんご紹介します。

これらの食材は食べたら次の日から、美肌になれるというようなものではないかもしれません。

しかし、少し意識して摂り続けることで未来のお肌は変わって来るはずです。

外から何かするだけの付け焼き刃の美肌法ではなく、美肌に良い食材を食べて内側から輝くような美肌を目指しましょう!

美肌に良い食べ物 ~野菜類編~

野菜

野菜類はビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれているものが多く、美肌に欠かせない食材です。

そんな美肌に欠かせない野菜たちの中で、最も美肌効果の強いものをご紹介します☆

美肌に良い食べ物1 トマト

旬:6~9月
カロリー:18.9cal

女性芸能人でも、美容のためにトマトを毎日食べているという人が多いですよね!

トマトにはリコピンが豊富に含まれています。

リコピンは体のコラーゲンを守る役目や美白効果などがあります。

リコピンは油と混ざると効果が生のままで摂取する4倍になるようですのでオリーブオイルなどをかけて食べるのがおすすめです☆

美肌に良い食べ物2 にんじん

旬:9月~12月
カロリー:44cal

にんじんには、カロテンが豊富に含まれています。

皮膚や粘膜を保護し、シミやしわなどの老化の原因になる活性酸素や、紫外線から皮膚を守ります。

根野菜には体を温める効果もあるので、さらに女性に嬉しい食材ですね!

美肌に良い食べ物3 キャベツ

旬:品種によりさまざま
カロリー:22.9cal

キャベツには、美肌の味方のビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは熱に弱いので、できれば熱は加えずにサラダで頂きましょう。

また、女性ホルモンに煮た働きをするボロンという成分も含まれていて、バストアップ食材としても有名です♡

美肌に良い食べ物4 ブロッコリー

旬:11月~3月
カロリー:33cal

ブロッコリーにはビタミンA・B・C・Eがそれぞれ含まれています。

また、ブロッコリーに含まれるβ-カロテンは、アンチエイジング効果もあるため美肌を目指すなら積極的に摂っておきたい野菜ですね☆

ブロッコリーの茎は捨ててしまいがちですが、茎の部分にも栄養がたくさん含まれるので、細切りにして味噌汁に入れるなどして活用しましょう!!

美肌に良い食べ物5 かぼちゃ

旬:7~9月
カロリー:26.1cal

かぼちゃには、体の酸化を防ぎ肌の老化を防いでくれるビタミンである、抗酸化ビタミンA・C・Eがそれぞれ豊富に含まれています。

体を温めてくれる効果もあるので、冷え性の女性にはうれしい野菜です。

皮に栄養があるので、皮は剥かずに食べましょう。

あぶらと相性が良いので、揚げ物や炒め物で食べるとよりGOODです☆

美肌に良い食べ物6 ゴーヤ

旬:6~8月
カロリー:17cal

ゴーヤはビタミンCが豊富な野菜ですが、ゴーヤのビタミンCは熱に強いという珍しいビタミンCです。

そのほかにも、肌の修復に欠かせないビタミンB類が豊富に含まれています。

また、ゴーヤには体内の余分な熱を取り去る効果があり、ニキビに効果的だと言われています。

ゴーヤに含まれるβ-カロテンは脂との相性が良いのでゴーヤチャンプルにして食べましょう!

美肌に良い食べ物7 ほうれんそう

旬:11月~3月
カロリー:20.1cal

抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンA、C、Eがすべて豊富に含まれています。

また、ほうれん草は血液を作る際に重要になる鉄分や葉酸も豊富で、肌のくすみなどにも役立ちます。

ほうれん草に含まれるビタミンは熱によわいので、加熱は控えめに。
尚、根っこのピンクがかった部分は栄養豊富なので良く洗って食べましょう。

美肌に良い食べ物8 カリフラワー

旬:11~2月
カロリー:27cal

ビタミンCが大変豊富なカリフラワーはまさに美肌食材!

ただ、ビタミンCは熱に弱いので、加熱は軽く行うのがポイントです。

美肌に良い食べ物9 さつまいも

旬:9~12月
カロリー:131.9cal

ビタミンCとビタミンEが豊富なさつまいも。

サツマイモのビタミンCは、デンプンに守られているために、ほかのビタミンCと比べ熱に強いのが特徴です。

サツマイモに含まれる”ヤラピン”という成分は、便通を良くしてくれる効果があり便秘解消にも効果的とされています。

美肌に良い食べ物10 大根

旬:12~2月
カロリー:17.9cal

ビタミンA・Cが豊富です。

また、大根に含まれる”イソチオアネート”という辛み成分は、強い抗酸化作用を持ち美肌効果があります。

イソチオアネートはすりつぶすことで生成されるため、大根おろしで食べるのがおすすめです。そうすれば熱に弱いビタミンCも壊さず摂れます。

美肌に良い食べ物11 チンゲンサイ

旬:1~3月
カロリー:9.1cal

ビタミンAやビタミンCを豊富に含んでいて、チンゲンサイにはメラニンの生成を抑制し、肌を白くするなど美肌効果が期待できます。

チンゲンサイのビタミンはタンパク質と一緒に摂取すると吸収力がUPするので、鶏肉や豚肉などと一緒に食べるのがおすすめです。

美肌に良い食べ物12 菜の花

旬:2~4月
カロリー:33cal

菜の花はβカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンCなどの美肌に良いとされる栄養素を豊富に含んでいます。

春になるとスーパーなどでもよく見かけるようになりますが、つぼみがしまっていて、花が咲いてないものを選ぶようにしましょう。

油との相性がいいので、炒め物などがオススメです!

美肌に良い食べ物13 ピーマン

旬:6~8月
カロリー:30.1

ビタミンCが豊富に含まれているピーマン。

また、ピーマンには非常に抗酸化作用が強いクロロフィルを含んでいるのでアンチエイジング効果が期待できます。

ピーマンに含まれるビタミンは熱に強く、油との相性が良いので炒め物で食べるのが良いですよ!

美肌に良い食べ物14 アボカド

旬:11~1月
カロリー:186cal

アボカドには、食物繊維やビタミンC、E・カリウム・ポリフェノールなどが豊富に含まれていて美肌成分が盛りだくさんです。

すこし脂っぽいのが特徴ですが非常に良質な脂質で、体に良いとされる不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸が不足すると皮膚病になるとも言われているので美肌を目指すうえでは必見です。

美肌に良い食べ物 ~果物類編~

フルーツ

野菜以外にも”美肌になれそうな食べ物”といえば、果物ですよね!!

野菜は苦いし嫌いだという人も、甘くておいしい果物なら好きだという人もいるのではないでしょうか?

果物は野菜と同じく、ビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれているものが多く、美肌に欠かせない食材です。

ただ、野菜と比べると糖質が多いので食べすぎに注意しながら、美味しく食べて美肌を目指しましょう☆

美肌に良い食べ物15 いちご

旬:4~5月
カロリー:33cal

甘酸っぱく、見た目も可愛いいちごは女性が大好きなフルーツですよね!

そんないちごには、ビタミンの王様レモンにも引けを摂らないほどのビタミンの含有量を誇っています。

また、ターンオーバーの促進を助ける葉酸や、抗酸化作用の強いポリフェノールも多く含まれるので、美肌のどの分野においても優秀な食材です!

美肌に良い食べ物16 りんご

旬:10~12月
カロリー:54cal

りんごはビタミンCやポリフェノールが多い食材。

りんごに含まれる”りんごポリフェノール”は抗酸化作用がかなり強く、シミやそばかす予防などの美白効果が期待できます。

りんごの皮の部分に多くポリフェノールが含まれるので、皮のまま食べるのがおすすめ。

美肌に良い食べ物17 バナナ

旬:6~9月
カロリー:86cal

バナナにはビタミンB群、C、体内でビタミンAに変わるカロテンが含まれています。

捨てがちなバナナのスジ(皮を剥いたときの白いもろもろとした部分)にはポリフェノールがたくさん含まれていますので、筋はできるだけ取らずに食べましょう。

また、バナナには善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれる”オリゴ糖”が含まれています。

便秘解消は美肌になるには欠かせないので、便秘がちの人は進んでバナナを食べましょう!

美肌に良い食べ物18 いちじく

旬:7~10月
カロリー:54cal

イチジクはビタミンB群、Cがバランスよく含まれています。

またイチジクは、美白効果のあるとされるザクロエラグ酸をはじめとし、様々な種類のポリフェノールを含んでおり、アンチエイジング・美白効果が期待できます。

イチジクの種の部分には、植物エストロゲンが豊富に含まれているのでホルモンバランスの乱れからくる肌荒れ予防にもオススメです!

種の部分は取らずに食べましょう!

美肌に良い食べ物19 柿

旬:10~11月
カロリー:60cal

柿には「1個食べたら1日分のビタミンCが取れる」と言われるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。

柿の渋み成分である”タンニン”というポリフェノールには、血行促進を促す効果があり、それ経由で肌のターンオーバーを促進し美肌効果が期待できます。

また、強い抗酸化作用を持つβ-カロテンも豊富です。

美肌に良い食べ物20 キウイ

旬:11~7月
カロリー:53.1cal

ビタミンC・Eを豊富に含むキウイフルーツ。

葉酸やポリフェノールも豊富で、まさに美肌食材。

キウイは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが、ほかのフルーツと比べても良く、便秘解消に効果的だと言われています。

美肌に良い食べ物21 ライチ

旬:4~8月
カロリー:63.1cal

世界三大美女の1人である楊貴妃も愛したといわれるライチ。

ビタミンCや葉酸などが豊富で、まさに美肌を目指す女性のためのフルーツです。

ライチは”養血類(ようけつるい)”という部類に属され、血を養う作用を持ち、それと同時に身体を潤わせる効果があります。

美肌に良い食べ物22 ザクロ

旬:10~12月
カロリー:55.9cal

世界三大美女の1人であるクレオパトラも愛したといわれるザクロ。

美白効果の高い、ビタミンCやエラグ酸が豊富でかつ、植物エストロゲンが豊富に含まれているのでホルモンバランスの乱れからくる肌荒れ予防にもオススメです!

美肌に良い食べ物23 パイナップル

旬:7~9月
カロリー:50.9cal

ビタミンA・Cが豊富なパイナップル。

パイナップルには消化を助ける酵素が含まれており、お肉などを食べた後に食べると消化を助け、胃腸の疲労からくる肌荒れの改善が期待できます。

また、パイナップルは繊維が多いフルーツなので、便秘解消にも役立ちます。

美肌に良い食べ物24 メロン

旬:5~8月
カロリー:42.1cal

美肌効果のあるイメージの薄いメロンですが、メロンに含まれる抗酸化物質”オキシカイン”は非常に強い抗酸化作用を持っていることで知られており、アンチエイジングに効果的です。

老化の原因になる活性酸素を除去する効果もあるのだそうで、近年メロンに含まれる成分が徐々に注目されいている様です。

美肌に良い食べ物25 すいか

旬:7~8月
カロリー:37cal

トマトに含まれることで有名な、強い抗酸化作用をもつリコピンがすいかには含まれています。

ビタミンAに変化するβ-カロテンも含まれており、アンチエイジング効果は抜群です。

なお、すいかに含まれる”シトルリン”という成分は、他の野菜や果物にはあまり含まれていない成分で、血管を若返らせ血行を促進する効果・保湿効果・紫外線から肌を守る効果もあり、美肌を目指す女性にはぜひ食べてほしい食べ物です。

美肌に良い食べ物26 オレンジ

旬:1~3月
カロリー:39cal

ビタミンA・B・Cが豊富なオレンジ。

他にも、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含み、バランスの良い栄養素を持つフルーツです。

オレンジに含まれる香り成分”リモネン”はリラックス効果があり、オレンジの香りを日常的に嗅ぐことでストレスからくる肌荒れの改善も望めます。

美肌に良い食べ物27 グレープフルーツ

旬:4~5月
カロリー:38cal

ビタミンCが豊富なグレープフルーツ。

シミなどの予防はもちろんの事、コラーゲンの生成も助けてくれるので美肌効果が期待できます。

グレープフルーツの香りは、食欲を抑える効果があり、暴食も立派な肌荒れの原因となりますので、そういった理由でもグレープフルーツは美肌に良いフルーツです。

美肌に良い食べ物28 レモン

旬:12~1月
カロリー:54cal

レモンはビタミンCが豊富なことで有名ですよね!

ビタミンCの他にも、クエン酸や”エリオシトリン”というポリフェノールの効果で、新陳代謝の促進効果も期待できます。

酸味が強く食べにくいのが特徴ですが、ハチミツにつける等して工夫して食べましょう!

美肌に良い食べ物29 桃

旬:7~8月
カロリー:40cal

ビタミンB類・C・Eが豊富な桃。

水溶性食物繊維が多く、不足しがちな現代人にはピッタリの食材。

桃に含まれる”クリサンテミン”は強力なアンチエイジング効果があることで知られています。

美肌に良い食べ物30 マンゴー

旬:3~8月
カロリー:64cal

β-カロテンが多いマンゴーは、皮膚の粘膜を保護し、肌荒れを予防する効果が期待できます。

他にも、ビタミンB群やビタミンC・Eも豊富に含まれています。

カロリーが高めなのが気になりますが、食べすぎには気を付けて、美味しいマンゴーを食べて内側から綺麗になりましょう!

美肌に良い食べ物 ~肉・魚類編~

食材

”美肌になれそうな食べ物”というと、ビタミンが多い野菜や果物を連想しますが、私たちの肌はビタミンだけでできているわけではありません。

私たちの肌の主成分はタンパク質です。

タンパク質を摂取するには、当然お肉や魚を取る必要がありますよね!

お肉や魚は美肌に欠かせない食材ですが、その中でも特に美肌に効果的な食材をご紹介します☆

美肌に良い食べ物31 鶏肉

牛や豚に比べると脂質が少ない鶏肉。

でもタンパク質の量は牛や豚に引けをとらないので、ダイエット中でも良質なタンパク質をGETできます!

なお、鶏肉で脂質が多い部分と言えば”皮”ですが、鳥皮にはお肌をプルプルにしてくれるコラーゲンが多く含まれています。

ビタミンCと一緒に取ると、身体の中で生成するときの助けになるので、おすすめです。

鶏肉は、牛や豚に比べてビタミンAが多いので、皮膚を正常に保つ効果・アンチエイジング効果が期待できます。

肌がお疲れモードな時や、肌荒れを起こしてしまった場合に積極的に鶏肉を摂取しましょう!

美肌に良い食べ物32 豚肉

豚肉は鶏や牛に比べて、肌を作る際に必要なビタミンBが多く含まれており、美肌作りに欠かせない食材です。

しかし、豚肉の中でも一番多く出回るバラは脂身が多いですし、ほかの部位も皮脂が多いのが注意しなければいけない点です。

油分の多い部位を食べる場合はしゃぶしゃぶなどの油を落とす食べ方がオススメです。

ただ、湯につけてしまうとビタミンなども失われてしまうので、できればもともと脂身の少ないヒレ等がおすすめです。

ヒレ肉はタンパク質が豊富で脂質が少なく、ビタミンBも一番多く含まれています。

美肌に良い食べ物33 牛肉

牛肉といえば、脂肪分が高く太るイメージがありますが、鉄分が多く、貧血を起こしやすい女性には必要な食材です。

血が足りないと、貧血はもちろんの事、顔色も優れず、お肌もカサカサになってしまいます。

肌が乾燥している・油分が足りない・顔色が悪い時には是非牛肉を食べてみてください。

部位はやはり脂肪分が多いと良くないので、モモやヒレなどの赤身でヘルシーな部位をチョイスしましょう!

美肌に良い食べ物34 鮭

旬:9~11月
カロリー:132.9cal

美肌効果の高い魚といえば、鮭やサーモンです。

鮭やサーモンには、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つ”アスタキサンチン”が含まれていて、アンチエイジング効果や美白効果などが期待できます。

他にも、鮭に含まれる”ジメチルアミノエタノール”という成分は、お肌のハリを生み出したるみに効果的。

”プロテオグリカン”という主に鮭の頭から抽出されるタンパク質は、身体を潤す効果があります。

なお、鮭の皮には必須アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸等も豊富に含まれるので、鮭を食べるときは皮を残さずに食べましょう。

鮭を焼きすぎると、鮭の美肌成分”アスタキサンチン”が失われるので、できればお刺身で食べるか、アスタキサンチンの量を増やしてくれるビタミンCを多く含む食材と一緒に食べましょう!

美肌に良い食べ物35 さば

旬:10~12月
カロリー:202cal

サバはビタミンB群やビタミンDが豊富な魚です。
肌の生成や修復に効果を発揮します。

サバに含まれるEPAやDHAなどの成分は血の巡りを良くして、新陳代謝を促進しダイエット効果やターンオー場促進による美肌効果があるため、サプリメントでも人気の成分です。

美肌に良い食べ物36 フカヒレ

旬:?
カロリー:342cal

高級食材として良く知られるフカヒレは、サメの尾ひれを乾燥させた食材です。

そんなフカヒレはほぼ全成分がコラーゲンでできている食品で、美肌食材として有名です。

お値段が高いので、毎日食べられるようなものではないと思いますが、食べるならフカヒレは夜に、コラーゲンの生成を促進するビタミンCと一緒に摂るのがオススメです。

美肌に良い食べ物 ~その他~

食事

 

今までは、野菜や果物、肉魚で美肌効果の高いものを挙げてきました!

今からは、野菜・果物・肉・魚以外の美肌食材をご紹介していきます!!

野菜やお肉などにはない栄養素を含むものもありますので、要チェックですよ☆

美肌に良い食べ物37 ヨーグルト

旬:-
カロリー:61.9cal

お肌の調子と腸内環境は密接に関係しているといわれています。

腸内環境が悪いと人は腸で栄養を吸収するため、せっかく摂取した栄養素がそのまま排出されてしまうのです。
もったいないですよね。

その点、ヨーグルトの乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸は、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

腸内の腐敗を防いでくれて腸の運動を活発にしてくれる働きをしてくれるので、便秘などに悩んでいる人にはもってこいの食材と言えるでしょう。

ただ、摂りすぎてしまうと、肥満や吹き出物の原因にもなりますので注意してください!

美肌に良い食べ物38 豆乳・豆腐

旬:-
カロリー:45.9cal

豆乳や豆腐に含まれるイソフラボンは、植物性エストロゲンといってホルモンバランスの乱れからくる、肌荒れ・ニキビに効果的です。

また、豆乳や豆腐にはオリゴ糖も含まれるので便秘を解消し、便秘が原因の吹き出物改善も期待できます。

美肌に良い食べ物39 納豆 

旬:-
カロリー:200cal

大豆を発酵させて作られる納豆は、イソフラボンを含むのはもちろんですが、それに加えて発酵食品のいいところも兼ね備えた魅力的な美肌食材です。

納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があり、血の巡りを良くすることができ肌のターンオーバーも促進されます。

また、食物繊維も多く含むため便秘解消にも効果を発揮しますし、ビタミン類もバランスよく豊富に含んでいるので、まさに美肌のスーパーフードです。

臭いがあるので、苦手な人も多いと思いますが、食べられる人は積極的に納豆を食べましょう!!

美肌に良い食べ物40 くるみ

旬:9~10月
カロリー:674cal

クルミは主に海外から輸入されますが、日本では長野県がクルミの栽培を行っています。

長野県では昔から、クルミを普段の食生活に取り入れているようですが、長野県の女性はご長寿なのに加えて肌年齢も若いのだそうです。

クルミには、肌の修復をするビタミンBや若返りビタミンと呼ばれているビタミンEが豊富にふくまれています。

カロリーが高いので食べすぎには注意ですが、少量なら取り入れてみてもよいかもしれません。

美肌に良い食べ物41 ピスタチオ

旬:日本では栽培されていない。輸入品で通年手に入る。
カロリー:614.9cal

ナッツの女王と呼ばれるピスタチオには、ビタミンB1.B6、E、Kが豊富で、美肌効果が期待できます。

β-カロテンやルテイン等の抗酸化物質も含まれ、アンチエイジング効果が期待できます。

ただ、ピスタチオもカロリーが高い食品。
食べすぎには注意しましょう!

美肌に良い食べ物42 海藻類

旬:-
カロリー:種類により様々

カロリーが低くヘルシーなので、ダイエット食などに人気の海藻類。

亜鉛やマグネシウム・マンガン・銅・ヨウ素等のミネラルが豊富で、美肌を作る糧になります。

また、不足しがちな水溶性食物繊維も豊富なので、便秘からくる肌荒れ改善にも役立ちます。

美肌に良い食べ物43 しめじ

旬:9~10月
カロリー:18cal

シミやシワ、たるみ、かさつき、オイリー肌などのあらゆる肌トラブルに効果がある”オルニチン”がしめじには豊富に含まれています。

また食物繊維が豊富なので、便秘が原因の肌荒れにも効果的です。

美肌に良い食べ物44 まいたけ

旬:9~10月
カロリー:16cal

マイタケは”β-グルカン”という免疫力を向上してくれる成分がキノコ類の中でも、群を抜いて含まれています。

β-グルカンは風邪などの予防の他にも、様々な皮膚トラブルに効果を発揮します。

肌トラブルに悩まされているときは、進んでマイタケを食べましょう!!

美肌に良い食べ物44 はちみつ

旬:4~5月
カロリー:294cal

別名”食べる美容液”とも呼ばれるハチミツは、ビタミンやミネラルが多く含まれており栄養価も高く、保湿力も優れていて、まさに美肌のための食材です。

はちみつは食べるだけでなく、殺菌力があるため肌が荒れているときに肌に塗ったり、保湿力があるのでパックをしたりすることもできます。

美肌に良い食べ物45 卵

旬:-
カロリー:151cal

卵は”栄養価の優等生”と呼ばれるほど、栄養価の高い食材です。

タンパク質は優良な物が豊富に含まれていますし、ビタミンA・B群・Eなども含まれており、バランスの良い栄養価が魅力です。

また、卵は女性ホルモンの素になると言われており、食べることで女性ホルモンの分泌を促進させ、ホルモンバランスの乱れからくる肌トラブル改善を見込めます。

美肌に良い食べ物46 ビターチョコレート

旬:-
カロリー:578cal

チョコレートというと、ニキビを誘発する食べ物だと思われがちですが、チョコレートは実は美肌食材って知ってましたか?

チョコレートといってもミルクチョコなどの甘いものではなく、カカオ成分70%以上のビターチョコは適量食べる分には美肌効果の高い食材です。

チョコレートの原料であるカカオ豆n含まれる”カカオポリフェノール”は、活性酸素からお肌を守ってくれる効果があり、アンチエイジング・美肌効果があります。

また、チョコに含まれるカカオプロテインは、消化されずに腸に届き腸内の善玉菌の活動を活性化し、腸内環境の改善も期待できます。

美肌に良い食べ物47 玄米

旬:-
カロリー:349.9cal

玄米は、白米と比べ高い栄養価を誇ります。

白米は、玄米から糠や胚を除きできるものですが、その取り除いた糠や胚には食物繊維やビタミン・植物性のタンパク質が豊富に含まれています。

玄米オンリーで食べるのは少し厳しいので白米に混ぜて食べましょう。

ただし、玄米は消化には悪いのでよく噛んで頂くようにしましょうね!

美肌に良い食べ物48 こんにゃく

旬:11~1月
カロリー:6.9cal

カロリーが低いのでダイエット食として人気なこんにゃくは、意外と美肌食材でもあります。

こんにゃくの原料となるこんにゃく芋には、こんにゃくセラミドと呼ばれる”植物性グルコシルセラミド”という成分が含まれています。

セラミドの一種である”植物性グルコシルセラミド”は肌の潤いを保つ効果があることで知られています。

乾燥肌や、シワなどを予防する効果が期待できます。

尚、植物性グルコシルセラミドは生こんにゃくに多く含まれるので、旬の生こんにゃくを食べるようにしたいものです。

美肌に良い食べ物49 コーヒー

旬:-
コーヒー:4.1cal

コーヒーに含まれるカフェインはビタミンやミネラルを壊すとされており、肌に良くないという説もありますが、逆に肌に良いという説もあります。

カフェインには血管を拡張する効果があり、血流が良くなるために皮膚の代謝が促進されて美肌になると言われています。

また、利尿作用も高いので、デトックス効果も期待できます。

ただ、飲みすぎは良くないので飲んでも1日4杯までにしておきましょう。

美肌に良い食べ物50 水

最後に、美肌になれる食材ということで、食材でもないですがトリは”水”で占めたいと思います。

水を必要量(1日1.5~2L)飲むことで、代謝が上がりデトックスもされやすくなるので、様々な肌トラブルが改善に向かいます。

また、肌の乾燥も水分不足が関係しているといわれているので、乾燥肌などの改善も期待できます。

さらに、お茶やコーヒー等で、1日の水分を取る人の肌は黄色かったり、茶色く濁る傾向が強く、水で水分を補給している人の肌は濁りがなく透明感があるそうです。

とにかく、美肌が欲しければ水をしっかり飲みましょう!
人の身体は6~7割は水分でできてますからね!!

 

まとめ

いかがでしたか?

美肌効果のある食品・食材を50個あげてみました☆

色々ご紹介しましたが、今回ご紹介したような食品を意識して取り入れて、バランスの良い食生活を送りましょう。

美肌になるためのポイントは”色鮮やかな食事”です。

食品が持つ色には意味があり、色鮮やかで目で見てもおいしそうな食事は様々な栄養素がバランスよく含まれており、お肌にも良いのです。

毎日の食生活を規則正しくして内側からきれいを目指しましょう☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在、20代前半女子です。中学生の頃から肌荒れに悩まされ続け、自分で調べ実行し、日に日に肌は綺麗になっていきました。まだまだ自分が納得する完璧な肌には辿りついていませんが、「肌きれい」「どんな化粧品使ってるの」とよく言われるようにまでなりました。こんな私の知識や経験を少しでも沢山の方の役に立てればいいなと思い日々、美容情報を配信しています。